最新情報・レポート

鍵を暗証番号式に交換したい!メリット・デメリットは?費用相場も

暗証番号式の鍵に変更をしたら、鍵を持ち歩く必要がなくなります。そのため、鍵を失くすトラブルを未然に防ぐことができるのです。

さらに、鍵を暗証番号式のものに変えることで得られるメリットは、高いセキュリティ性などほかにもあります。そのため、鍵を暗証番号式に変えたいと考える方は少なくありません。

しかし、暗証番号式のものに交換をおこなう前に、暗証番号式の鍵にはデメリットもあるということを知っておく必要があります。暗証番号式の鍵は、暗証番号を忘れたら解錠することができません。

さらに、電気によって作動することから、停電などの不測の事態が起きてしまったときには、解錠も施錠もできなくなってしまいます。

このように、暗証番号式の鍵には、さまざまなメリットやデメリットがあるのです。この記事では、交換の際に知っておきたい暗証番号式の鍵の特徴や、メリット・デメリットをみていきます。交換を検討していらっしゃる方は、ぜひ参考にしてください。

【鍵の種類】暗証番号式とは?

暗証番号式の鍵はキーレス錠のひとつです。暗証番号を入力することで解錠することができます。そのため、鍵を失くす心配がありません。

キーレス錠は暗証番号式以外にもさまざまな種類があります。暗証番号式の鍵とはどういうものか、ほかのキーレス錠と一緒に詳しくみていきましょう。

キーレス錠のひとつ

キーレス錠のひとつ

暗証番号式の鍵はキーレス錠のひとつです。通常、鍵穴に鍵をさしたり、つまみを回したりして解錠・施錠をします。その鍵穴にさしたり、回したりせずに解錠・施錠できる鍵のことをキーレス錠といいます。

キーレス錠には暗証番号式の鍵のほかに、生体認証式やリモコン式、ICカード式などの種類があります。キーレス錠のほとんどは、自動で施錠されるため従来のようにいちいち鍵を使って施錠する必要がありません。

暗証番号式のキーレス錠は機械式と電子式があり、4~10桁ほどの暗証番号を設定して使用します。暗証番号を何度も変更できるものが多く、テンキーの配列が使うたびにランダムに変わるタイプのものなど種類はさまざまです。そのため、防犯性が高いとされています。

生体認証式は指紋や声、血管、顔などの生態情報を登録し、認識されることで解錠することができる鍵です。セキュリティ性は極めて高いですが、一般家庭で使うことはあまりありません。なぜなら、費用が非常に高額のため、極めて高いセキュリティが必要な場所に使われることが大半だからです。

リモコン式はリモコンで操作できる鍵のことです。車の開錠・施錠によく使われています。リモコン式は、リモコンキーを持ち歩く必要があるため、失くす恐れがあるので注意が必要です。

ICカード式はカードで鍵を開錠するタイプになります。ホテルで使われていることが多いです。カードタイプは持ち歩く必要があるほか、磁気が狂わないように注意する必要があります。

暗証番号式を使う最適な場所

暗証番号式の鍵はオフィスの入り口や事務所など企業で利用されていることが多いです。鍵を持たなくてよいことから、大人数が使う場所でセキュリティを高めたい場合に適しています。

また、企業以外で暗証番号式を使う最適な場所は「マンションの共同場所」「自宅の玄関」があります。マンションの共同場所では、駐輪場やゴミ捨て場などが適しているでしょう。一人一人に鍵を配布せずにセキュリティを高めることができるからです。

利便性や防犯性の面から考えて、自宅の玄関に利用することもおすすめです。家の中に鍵を忘れてしまい、締め出される心配もありません。

暗証番号式の鍵のメリット・デメリット

暗証番号式の鍵に変更することで感じられるメリット・デメリットについて、ここからはご紹介していきます。暗証番号式の鍵にしようかお悩みの方は、メリット・デメリットを参考に検討してみてください。

それでは、暗証番号式の鍵のメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット

メリット

暗証番号式の鍵にすることで得られるメリットは以下のとおりです。

・物体としての鍵を持たなくて済む
鍵を持ち歩く必要がないため、紛失する心配がありません。合鍵を作る必要がなく、利用人数が増えても暗証番号を共有するだけで済んでしまいます。

・セキュリティが高い
暗証番号の入力ミスを複数回おこなってしまうと自動的にロックされるものであれば、1から順に数字を入力していくことで解錠されるという心配がありません。また、定期的に暗証番号を変更することができるため、高いセキュリティを保つことができます。

利用人数が多いオフィスやマンション、鍵をよく失くしてしまう方やセキュリティを高めたい方に向いているでしょう。

デメリット

暗証番号式の鍵にする前に知っておきたいデメリットは、以下のとおりです。

・暗証番号を忘れたら解錠できない
暗証番号が鍵になるため、暗証番号を忘れてしまったら解錠できません。セキュリティを
高めようと長い番号に設定した結果、暗証番号を忘れてしまって中に入れないということも、実際によく起きていることです。

・暗証番号を第三者に知られてしまうことがある
入力しているところや番号を記したメモを無関係の人に見られることで、暗証番号が第三者に知られてしまうことがあります。そのため、定期的に暗証番号を変更が必要です。

・停電や電池切れになると使えなくなる
電気で動いているものであれば、停電が起きると解錠することできなくなります。また、電池式で動くものであれば、電池が切れると使用できません。電池を買いに行く手間がかかります。

物理的な鍵を持ち歩く必要がなく、セキュリティが高いのが暗証番号式の鍵です。しかし、高いセキュリティを保つためには、暗証番号が第三者に知られないように配慮する必要があります。

また、自分自身が暗証番号を忘れてしまったら大変です。急な停電や電池切れになると使用できなくなることも考慮しておきましょう。

暗証番号式の鍵に交換すると費用はいくらかかる?

