最新情報・レポート

自転車の鍵を交換方法を詳しくご紹介!業者に依頼する場合なども解説

自転車の鍵を交換方法を詳しくご紹介!業者に依頼する場合なども解説

「鍵を失くしてしまったため、自転車に乗れなくて困っている」「自転車の鍵が壊れてしまったから交換したい」そんな自転車の鍵を交換したいなとお考えのかた必見!

ご自身で交換をされる場合の注意点や必要な道具などをご紹介させていただきます。さらに、交換にかかる費用まで詳しくご説明いたします。そして、ご自身での交換が難しい場合にはどうしたらいいのか、解決方法を伝授いたしますので、お悩みのかたはぜひ参考にしてみてくださいね。

自転車の鍵を交換するケース

さて、自転車の鍵を交換といっても、実際に経験したことのあるかたはそんなにいらっしゃらないのではないでしょうか。鍵を失くしてしまったり、壊れてしまったりしてからでないとなかなか交換しようとはなりませんよね。そんな初めてのかたでも安心していただけるよう、どのようなときに劣化が進んでしまうのかなどを深く掘り下げて説明いたします。

劣化してしまった

みなさん、自転車のだけに限った話ではありませんが、鍵には寿命があるということをご存知でしたか?長年使っているとかみ合わせが悪くなるのが原因で、さしにくく開けにくいという経験をされたかたもいらっしゃるでしょう。

一般的に10年ほど使用すると劣化してしまうといわれている鍵ですが、なぜ、交換しなければならなくなるほど状態が悪くなってしまうのでしょうか?

  • ・急いでいるときなどに、無理に施錠・解錠してしまい、鍵本体が曲がった
  • ・表面上はきれいでも、鍵穴にホコリなどが詰まっている
  • ・長年使用してきたことによる潤滑油の減少

鍵自体が曲がっているなどのケースも考えられますが、このように、多くは鍵穴に問題があるという場合が多いです。

鍵を紛失してしまった

鍵を失くしてしまったという理由だけで、まだ使える自転車本体まで処分するのは、懐が痛みますよね。

いつの間にかなくしてしまうこともある鍵。気軽に交換できれば気持ちが楽になりますよね。次の項目では、自転車の鍵を交換したいとお考えのかたに必要な情報を明記しましたので、ご覧ください。

自分で自転車の鍵を交換する場合

自分で自転車の鍵を交換する場合

鍵を紛失してしまった際焦らなくてもいいように、ご自身で交換する方法を知っておきましょう。この項目では、交換の際に使用する道具や、注意点などをご紹介いたします。

交換の手順と使う道具

自転車の鍵を交換する際には、必要になってくる道具がいくつかあるのでご紹介します。自転車の鍵を交換する目的のみに使用される場合は手ごろな価格で手に入るもので大丈夫です。ですが、今後も使うかもしれないなというかたは、しっかりしたものをホームセンターなどで買いそろえるといいかもしれません。

〇自転車の鍵を交換する手順

まずは、後輪側にあるネジを取ります。そうすることにより、荷台(リヤキャリア)を上にあげることができたら、新しく用意した錠を設置しましょう。あとはもともとの状態に戻すだけで完成です。

しなくてはならない作業は自転車のタイプによりますが、大体のものはこういった手順で進めていきます。

〇自転車の鍵を交換する際に使う道具

・軍手
ペンチやニッパーなどの工具を使用しますのでお怪我をされないように、必ず用意しましょう。また、普段お手入れをしないような細かいところも触りますので、どんな汚れがついているかわかりません。そんなときの汚れ防止にもなるでしょう。

・ドライバー
細いものなら鍵穴に入れて開けることができる場合や、取り付けられている部品を外す際に重要な役割を果たします。マイナスドライバーとプラスドライバーの両方を揃えておくとよいでしょう。

・ニッパー
ニッパーはワイヤー錠を切断する際に使用します。しっかりとしたつくりのものでないと工具のほうが負けてしまう可能性もありますので、必ずチェーンを切断できるものを選びましょう。

・ペンチ
ニッパーとはちがい、ペンチは対象のものを挟むときに使用するものなので、ニッパーと併用することで活躍します。

交換の際に気をつけること

交換をご自身でされる場合は、いくつかの工具を使用します。慣れていないかたがほとんどだと思いますので、お怪我をされないように、安全には十分注意してください。

また、自転車の鍵を交換するとなったら屋外での作業になるケースがほとんどでしょう。ですが、いたずらや泥棒と間違えられてしまう危険性もありますので、できるだけ室内でおこなうか、明るい時間におこなうなど、周囲の状況には注意しておきましょう。

