最新情報・レポート

鍵が曲がった!修理や交換にかかる費用・放置するリスクについて

鍵が曲がった!修理や交換にかかる費用・放置するリスクについて

「解錠や施錠がしづらくなった」「鍵を挿しても回らない」といった場合、原因の一つとして鍵が曲がっていることが考えられます。鍵が曲がっている状態で無理やり開けようとすると、ドア錠が壊れてしまう原因になることもあるので、適切な対処を心掛ける必要があるのです。

そこで今回は、ドアが開かないときにどうしたらいいのかといった対処法と、鍵が曲がってしまう原因や注意点についてご紹介していきます。

鍵が曲がった!まずはどうすればいい?

鍵が曲がってしまっている場合、曲がった鍵で無理にドアを開けたり閉めたりしようとすると、ドア錠が故障してしまう原因になることがあります。そこでここでは、鍵が曲がったときの正しい対処法についてご説明いたします。

緊急性が高い場合

緊急性が高い場合

仕事から帰ってきて早く休みたいというときに、家の鍵が開かないというトラブルに見舞われると精神的にもつらいですよね。できるだけ早くドアの鍵を開けて中に入りたい場合には、鍵業者を呼んで開けてもらうことがおすすめです。

自分で無理に曲がった鍵でドアを開け閉めしようとすると、鍵穴内部を傷つけてしまうことがあります。こうなると、最終的に業者を呼んでも、最初よりも鍵穴内の状態が悪化しているので解錠に時間がかかり、さらには費用も高額になってしまうことがあります。

しかし、いざ鍵業者を呼ぼうとしてもどの業者を呼んだら良いかわからないといった方も少なくないと思います。鍵業者を選ぶ際のポイントとしては「必要な料金をしっかり明示してくれるか・キャンセル料金が発生しないか・後日不調があっても相談に乗ってくれるか」などがあります。これらを意識して、迅速に解決してくれる優良な業者に依頼するようにしましょう。

また鍵業者にドアを開けてもらう際には、原則として顔写真と住所が確認できる身分証明書が必要となってきます。万が一のことを考えて、こうした身分証は持ち歩いていると便利でしょう。

緊急性が低い場合

緊急性が低い場合は、大きく分けて2つの対処法が考えられます。1つは、鍵穴から新しい鍵を作るというものです。シンプルな鍵であれば比較的費用を抑えながら新たに鍵を作ることができるでしょう。

もう1つは、ドア錠ごと鍵を交換するといったものです。鍵穴が複雑な構造を取っている場合、鍵を新たに作るという1つ目の方法は費用が高額になってしまうことがあるため、鍵を丸ごと交換したほうが費用が安くなることがあるのです。ご自宅の鍵の状況に合わせて、鍵を新たに作るか、交換するかを選択するようにしましょう。

鍵業者に鍵の作成・鍵開けを依頼するといくらかかる?

鍵の作成や鍵開けにかかる費用の相場は、約5,000~15,000円となっています。ただし業者や時間帯、鍵の種類によってかかる費用は大きく変わってくることがあります。業者を選ぶ際には、いくつかの会社に見積りをとってもらってから判断するようにしましょう。

鍵が曲がる原因と放置するリスク

「鍵が曲がっていたり、歪んでいたりしても、まだそのまま使えるから大丈夫!」といって放置していると、大変な事態につながってくることがあります。そこでここでは、鍵が曲がってしまう理由や鍵を曲がったまま使い続けることのリスクについてご紹介いたします。

再発防止のために……鍵が曲がった原因を分析

再発防止のために……鍵が曲がった原因を分析

鍵が曲がる原因としてよく挙げられるのが、鍵自体の老朽化による変形や、欠損です。またこれら以外にも、鍵をまとめて管理することで鍵同士がぶつかって、その傷から曲がるといったケースもあるそうです。

鍵が曲がってしまっていたら原因をしっかり把握して、鍵を一つずつ保管するといった再発防止の対策をおこないましょう。

絶対にしてはいけないこと

鍵の修理を自分でおこなうことは非常に難しい作業です。そのため鍵が歪んでいたり折れたりしている場合には、無理して自分で直そうとせず、業者へ依頼をしましょう。

中には、鍵の曲がりや折れを、市販の接着剤やペンチなどで無理やりに修理しようと試みる人もいるかもしれません。そういった場合、一見元通りになったように見えても、微妙な歪みなどが生じている場合が多いのです。このまま使用すると、突然鍵穴の中で鍵が折れて抜けなくなってしまうおそれがあるため、控えましょう。

異変を放置するリスク

曲がっている鍵をそのまま放置して使用を続けてしまうと、ドア錠に負荷がかかり続けていきます。歪んだ鍵を無理に鍵穴に入れてしまうと、鍵穴の中のシリンダーを傷つけてしまうでしょう。そのまま歪んだ鍵を使い続けることで、だんだんとドア錠にかかる負荷が蓄積し、鍵自体が故障してしまうといったトラブルが起こるかもしれません。

このようにドア錠が故障してしまいますと、丸ごと新たな鍵と交換する必要が出てきます。そのため、合鍵を作るよりもずっと高額な費用が必要になってくることもあるのです。こうした事態を防ぐためにも、鍵の歪みやなどの異変を感じたら、すぐに業者にみてもらうことがおすすめです。

鍵を刺したまま抜けなくなったら?

鍵が抜けなくなってしまった場合には、対処法があります。その一例として、鍵の持ち手を軽く叩くことで振動を加える方法が挙げられます。こうすることで、鍵が抜けることがあります。

しかし、鍵自体が曲がっている場合は抜ける可能性は低いです。無理やりに抜こうとすると、鍵の折れやドア錠自体が壊れてしまうことも十分に考えられます。また、潤滑油を使用して抜くという方法もありますが、あまりおすすめできません。

市販の潤滑油の場合、鍵穴を劣化させてしまう成分や鍵穴内のごみを固めてしまう成分が含まれていることがあるのです。かえって鍵穴内の状況を悪化させてしまう原因となってしまいますので、使用には注意が必要でしょう。

鍵が挿さったまま簡単には抜けそうにない場合は、無理に抜こうとせずに、早めに業者に連絡して抜いてもらうようにしましょう。プロに依頼すれば、鍵を抜くためにドア錠を壊してしまう心配もありません。弊社にご連絡いただければ、提携する全国の優良業者の中からお客様の希望に合った業者をすぐに派遣いたします。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

まとめ

鍵が抜けない、または曲がってしまった場合は、無理に自分で対処しようとすると状況が悪化してしまうことがあります。鍵の使用に関して違和感を感じたら、鍵の歪みを疑って早いうちに業者に相談するようにしましょう。はじめから業者へ依頼をしたほうが、対処する時間もお金も少なく済むかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<