最新情報・レポート

スマートキーが効かない原因は4つある!万が一のときの対処法を解説

スマートキーが効かない原因は4つある!万が一のときの対処法を解説

「え……車のロックが解除できない……」

「スマートキーが効かない、どうしよう」

こうなってしまった時、非常に不安ですよね。こんな大変なことになるのならスマートキーなんて導入しなければよかった、なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、鍵が開かないからといってするロードサービスを呼ぶはちょっと待ってください。冷静に原因を突き止めれば簡単に解決できる場合があります。

今回は、そんなスマートキーが効かないときの原因と対処法についてお話しします。

まずはスマートキーの仕組みをおさらい

勘違いされがちなのが、スマートキーとキーレスエントリーの違いです。キーレスエントリーとは、「鍵を差し込まずにドアのロックを解除するもの」を指します。つまりエンジンを始動させるには実際に鍵を差し込まなければいけません。

対してスマートキーは、キーレスエントリーの機能に追加してエンジンの始動もボタン1つでできるスグレモノなのです。

鍵から電波を車に送るだけだった従来のキーレスエントリーと違い、車と鍵が防犯コードを送り合い認証することで、以前より高い防犯性を実現させているのです。

しかし、ドアのロックからエンジンの始動までのすべてを無線でやりとりすることにより、新たなトラブルが生まれてしまうのも否定できません。そこで、スマートキーが効かない状況に陥ってしまった場合の原因と対処法をお話しします。

スマートキーが効かない!4つの原因と対処法

スマートキーが効かない!4つの原因と対処法

スマートキーが効かなくなってしまうケースは、解決できるもので大きく4つに分けることができます。

電池が切れている

これは1番初歩的なミスといえるでしょう。スマートキーは市販のボタン電池で動いています。車によっては、電池の残量が不足してくると「電池を交換してください」とモニターに表示されることがあります。

そのまま使用し続けると電池が切れてしまい、どれだけロック解除ボタンを押してもスマートキーのランプが点灯しなくなります。

スマートキーについているランプが点灯していれば電池は切れていないことになるので、別の可能性を考えましょう。また、スマートフォンやテレビなど、強い電波を出すものの近くにスマートキーを置いていると電池の減りが早くなってしまいます。普段から、スマートキーを置いておく場所に気をつけておきましょう。

電池が切れてしまった場合は交換しましょう。スマートキーに使われるボタン電池はコンビニでも手に入れることができます。電池を交換する手順は簡単です。

  1. メカニカルキーを抜く
  2. ツメに引っかけてカバーを開ける
  3. ボタン電池を交換する
  4. 元に戻す

メカニカルキーとは、スマートキーに内蔵されている物理的な鍵のことを指します。詳しい使い方については後述いたします。

さまざまなメーカーのスマートキーが、この手順で交換できるようになっています。しかし、場合によっては精密ドライバーが必要な場合や、全く違う手順を要する場合もありますので、まずは取扱説明書を確認しましょう。

電波障害による接続エラー

スマートフォンなどの電波を発する機器が、スマートキーと車との接続を邪魔してしまっているかもしれません。近くにスマートフォンがある場合は、キーと始動ボタンから遠ざけてから再度試してみましょう。

また、車の近くにテレビ塔などの強い電波を放っている建物の近くでは、スマートキーが正常に作動しない場合があります。現在ではこのエラーも少なくなってきているようですが、相性などによって起こりうる可能性も考えられます。

ドアが閉まっていない

車のロックをかけるときにスマートキーが作動しない場合は半ドアを疑いましょう。

半ドアではロックがかからないようになっているからです。車によっては半ドアの場合ブザーが鳴ることもありますが、現在ではブザーが鳴らない車の方が多いので、まずはドアがしっかり閉まっているか確認しましょう。

バッテリー上り・セルモーターなどの故障

スマートキーに関わらず、車のエンジンがかからない場合はバッテリーが上がっている可能性があります。バッテリーは車のロック解除、エンジン始動だけでなく、カーナビ、エアコンなど、補助機の動力にもなります。バッテリー上がりはカートラブルの中でも多いものですので、スマートキー側に問題がない場合、原因のひとつになりるでしょう。

バッテリーが上がってしまった場合の対処法は3種類あります。

1.ブースターケーブルを使って他の車の電力を供給してもらう
ブースターケーブルとは、他の車のバッテリーから自分の車に電力を供給するための特殊なケーブルです。周りに救援してくれる車がいる場合、ブースターケーブルをその車に繋ぎ、エンジンをかけることによって自分の車に電力を供給することができて、自分の車のエンジンが始動できるようになります。