業者に依頼して交換する場合

ご自宅で鍵を失くしてしまった場合は、まだ工具があるためなんとかなりそうというかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、外出時に失くしてしまった場合は工具を持ち歩かれていないでしょう。そんなときは、緊急時にも駆けつけてくれる業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

交換にかかる費用相場

自転車の鍵を交換するにあたって必要な費用は、依頼する業者によってさまざまですが、大体300円~2500円ほどです。

また、鍵の種類によっても値段にばらつきがあります。たとえば、よく店頭や、駐輪場などで使用されているのを見かける、ワイヤー錠は比較的安い傾向にあります。

業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリットとして、ご自身で交換の際に必要になる道具を買いそろえる必要がないという点があります。頻繁に交換するわけではないのでわざわざ道具を買いそろえるのは手間ですよね。それが省けるので、普段学校やお仕事でお忙しいかたなども安心です。

ほかにも、プロに依頼することにより失敗してしまうおそれがないので安心してまかせられるというメリットもあります。

そして、鍵穴はまだまだ使えるけど紛失してしまったために開けることができないという場合には、合鍵を作ってくれる業者も存在し、交換にかかる費用は不要です。

大事な鍵をプロの手でしっかり取りつけ!

大事な鍵をプロの手でしっかり取りつけ!

これまで、自転車の鍵を自分で交換する方法をご紹介してまいりました。ですが、慣れない作業には失敗がつきものです。ですから、失敗するおそれのない業者に依頼すると、ご自身にかかる負担もなく楽ですよね。ここからは、数ある業者を選び抜くための押さえておきたいポイントをご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

業者選びのポイント

  • ・無料で相談することができるか
  • ・保証期間はついているか
  • ・依頼者側の都合に合わせてくれるか

自転車の鍵について相談したいことができた場合、無料で対応してもらうことができれば気軽に問い合わせることができますよね。また、保証期間に関しては、業者に自転車の鍵を交換してもらった際に、のちのち不具合が出た場合になどに役立てることができます。

そして、最後の項目となる依頼者側の都合に合わせてくれるかという問題ですが、普段お仕事や学業などで忙しいというかたは、なかなか時間を取ることができず、自転車の鍵を交換したくてもできないというケースも考えられますよね。ですので、依頼者側のスケジュールにあわせて柔軟に対応をしてもらえるというのは非常に重要なです。

ほかにも、時間に余裕がある場合は、自転車屋さんに相談してみたり、メーカーに問い合わせたりするという手段を取るのもよいでしょう。信頼のできる業者を選ぶことができれば、いつどういったトラブルが起きても安心ですね。

自転車の鍵の調子が悪いときの応急処置

長いこと同じものを使っていると当然劣化してきてしまいますよね。それは自転車の鍵にも当てはまることで、さしにくい場合やなかなか鍵が回らないなどの普段感じない異変に気付いたら、早めに対処しなければ悪化してしまいます。

この項目では、普段使用されている自転車の鍵の調子が悪いというときのため、応急処置の方法をご紹介します。

ふたつの応急処置方法

まず、自転車の鍵がうまくささらないという場合は、かみ合わせに問題がある場合がほとんどですので、鍵先を細かく動かしながら入れ込んでみてください。

そしてもうひとつ、これはご自宅にいらっしゃる場合ですが、掃除機を鍵穴にあてて中に溜まったホコリを吸い込むという手段もあります。これなら鍵穴を傷つける心配もありませんのでご安心ください。

やっていけないことがひとつ

ホコリを取り出す際に針金などを使うなどして鍵穴の中を傷つけないようにしてください。「金属でできているから大丈夫だろう」とお思いのかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、繊細なつくりになっているほか、さし込んだものが抜けなくなるリスクもあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自転車の鍵を交換したいとお考えのかたのお悩みは解消されましたか?また、同じ自転車を長いこと愛用されているかたも、鍵が壊れやすくなっているので、念頭に入れておくと役立つかもしれません。

自転車の鍵が故障してしまった場合や、紛失してしまってお困りの際にはすぐにきてくれる業者も存在しますので、依頼するのもいいかもしれませんね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<