セキュリティが高く、鍵を持ち歩く必要がない暗証番号式の鍵。そのため、「交換して安全性を高めようかな……」と考えていらっしゃる方もいることでしょう。

そういった方のために、ここからは暗証番号式に交換する場合、いくらぐらいの費用がかかるのかご紹介していきます。ほかにも、交換するときのポイントについても触れていくので、交換をご検討していらっしゃる方は、ぜひご一読ください。

交換のときに確認するポイント

交換のときに確認するポイント

鍵を交換するときに確認しておきたいポイントは4つあります。4つのポイントを事前に確認しておくことで、スムーズに鍵を選ぶことができます。

では、順に確認するポイントをみていきましょう。

  1. 使用目的:家庭用やオフィス用、集合住宅用など、どういう目的で使うのか
  2. 鍵の種類:機械式や電子式など、さまざまな種類のなかでどれにするのか
  3. 価格:どれくらいの価格の商品がよいか、どれくらいの費用で済ませたいのか
  4. 設置スペース:設置場所のスペースの確認、扉の厚み、鍵穴サイズの範囲、ドアの端から鍵までの距離はどれほどなのか

上記のポイントを確認することで、商品選びの失敗を防ぐことができます。間違った商品を購入してしまうと、設置できない場合がありますので、ひとつひとつ必ず確認しておきましょう。商品の詳細は商品情報のページで確認することができます。

自分で交換はできる?

暗証番号式の設置方法は、購入した商品に同梱されている説明書をみれば、自分で交換することができます。詳しい設置の方法はそれぞれの説明書でご確認ください。

ここではおおまかな設置の方法をご紹介します。

【交換するときに必要な道具】

  • 電動ドリルドライバー:穴あけとねじ締めに必要
  • ホールソー:ドリルドライバーにセットして使用。きれいな丸い穴あけをするときに必要
  • ペン:取り付ける位置の印をつけるときに必要

≪交換の流れ≫

  1. 取り付ける位置を決める
  2. ペンで印をつけてホールソーをセットした電動ドリルドライバーで穴をあける
  3. 穴から電気コードなどを通す
  4. 本体を設置する

鍵を設置するときに扉に穴をあける必要があります。もとから穴が空いている場合でも、交換したい鍵によっては穴を大きくする必要があるでしょう。扉に穴をあけるときは安全に注意しながら作業をしましょう。

自分で鍵を設置することが難しい場合は、鍵交換や取り付けの専門業者へ依頼することをおすすめします。

鍵交換の費用相場

扉が厚くて穴をあけられない、鍵の交換の仕方がわからないという方は業者に依頼しましょう。キーレスタイプの鍵交換を業者に依頼した場合にかかる費用は20,000~100,000円前後が相場です。

どこのメーカーの製品か、鍵の種類などによって交換の費用相場に差があります。そのため、どの鍵を選ぶかによってかかる費用が変わってくるのです。

自分で鍵の交換をおこなえば安く済ませることができます。しかし、鍵選びや取り付けをすべて自分でおこなうことになるため、失敗してしまうこともあるでしょう。

業者に鍵交換を依頼すれば、失敗することなく短時間で鍵交換をすることができます。鍵選びから相談に乗ってくれる業者もありますので安心して交換できるでしょう。

自分で鍵交換をすることに不安がある方や、キレイな仕上がりにしたいという方は、弊社「カギ110番」にご連絡ください。弊社にご相談いただければ、全国どこでも鍵専門のプロをご紹介いたします。

鍵のトラブルの解決から鍵の交換まで幅広く対応いたしております。どのような鍵にしようかお悩みの方も、まずはお電話でのご相談から対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。

まとめ

暗証番号式の鍵は、鍵を使わずに解錠・施錠ができるキーレス錠のひとつです。とくに暗証番号式の鍵は、物体としての鍵を持ち歩く必要がありません。

そのため、鍵の紛失を予防したり、合鍵を作ったりする必要がありません。また、セキュリティ性にも優れていることから、オフィスや集合住宅、一般家庭にも使われています。

しかし、暗証番号を忘れてしまったり、停電や電池切れが起きてしまったりすると解錠・施錠することができなくなってしまいます。また、知らぬ間に第三者に暗証番号が知れ渡るおそれもありますので、定期的に暗証番号の変更が必要です。

用途やセキュリティ面を考えて、暗証番号式の鍵に変更するかどうか考えてみるとよいでしょう。鍵を交換するとなれば、自分でおこなう方法と業者に依頼する方法があります。

安さを考えるなら自分でおこない、失敗したくない方や仕上がりを気にされる方は業者を選ぶとよいです。鍵選びからお悩みの方は、業者へ相談してみるのもおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<