最新情報・レポート

マスターキーの仕組み、知ってますか?扉が開くカラクリを解説!

マスターキーの仕組み、知ってますか?扉が開くカラクリを解説!

マスターキーは、1本で多くの鍵を開けることができる鍵の親分です。マスターキーは複数の鍵を開けることができるので、鍵をなくしてしまったときなどにはとても役に立ちます。

複数の鍵を1本で開錠することができるマスターキーですが、ほかの鍵と同じようにスペアキー(予備鍵)を作成することは可能です。しかし、複雑な作りであるため、ある理由からスペキーを作ることはおすすめできません。

また、マスターキーを扱うにはいくつか気をつけなければならないこともあります。このコラムでは、マスターキーの仕組みやマスターキーを使用した便利なキーシステムや紛失時の注意点についてご紹介いたします。

マスターキーのキホンを知ろう! 

マスターキーとは、賃貸住宅などで「入居時に手渡される鍵」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしマスターキーは、入居時に手渡される鍵ではありません。もっと重要な意味をもつ鍵なのです。

では一体、マスターキーとはどのような鍵のことなのでしょうか?マスターキーについて詳しくご紹介します。

そもそもマスターキーとは

マスターキーとは「親鍵」とも呼ばれ、その鍵1本でどこでも開けることができる鍵のことです。たとえば、ホテルでのマスターキーは、1本で多くの宿泊部屋を開けることができます。賃貸住宅でもホテルと同様に鍵1本でどの部屋でも開けることができ、大家さんや管理人が保管しています。

それに対し、一部屋ごとの鍵のことを「子鍵」といいます。賃貸住宅で入居時に渡される鍵も、ホテルに宿泊したときに渡される部屋の鍵も子鍵なのです。子鍵は親鍵より形が複雑である場合もあります。

しかしながら親鍵と子鍵を見分けることは難しく、慣れていない場合はほとんど不可能です。鍵のプロでなければ、見た目で判断することはできないでしょう。

マスターキーで鍵を開ける仕組み

鍵は、鍵穴に差し込み内部のシリンダーを操作して開けるという仕組みです。鍵山といわれるギザギザ部分と合致するシリンダーでないと、回して開錠することができません。鍵山は、1本ずつ違います。そのため、隣の部屋の鍵で自身の部屋の鍵を開けることができないのです。

しかし、マスターキーは、マスターとなるシリンダーすべてに対応できるように作られています。そのため、マスターキー1本あればどの部屋でも開けることができるのです。

なぜマスターキーが必要なのか

マスターキーの仕組み、知ってますか?扉が開くカラクリを解説!

ホテルなどの宿泊施設で火災などの緊急事態が発生した場合、速やかに宿泊客を避難させなくてはなりません。このような緊急時にたくさんの鍵をもち、一部屋ずつ鍵を変えて開錠していては時間がかかりすぎてしまいます。マスターキー1本で、複数の部屋を次々に開錠するほうが時間を短縮することができ、早く救出することができます。

また賃貸住宅などでは、長期間連絡が取れない場合は、マスターキーを使い室内に入り安否確認をすることができます。鍵をなくしてしまったときも、マスターキーさえあれば開けることができます。このようにマスターキーは、わたしたちの緊急事態に必要なものなのです。

マスターキーを利用した扉のシステム

マスターキーをいくつか組み合わせてシステム化することによりさまざまな利用が可能になります。よく利用されている5つのキーシステムについてご紹介します。

マスターキーシステム

1本のマスターキーで、いくつもの部屋の鍵を開けることをマスターキーシステムといいます。賃貸住宅などで複数の部屋の鍵を1本で開けることができるのもこのマスターキーシステムです。

グランドマスターキーシステム

マスターキーシステムのグループがいくつかあり、そのすべてグループを開けることができる鍵のことです。たとえば、宿泊部屋の数が多いホテルなどは、フロアごとにグランドマスターキーシステムを採用していることがあります。5階のグランドマスターキーであれば、5階の部屋の鍵をすべて1本で開けることができるのです。

グレートグランドマスターキーシステム

グランドキーシステムをさらに集合させたのが、グレートグランドマスターキーシステムです。そして、それらの部屋の鍵をすべて開けることができる1本の鍵をグレートグランドマスターキーといいます。

逆マスターキーシステム

複数の鍵から特定の鍵を開けることができるのが、逆マスターキーシステムです。マンションの入り口で、個人の家の鍵で共有部分の鍵を開けることができます。

コンストラクションキーシステム

建設中の建物などで、工事関係者とオーナーの両者が鍵を開けることができます。工事が完了後、オーナーが純正の鍵を使用した時点でシリンダー構造が変化するため、以前の鍵が使用できなくなるという仕組みです。

マスターキーは慎重に扱いましょう

マスターキーの仕組み、知ってますか?扉が開くカラクリを解説!

マスターキーは、子鍵よりもとても重要な鍵です。マスターキーを取り扱う際、注意すべき点についてご紹介します。

スペアを作ることはできる?

マスターキーのスペアを作成することは、可能です。しかし、マスターキーの重要性からスペアキーを作成する際には、身分証明書が必要になることがあります。

また複雑な構造のため、よくある街中の合鍵屋さんでは作成できない場合が多くあります。特別な鍵だからこそ、信頼できる鍵屋さんで質のよいスペアキーを作成しましょう。

使い方を誤ると犯罪に巻き込まれるかも……

もし何らかの理由で第三者の手に渡ってしまうと、侵入されてしまう危険があります。しかも盗まれた鍵がマスターキーであればどこでも侵入することができるため、さらに被害は大きくなってしまうでしょう。マスターキーを管理している人まで責任を問われる可能性があります。マスターキーを扱うときは、単なる鍵ではなく特別な鍵であることを再認識する必要があります。

マスターキーをなくしても業者は対応できる?

マスターキーは、子鍵と違い構造が複雑です。また鍵の特性からも子鍵を紛失した場合の対応と異なります。万が一、マスターキーをなくしてしまった場合の対応についてご紹介します。

もしもマスターキーをなくしたら

マスターキーをなくしてしまったらすぐに必要な連絡先に届け出なくてはなりません。マスターキーによっては、その鍵で開錠できるすべての鍵の交換が必要になる場合があるからです。

責任を負いたくないために無断でマスターキーのスペアを作成し、自己解決させては絶対にいけません。事態が明るみに出たときは、責任を問われてしまいます。マスターキーの紛失によるトラブルに巻き込まれないよう、日ごろから注意して取り扱うようにしましょう。

万が一に備えて相談先を覚えておきましょう

もし単なる紛失でなく盗難された可能性がある場合は、すぐに警察に相談しましょう。また鍵を設置した鍵屋さんにも相談をしてみましょう。マスターキーのシステムによって、受ける影響も違ってきます。万が一の事態に備え、すぐに連絡できるよう鍵を設置した鍵屋さんの連絡先を控えておくとよいでしょう。

まとめ

マスターキーはその鍵1つで、多くの鍵を開けることができる親鍵です。マスターキーシステムは、緊急時の救助や安否確認といった目的でもホテルや賃貸住宅などで広く利用されています。そんな特別な鍵であるマスターキーは、子鍵のようにスペアキーを作成することが可能です。

しかし、鍵の構造が複雑なため、スペアキーの作成を依頼する場合は信頼できる鍵屋さんに依頼することが大切です。万が一紛失してしまった場合は、すぐに警察に相談しましょう。鍵の性質上、第三者の手に渡ると犯罪に巻き込まれる危険があるからです。

マスターキーはほかの鍵同様に小さいものですが、大切なものであることに変わりはありません。日ごろから注意して取り扱うようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<