しかし、ハイブリッドカーは他の車を救援できないので、気をつけましょう。

2.ジャンプスターターを使って復活させる
ジャンプスターターは、本体が電気を蓄えているので他車の支援なしでジャンプスタートをすることができる機械です。小さいものから大きいものまで、タイプはさまざまです。それぞれのジャンプスターターによって使い方が違う場合がありますので、使用する前に取扱説明書をしっかりと確認する必要がありますね。

バッテリーが切れてしまうことは、日常でも簡単に起こりえることなので、ブースターケーブルやジャンプスターターを用意しておくことをおすすめします。

なお、ジャンプスターターの保管先として「車内」を選びがちですが、やめたほうがよいです。ジャンプスターターの中には“リチウムイオン電池”を使用しているものもあります。リチウムイオンはモバイルバッテリーでも採用されていますが、「高温の場所で保管」に向きません。

高温な場所や急激な温度変化、強い衝撃のかかる場所だと、本体劣化が進んでしまうだけでなく、発熱や火災などにつながる可能性もあります。面倒にはなりますが、安全性の側面からみても車内で常時保管するのは避けるべきでしょう。

3.ロードサービスに救援を要請する
もし、周りに助けてくれる人が見当たらなく、どうしても対処する手段が見つからない場合はJAFなどのロードサービスに救援を要請しましょう。

また1と2の方法は、非常に強い電流を使って作業をおこなっているため危険がともないます。これらの処置をする際は、最大限の注意を払って落ち着いて着手しましょう。

【1分で解決】緊急時は「メカニカルキー」を使用しよう

スマートキーが正常に作動しないときは、まずはメカニカルキーを使って車内に入りましょう。メカニカルキーとは、スマートキーが不調の際でも車内に入ることができるマスターキーのようなものです。

メカニカルキーを使ったドアロックの解除方法

基本的にメカニカルキーは、スマートキーについているツマミを押さえながら出っ張っている部分を引き抜くことによって出現します。メカニカルキーでドアロックを解除するのは落ち着いてできれば非常に簡単です。

鍵穴にキーを差し込み左側に回すだけです。しかし、ロックを解除した際にイモビライザー(警報)がなってしまうおそれがあります。

ロック解除後のクラクションに注意

スマートキーのシステム上、メカニカルキーでロックを解除された場合「鍵がこじ開けられた」と認識されてしまいます。よってこれは故障ではなく正常に作動している証拠なのです。

ロックを解除した際はイモビライザーが鳴っていても焦らず車内に入りこれらの動作をしてください。

  1. ブレーキを踏みこむ
  2. スマートキーのエンブレム部分をエンジン始動ボタンにあてる
  3. その後エンジン始動ボタンを押す

たったこれだけで、イモビライザーを止めてエンジンをかけることができます。大きな音が鳴ったからといって焦って危険な動作をしてはいけません。落ち着いて対処すれば非常に簡単です。

スマートキーを持つうえで注意するべきこと

スマートキーを持つうえで注意するべきこと

ここで、スマートキーを持つうえで注意するべきことを簡単におさらいしましょう。

・スマートキーの保管場所に要注意
家・車の中の決まった場所に置くことや、電力を余分に消費させてしまわないように、自分が置いた場所をしっかりと把握しておくことが非常に大切です。また、決まった場所に保管しておくことは紛失防止にもなるのでオススメです。

・1年に1回は電池交換を
スマートキーは、効かなくなってしまうまでの電池の寿命が1~2年といわれています。しかし前述した通りスマートフォンなどの電波によって電池切れがはやく訪れてしまうかもしれません。余裕をもって電池交換をしましょう。

・もし作動しなくても焦らない
スマートキーは無線なので、物理的なキーと違うトラブルが起こってしまう場合があります。冷静に対処すれば解決できることが多いので、落ち着いて着手しましょう。

そしてどうしても直すことができない場合は、鍵のプロにおまかせをしましょう。

スマートキー故障の早急解決はプロにおまかせしよう!

カギ110番なら、24時間365日全国どこでも受付対応をしています。スマートキーの問題なら、到着後最短5分で解決が完了します。そしてお値段は2,980円~。

鍵だけの問題だった場合、ロードサービスを受けるよりも時間とお金がかかりません。非常に簡単で安いお値段で救援してくれますので、もしものことがあった場合、お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、大切な車のスマートキーが効かない問題についてお話ししました。ちょっとしたトラブルだったら、みなさんの手で直せるようになっていることには安心ですね。しかし、トラブルはときに人をパニックにさせます。

気が動転して更なる大きなトラブルに繋がらないようにするためにも、カギ修理業者にお問合せして、簡単に解決してしまいましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<