最新情報・レポート

ロッカーの鍵が開かない…自分でできる対処方法と業者の選び方

ロッカーの鍵が開かないときは、落ち着いて対処法を考える必要があります。適切ではない方法で鍵開けを試みると、状況が悪化して余計に手間や費用がかかってしまうこともあるためです。

今回の記事では自分でできる対処法や業者に依頼する解決方法、鍵のメンテナンス方法を解説していきます。記事を参考にして、鍵トラブルの解決に役立ててください。

ロッカーの鍵が開かない…まず試したい対処方法

ロッカーの鍵が開かないと本当に困りますよね。そのような状況を解消するには、まず原因を突き止める必要があります。原因に合った対処法をとることで、問題は解決できるでしょう。

鍵が開かなくなる原因

鍵が開かなくなる原因

鍵が開かなくなる理由として、鍵の故障や紛失などが考えられるでしょう。鍵の故障は、埃や砂が詰まっていることが原因となる場合があります。

とくに鍵の回りづらさを解消するため、鍵穴用の潤滑油でない油を鍵穴に使ったときは、埃や砂が詰まりやすくなってしまうため要注意です。また、鍵穴内部のパーツが擦り減ったりさび付いたりしてしまうことがあります。この劣化が原因でパーツが外れてしまい、鍵自体が機能しなくなることもあるのです。

対処法1:エアダスターでゴミを取り除く

鍵が開かない原因が砂や埃などであれば、鍵穴内につまったゴミを取り除けば開けることができるかもしれません。この場合、詰まりを解消するためにエアダスターを使います。

エアダスターとは、細いノズルから圧縮したガスを放出して、おもに細かいゴミを取り除くことに使用される便利グッズです。鍵穴にエアダスターのノズルを向けて、鍵穴にガスを放出してゴミを取り除きましょう。注意点として、エアダスターを使用される際は、ガスに引火する恐れがあるため、近くに火気がないことを確認してご使用ください。

対処法2:鉛筆を使って滑りをよくする

鉛筆の芯に使われている黒鉛には、潤滑性があります。これが金属部分に付着することで、鍵の開け閉めがスムーズになります。鉛筆を使う場合は、鍵の切り込み部分を鉛筆の芯でなぞり、何度か鍵穴に抜き差ししていきましょう。

試したあとは、鍵についた黒鉛はきれいに拭きとってください。また、芯に含まれる黒鉛の量によって効果は変わるので、2Bか、それ以上の濃い鉛筆を使うとよいとされています。これは、芯に含まれる黒鉛の量が濃い鉛筆になるほど多くなるためです。

対処法3:無理に開ける

ドアに隙間があれば、バールなどを差し込んで、テコの原理を利用しこじ開けるという方法もあります。

うまくいけば中身を取り出すことができるかもしれませんが、会社などの公共物であった場合は、勝手にロッカーを壊すことにもなりますのでおすすめできません。あくまで最終手段としたほうがよいでしょう。

どれを試してもだめだったら…

無理な方法で開けようとした結果、鍵や鍵穴自体が壊れてしまうことも十分考えられます。鍵を壊してしまう不安がある方、どうしても鍵を開ける必要がある方は、まずは業者に相談してみてはいかがでしょうか。業者であれば、適切な知識と方法で、鍵を開けることができるでしょう。

また、弊社であれば24時間365日お電話でのご相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。お客様に合った業者をご紹介いたします。

鍵開けをプロに頼みたい!選び方や費用あれこれ

自分で鍵開けをした場合、鍵や鍵穴を壊すなどのリスクもあります。鍵を自分で開けることは、非常に困難です。そこで、鍵開けをより確実におこなうためにも、プロに依頼することをおすすめします。業者であれば専門の知識と適切な方法で、鍵開けをおこなってくれるでしょう。

依頼の際は信頼できる業者選びが大切になります。以下の内容を参考に、適切な業者選びをしましょう。

業者は具体的に何をしてくれる?

業者は具体的に何をしてくれる?

どうしてもロッカーの鍵が開かない場合、業者に依頼すれば解決できる可能性があります。依頼をすれば業者が現地にきて、その場で開錠作業をおこなってくれます。作業時間には一般的に30分~1時間ほど要するようです。また鍵穴から合鍵をつくることもできます。

ただし、自分で無理に鍵をこじ開けようとして鍵穴がすでに壊れていれば、業者であっても開錠がむずしくなることがあります。その場合は、鍵穴のついている部品ごと壊して開けることもあるでしょう。

信頼できる業者の選び方とは?

