最新情報・レポート

オートロックの鍵交換をするのは失くしたとき?費用の負担や危険性

オートロックの鍵交換をするのは失くしたとき?費用の負担や危険性

大事な用事を控えているときなどにオートロックの家の鍵を失くしてしまうと誰でも焦ってしまいますよね。しかし、焦っているだけでは問題を解決することはできません。そのため、一度落ち着いてまずやるべきことを整理することが大切です。この記事では、オートロックの鍵を失くしたときに、まずやるべきことについてご紹介します。

そのほか、オートロックの鍵を失くしたときに起こりうる危険や交換するときにかかる費用、日数などの情報もまとめてあります。ぜひ、参考にしてみてください。

オートロックの鍵を失くした!まずやるべきこと

オートロック機能というのは、鍵の閉め忘れを防止してくれる便利な機能ですが、うっかり家の中に鍵を忘れてしまったり、どこかで鍵を失くしてしまったりした場合は家に入れなくなるおそれもあります。このように家の中に入れなくなってしまうと誰でも焦ってしまいますよね。

ここでは、オートロックの鍵を失くしてしまったときに、まずどのような行動をとればよいのかをご説明していきます。

1.警察に連絡

マンションなどのオートロックの鍵はエントランスなどの共用スペースに対応している場合があります。このようなマンションにお住まいの方は、鍵が第三者の手に渡ったときのことを考え、何よりも先にまずは警察に鍵を失くしたことを報告しておきましょう。

2.鍵をもう一度探す

警察に報告が済んだら、次はもう一度カバンやポケットの中をくまなく探してみましょう。失くしたと思っていた鍵が、じつはカバンやポケットの奥深くで発見されるということも珍しくはありません。

自分の身の周りを何度探しても鍵が見つからない場合は、その日立ち寄った場所や通った道を辿って鍵を探すようにしましょう。落とした鍵が近くの交番に届けられている可能性もあるので、交番に連絡しておくことも大切です。

3.大家さんにマスターキーを借りる

「自分が立ち寄った場所を探しても鍵が見つからない」、または「探しに行く時間がない」という場合は、大家さんにマスターキーを借りましょう。マスターキーを使えば、とりあえずその日は家に入ることができます。後日改めて鍵を探すようにしましょう。

マンションなどのオートロックの鍵を失くした場合は、防犯の関係上全室のオートロックを取り換える必要があるかもしれません。万が一マンションなどのオートロックの鍵を失くしたときは、必ず大家さんや物件管理者に報告するようにしましょう。

4.鍵開け業者に相談

マスターキーを借りようにも大家さんが留守、あるいは連絡がつかないという場合があるかもしれません。そんなときは業者に解錠を依頼してみるのも一つの手です。しかし、鍵の解錠には大家さんや物件管理者の許可が必要な場合もあります。

マイホームの鍵を失くしたときはすぐに解錠を依頼しても問題はありませんが、賃貸物件に住んでいる場合、必ず大家さんや物件管理者に許可を取ってから業者に鍵開けを依頼するようにしましょう。

オートロックの鍵紛失に潜む危険性

オートロックの鍵紛失に潜む危険性

集合住宅のオートロックの鍵は自室だけでなく、エントランスなどにも適応されていることがあります。もし、このようなオートロックの鍵を失くしてしまった場合、集合住宅に住んでいるほかの住民にまで、迷惑が及ぶおそれがあるのです。

このように、オートロックの鍵紛失には、さまざまな危険性が潜んでいます。そこで、次にオートロックの鍵紛失に潜む危険性について、いくつかご紹介いたします。

不審者が侵入する恐れがある

マンションのオートロックの鍵を失くしてしまい、それが第三者の手に渡ってしまったらどうなるでしょうか?先ほどもご紹介した通り、マンションのオートロックの鍵はエントランスにも適応していることがあります。

もし、失くした鍵にマンションの名前が書かれていた場合は大変です。鍵を拾った人物がマンションに侵入するおそれがあります。マンションに不審者が侵入するようになってしまえば、空き巣なども考えられるため、自分だけでなく住民全員に危険が及んでしまうのです。

全室の鍵交換が必要な場合も!

第三者がオートロックの鍵を拾った場合、悪用されてしまう危険性があります。そのため、住民の安全を確保するために、全室鍵の交換をしなければいけなくなることも珍しくはありません。

マンション全室の鍵を交換するとなると多大な費用が発生するので、鍵の管理には十分に気を付けるようにしましょう。

オートロックの鍵交換にかかる費用は誰が負担?

