最新情報・レポート

マスターキーを紛失した際の対処!3つのケースに分けてご紹介

「マスターキーを紛失してしまった!」そんなとき、どう対応をしたらよいのかわからないと不安ですよね。マスターキーとは扱う場所によって意味合いが異なります。

住宅や会社のマスターキーの紛失となると、防犯面を考慮してほとんどの場合で交換を余儀なくされますが、交換にかかる費用を誰が負担するのか、という点も気になるところでしょう。

この記事では、“賃貸住宅のマスターキーを紛失した場合”“会社のマスターキーを紛失した場合”“車のマスターキーを紛失した場合”の3つのケースごとに解説をしていきます。状況に応じて確認してみてください。

賃貸住宅のマスターキーを紛失したときは

賃貸住宅の場合、マスターキーとは入居するときに受け渡されるオリジナルの鍵のことを指します。賃貸住宅のマスターキーを紛失してしまったとなると、どういった対処をしたらよいのでしょうか。賃貸住宅のマスターキーを紛失した際にかかる費用についてもご紹介していきます。

マスターキーを紛失した場合の対処

マスターキーを紛失した場合の対処

マスターキーを紛失したときは、以下の点を確認しましょう。

  • 自分の行動を振り返って再度探してみる
  • 警察へ遺失届を提出する
  • 大家さんや管理会社に連絡する
  • 連絡がつかなかったら自分で業者に連絡して開けてもらう

マスターキーを紛失してしまったときは、まず思い当たる節がないかよく考えてみましょう。それでも見つからなかった場合には、警察へ遺失届を提出しましょう。どこかに落としてしまった場合、誰かが拾って届けてくれている可能性もあります。また、賃貸住宅ともなると自分だけの問題ではないので、大家さんや管理会社に連絡を入れる必要があるのです。

連絡すると、合鍵を持ってきてくれたり、委託している業者を呼んでくれたりするかもしれません。大家さんや管理会社と連絡が取れず、家に入ることができない場合は業者に依頼して解錠してもらうという手段もあります。

マスターキーの紛失時にかかった費用は誰が負担する?

賃貸住宅のマスターキーを自分で紛失してしまった場合には、基本的に自分で費用を負担することになるようです。しかし、賃貸住宅によっては火災保険が適用される可能性も考えられます。いずれにせよ大家さんや管理会社に連絡を入れ、確認するようにしましょう。

マスターキーの鍵紛失時にかかる費用とは

マスターキーを紛失した場合は、基本的には防犯面などを配慮し、鍵交換が必要となります。鍵交換に必要な費用相場はおよそ10,000~25,000円です。鍵交換にかかる費用に関しては、依頼する業者ごとに異なるだけでなく、鍵の種類によっても変わってきますので、業者のホームページなどで確認しておきましょう。

会社でマスターキーを紛失したときは

会社で扱うマスターキーは、複数の鍵を開けることができます。さまざまな情報を保管している会社にとって、マスターキーはとても大切なものです。もし紛失してしまったとなると、大きな不安を覚えますよね。ここからは会社のマスターキーを紛失した際のとるべき対処法をご紹介します。

会社でマスターキーを紛失してしまったら

会社でマスターキーを紛失してしまったら

会社のマスターキーを失くしてしまったときは、まず会社や上司に連絡をしましょう。警察に遺失届を出せば、誰かが鍵を拾い届けてくれたときに連絡がきます。ただし、会社にとって大切なマスターキーを紛失したともなると、処分を下されることもあるかもしれません。

マスターキーを紛失したら弁償費用が高くなるかも…

会社のマスターキーはさまざまな場所で使用できるため、その分交換しなければならない箇所が多いです。そうなると鍵交換にかかる費用も高額になるため、労働局などの頼れる機関に相談することをおすすめします。

もし管理者がマスターキーを紛失したら

鍵の管理者がマスターキーを紛失してしまった場合は、経営者に相談をしましょう。場合によっては自身で鍵交換を依頼することもあるでしょう。

鍵交換を依頼する業者選びは弊社にお任せください。事情によって、条件に合った加盟店を手配することが可能です。相談料は一切いただきません。現地調査やお見積りに関しても無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

車のマスターキーを紛失したときは

車の鍵にはマスターキーのほかにサブキーというものもあります。サブキーは、防犯面から一部機能を制限された鍵です。一方マスターキーは、すべての機能を利用することができるのです。ここからは、車のマスターキーを紛失した際の対処法をご説明していきます。

車のマスターキーを紛失した場合の対処

車のマスターキーを紛失した場合の対処

車のマスターキーを失くしてしまった場合は、ディーラーか鍵屋のどちらかに依頼するようにしましょう。ディーラーと鍵屋の違いについてご説明いたします。

〇ディーラー
ディーラーに依頼すると、その車の純正の鍵を再び手に入れることが可能です。どんな特殊な鍵にも対応してもらえるという利点もあります。しかし、鍵を取り寄せることになるので、手元に鍵が届くまでに時間がかかってしまいます。

〇鍵屋
鍵屋に依頼すれば、鍵を紛失してしまったという緊急時にもすぐに鍵を作成してもらえます。純正の鍵にこだわらないという方は、早く入手できる鍵屋に依頼するとよいかもしれません。

車のマスターキーをつくるのにかかる費用と時間

ここでは、ディーラーと鍵屋のそれぞれにマスターキーの作成を依頼した際にかかる費用と時間についてご紹介していきます。

〇費用

・ディーラー
車種によって異なりますが、だいたい3,000円程度となります。ただし、特殊な加工をされた鍵となると、数万円にも及ぶことがありますのでディーラーに直接確認しましょう。

・鍵屋
10,000円程度が相場となります。特殊な加工がされている鍵に関しては、作成をすることができないという場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。

〇時間

・ディーラー
基本的には取り寄せることになるので、鍵が手元に届くまでに数日はかかってしまうでしょう。

・鍵屋
鍵屋によって異なりますが、早い場合では数十分で作成してもらうことが可能です。

車のマスターキーを失くしたときのためにできること

「マスターキーを失くしてしまって、急いでいるのに車が使えない!」と焦ることもあるでしょう。万が一、車のマスターキーを失くしてしまっても困らないように、スペアキーを作成しておくとよいでしょう。スペアキーの作成も、ディーラーや鍵屋に依頼すれば作成してもらうことが可能です。

賃貸住宅や会社、車のマスターキーを紛失してしまったとなると、費用の負担や鍵の作成までにかかる時間など、さまざまな不安が頭をよぎるでしょう。そのようなときには“カギ110番”をご利用ください。全国の多くの鍵業者と提携しているため、マスターキーを紛失してしまったとき、迅速に解決いたします。

コールセンターへのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、お困りのときはいつでもご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<