業者選びにおいて、信頼できる業者であることは非常に大切です。信頼できる業者とは、依頼者のプライバシーを守ることはもちろんですが、錠前技師が在籍しているかどうかも重要です。

錠前技師とは、専門的に鍵開けの技術を学んだ、資格保有者のことを指します。錠前技師は、確かな知識と適切な方法で鍵のトラブルを解決してくれるのです。

もし錠前技師がいない業者に依頼してしまうと、業者は錠前技師を雇っている下請けの会社に依頼することになるので、仲介の手数料が発生してしまいます。結果として、余計な費用をとられてしまうことになるので、事前に確認が大切です。

また業者を選ぶ際の注意点として、「鍵が開かなければ無料」とうたっている業者には気をつける必要があります。業者はよほどセキュリティーの高い鍵でない限り、開けることができます。しかしセキュリティーの高さからどうしても開けられないようなものは、鍵を破壊し開けることになるでしょう。そういった場合は鍵自体の交換となって、結局費用がかかってしまうため、注意が必要です。

信頼できる業者を選ぶためには、事前にホームページや電話で確認をきちんとおこなうことが大切です。ホームページには、施工費用や時間帯での料金の違いなどが調べられます。その際に、疑問に感じたことは電話できちんと確認することをおすすめします。

業者に依頼したときの費用はどれくらい?

業者に鍵開けを依頼した場合、一般的な相場として、開錠のみであれば5,000円~1万円程度となることが多いようです。また合い鍵の作成であれば、500円~1,000円程度かかります。ただし複雑な構造の鍵であれば費用はあがって、2,000円~5,000円程度となることもあるようです。

鍵の表面にいくつかのくぼみがある形状をした、ディンプルキーなどがこれに当たります。通常の鍵の両端がギザギザした鍵タイプよりも防犯性の高い鍵となり、合い鍵の作成に手間がかかるため、通常よりも費用がかかるのです。

ほかにも鍵穴の途中で鍵が折れ、残った部品を取り出す場合があります。この場合8,000円以上の費用となることが多く、中に詰まった鍵の種類によって値段が1万円程度かかることもあるため、注意が必要です。

鍵のお困りごとなら【カギ110番】へ!

「鍵が開かなくてどうしていいのかわからない」などの鍵のお困りごとは、カギ110番へご相談ください。まずはご相談をお聞きして、弊社加盟店より業者を紹介し、現地でお見積りさせて頂きます。また作業開始前であればキャンセルも可能なので、お気軽にご相談ください。作業には鍵開けのプロがあたり、スピーディーな問題解決を目指します。

鍵トラブルを防ぐためにできること

「鍵穴の調子が悪くロッカーの鍵が開かない」「鍵を失くしてしまい開けることができない」など、鍵トラブルにはさまざまなものがあります。では、この二つのトラブルを未然に防ぐにはどんな方法があるのでしょうか。こちらでは鍵を失くさない工夫や、鍵穴の普段からできるメンテナンス方法などをご紹介いたします。

鍵をなくさないためには

鍵をなくさないためには

鍵にまつわるトラブルとして、鍵自体の紛失のケースも存在します。鍵を無くす原因として多くあげられるのは、保管場所を決めていないことです。そのため紛失を防ぐためにもっとも重要なのは、鍵の保管場所の徹底だといえるでしょう。

壁にフックをつけるなどして、鍵の保管場所を目につきやすくする方法がおすすめです。壁にかかった鍵は視線に入りやすいため、ほかの物と鍵が混ざることも減り、紛失のリスクは大きく下がるでしょう。

ほかにも外出先であれば、紛失防止用のタグの利用もおすすめします。鍵に取り付けたタグとスマートフォンが連動するため、鍵と紛失タグの距離が離れれば、音を出したりスマートフォンに通知をおこなったりするのです。

それでも不安な方は、電子キーの利用を考えてみてはいかがでしょうか。電子キーの種類によっては、カードキーの使用もなく、決められた番号や本人の指紋で鍵を開けることができるのです。鍵自体を必要としないので、紛失のトラブルが発生することを防ぐことができます。

鍵の故障を防ぐためには

鍵穴が詰まってしまい、鍵が開かなくなることがあります。これは応急処置だけで根本的な解決できるものではなく、日ごろのメンテナンスが大切です。

たとえば、雨などによって濡れた鍵をそのまま使用すると、水分が鍵穴に溜まってしまうことがあります。これを繰り返してしまうと、鍵穴内の埃が固まってしまい、結果的に故障を引き起こすことがあるのです。

これらを防ぐためには、鍵穴内の埃を掃除機で吸い取ったり、鍵に水分をつけないように心がけたりするとよいでしょう。

鍵の不調を感じたら、開かなくなる前に対処を

メンテナンスをおこなっていても、鍵の不調が生じることがあります。鍵が折れてしまうことや鍵が回らないことなどのトラブルは、突然起こってしまうのです。

そのため、鍵が刺さりにくかったり回しにくかったりする不調が見られれば、早めに業者へ相談することが大切です。早期に相談しておくことでトラブルを未然に防ぎ、鍵が開かなくて慌てることもなくなるでしょう。

また業者であれば、鍵の状態をみてメンテナンスや故障のおそれがあると、鍵の受け口となるシリンダーの交換も事前におこなってくれます。 自分で無理して鍵を壊すなど、最悪の事態を避けるためにも一度ご相談してみてはいかがでしょうか。弊社であれば24時間365日電話でのご相談を受け付けております。お客様に合った適切な業者をご紹介いたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<