集合住宅のオートロックの鍵を紛失してしまうと、他の住民に危険を及ぼすだけでなく、多大な鍵の交換費用が発生するおそれがあります。ここで気になることは、その鍵の交換費用はいったい誰が負担するのかということです。

ここでは、集合住宅でオートロックの鍵を失くしてしまったとき、誰が費用を負担するのか、鍵の交換にかかる費用についてご説明していきます。

賃貸契約書によって異なる

鍵を紛失してしまったときの鍵交換の費用は、多くの場合、失くしてしまった本人が負担します。しかし、場合によっては物件の管理者または管理会社が負担してくれることもあります。詳しくは賃貸契約書に記載されているはずですので、一度確認しておくことをおすすめします。

オートロックの鍵交換にかかる費用

賃貸物件のオートロックの鍵を交換する際は、鍵だけでなく防犯の問題上、シリンダーごと取り換えることがほとんどです。鍵の種類や業者によっても異なりますが、だいたい一か所のオートロックの鍵とシリンダーを交換するのに15,000円ほどの費用がかかります。

鍵の交換が個人負担の場合、全室分の費用を負担しなければいけないので、相当な額を負担しなければいけません。うっかり鍵を失くしてしまうだけでこのような事態になってしまうこともあるので、しっかりと鍵を管理するようにしましょう。

原因によっては負担が軽減する場合も!

鍵を紛失してしまった場合の鍵交換の費用は、紛失した本人が負担することが多いとご説明しましたが、原因によっては誰が鍵の交換費用を負担するのか変わってきます。

エントランスなどの鍵は複数の人が使用するため故障した場合は原因が特定できません。このようなところのオートロックの鍵が故障してしまった場合は、大家さんや物件管理会社が鍵の交換費用を負担してくれることが多いでしょう。

自分の部屋のオートロックが故障してしまった場合でも、原因が不明である場合はしっかりと大家さんや、物件管理会社と相談するようにしましょう。もしかすると大家さんや物件管理会社が交換の費用を負担してくれるかもしれません。

オートロックの鍵交換・修理は業者に依頼をしよう!

オートロックの鍵交換・修理は業者に依頼をしよう!

オートロックの鍵は内部に電子機器が設置されているので、すぐに業者に交換、修理を依頼することをおすすめします。自分でどうにかしようとして、状態を悪化させてしまっては元も子もありません。ここからは、業者に鍵の交換を依頼するときの流れと交換にかかる日数などについてご紹介していきます。

鍵を交換するときの流れ

まずは、業者に交換する鍵の種類を確認してもらいましょう。次にオートロックと連動したシリンダーの確認を取り、業者が鍵の製造会社にシリンダーの発注をおこないます。業者のもとにシリンダーが届いたら、業者が部屋のシリンダーの交換に取りかかります。

賃貸物件に住んでいる方は、鍵の種類を業者に確認してもらうときと部屋のシリンダーを交換するときは立ち合いが必要です。

鍵交換にどれくらい日数がかかるの?

鍵交換にかかる日数は業者やメーカーによって異なりますが、早くて2週間~3週間程度となっています。遅くなった場合、1ヶ月ほどかかってしまうこともあります。詳細な日数が知りたいという場合は、直接業者に聞くのが確実な方法でしょう。

業者選びのポイント!

オートロックの鍵を交換、修理するときは誰でも信頼のできる業者に依頼したいと思うことでしょう。依頼した後に思わぬ額を請求されたり、修理や交換をした後にすぐに鍵が故障してしまったり、とこんな事態は避けたいものです。ここでは業者を選ぶ際のポイントを2つご紹介していきます。

【1.相見積りを取る】
一つの業者だけでなく、複数の業者から相見積りを取ることで、費用やサービス内容を比較して、信頼できる業者を見つけることができます。また、自分の希望に合った業者も見つけやすくなるので、おすすめです。

【2.口コミなどを参考にする】
地域で業者の検索をかけ、口コミサイトで評判のよい業者を選ぶと安心してサービスを受けることができます。また、業者がホームページをもっている場合はそこに実績や費用、サービス内容も掲載されているはずなので、参考にしてみるとよいでしょう。

まとめ

マンションなどのオートロックの鍵を失くしてしまったときは、防犯の問題もあるのでまずは警察に連絡し、それから鍵を探すようにしましょう。どうしても鍵が見つからないときは大家さんからマスターキーを借りると家に入ることは可能です。

どこを探しても鍵が見つからないときは、鍵を交換する必要があります。マンションなどでは防犯上、一か所でも鍵を失くしてしまうと、全室鍵交換をするケースも珍しくはありません。そのときの費用は失くした本人が負担することがほとんどなので、鍵の管理はしっかりとするようにしましょう。

また、オートロックの鍵の交換や修理のことは業者に相談することをおすすめします。信頼のできる業者は相見積もりを取ったり、口コミを利用したりすると見つけることができます。しっかりと検討したうえで、自分にとって最適な業者に依頼するようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<