最新情報・レポート

引き戸の鍵はどの種類を選べばいい?種類別のお勧めタイプと注意点

引き戸の鍵はどの種類を選べばいいの?種類別のお勧めタイプと注意点

引き戸の防犯性ってどうなのかと気になったことはありませんか?ドア式の玄関の場合には鍵がふたつ付けられているのを多く見かけますが、引き戸の場合はあまり見かけませんよね。引き戸の防犯対策にはどんなものがあるのでしょうか。

今回は防犯対策を考えたときに引き戸でも鍵を追加できるのかという疑問や、引き戸に適した鍵の種類・取り付けの注意点をご紹介します。

引き戸に鍵を追加することはできる?

引き戸にも、ドアと同じように鍵を追加でつけることは可能です。鍵を追加で設置することで、防犯性を高めることができるのです。玄関ドアの鍵をふたつ設置してあるお宅は多いですよね。鍵を増やすことは、空き巣に狙われる可能性を下げることができるといわれています。大切な家を守るために、防犯対策は行っていきたいものですね。

玄関のドアを開ける手口で代表的なのは、針金のようなものを鍵穴に差し込んで開錠させる「ピッキング」。それから、ドアに穴を空け、そこから棒などを差し込んで内側から開錠する「サムターン回し」があります。このような手口から家を守るのには鍵を追加することが有効です。

空き巣から家を守るためには、手間を増やし時間をかせぐことは大切です。空き巣の約7割は開錠に5分以上かかると判断した場合は侵入を諦めるといわれています。最近では破壊されにくい強度の高い鍵も出てきているため、そういった鍵を設置することによって玄関破りを難しくして、より防犯性を高めることができるのです。

ただし、引き戸の種類によって設置できるものが限られてくるので、これからご自宅の引き戸にあう鍵をつける際の注意点をご紹介していきます。

取り付ける引き戸と鍵の種類:1枚引き戸の場合

取り付ける引き戸と鍵の種類:1枚引き戸の場合

1枚引き戸とは、1枚の戸を壁にそって左右に滑らせて開閉する引き戸のことです。そのなかでも、片引き戸といって壁にそって開閉するタイプと、引き込み戸とよばれる壁の内部に空洞が作られていて、そこに戸を収納するタイプがあります。

鍵はひっかけるタイプの鍵がおすすめ

1枚引き戸に鍵を設置するときには、戸を柱に固定する方法がメジャーで、ひっかけ式の鎌錠がよく使われています。鎌錠とは名前のとおり鎌のような形をしており、ボルトの先端を回すと鎌のような形の金具が、柱側に設置してある受け座にひっかけることで施錠できます。外側からは鍵を使って、内側からはつまみ(サムターン)をまわすことで開閉する仕組みです。

最近は、暗証番号タイプのものがあります。このタイプは、戸を閉めると自動で鍵が締まるようになっているものもあり、自分で設定した番号を押して開錠することができます。自動で施錠してくれるので戸締りの心配もなくなり、鍵を失くす心配も解消されますね。

鍵の取り付け方

鎌錠は、戸の素材によっては電気ドリルやノミなどの工具が揃っていれば自分で取り付けることができます。新しく鍵を設置する場合には、戸や柱に穴を空けたり削ったりする必要があるため、木製など加工しやすい素材であるかご自宅の戸を確認してください。これから、鍵の取り付け方をご紹介していきます。

1.鍵を設置する場所を設定する
鍵を設置するには、戸の内部が空洞になっていない部分を探しましょう。空洞になっている場所には固定できません。取っ手付近には芯材が入っていることが多いので、固定しやすいでしょう。

2.設置する場所に印をつける
鍵に付属してある説明書に設置図が付いているはずです。設置図を基にして印をつけて設置場所を確認しましょう。

3.引き戸に取り付ける
引き戸に設置図通りに引き戸鎌錠、裏にはつまみ(サムターン)を設置します。設置する際には電気ドリルなどを使用して戸に穴を空ける必要があるので、説明書で確認してください。

4.受け座を取り付ける
柱に受け座を設置します。電気ドリルやノミなどを使用して受け座を設置できるように柱を削りましょう。

メリットと注意点

鎌錠はひっかける部分が受け座に収納されて隠れるため、ピッキングされにくいことはメリットです。戸を壊さない限り鎌錠を開錠するのは難しいため、空き巣に強い鍵とされています。

注意点は、鍵の付け替えが困難であるというところです。戸と柱に金具を設置するため、鍵の交換をする場合にも両方の金具を付け替える必要があります。自分で交換する際には鍵のサイズをしっかり確認することが大切です。

取り付ける引き戸と鍵の種類:2枚の引き違い戸の場合

引き違い戸とは、ふすまや障子のように2枚以上の戸を溝にはめて左右に滑らせて開閉する引き戸のことです。玄関では2枚の引き違い戸が多く使われています。

玄関の内外から施錠できるタイプなら万能引き戸錠を

2枚の引き違い戸におすすめなのは、シリンダー錠や万能錠などとよばれる万能引き戸錠です。引き違い戸とは、ふすまや障子のように2枚以上の戸を溝にはめ、左右に滑らせて開閉する引き戸のことです。玄関では、2枚の引き違い戸が多く使われています。

これまで引き違い戸には、内側からだけ鍵を締められる内締まり錠と、外側からだけ鍵を閉められるプッシュ栓錠というのが主流でした。しかし、今の時代には内側か外側のどちらかしか鍵を締められないというのは防犯上の心配もあります。そこで、現代になり主流となっているのが万能引き戸錠です。

万能引き戸錠は、2枚の引き戸のあわさる部分に鍵を設置することで戸を動かないように施錠します。外側からは鍵をつかって、内側からは補助つまみを上下に動かすことで開閉できます。

暗証番号タイプやカードタイプなどピッキングにより強い種類もあり、ご家庭にあったものを選べるようになっています。

鍵の取り付け方

万能引き戸錠も戸の素材によっては、電気ドリルやノミなどの工具を揃えて自分で取り付けることができます。新しく鍵を設置する場合には、戸に穴を空ける必要があるため、木製など加工しやすい素材であるかご自宅の戸を確認してください。

  1. 1.鍵を設置する場所を設定する
  2. 2.設置する場所に印をつける
  3. 3.引き戸に取り付ける

まず、鍵を設置する場所を設定し、鍵に付属してある設置図を基にして印をつけて設置場所を確認してください。鍵は引き戸に設置図通りに2枚の戸があわさる部分に設置します。設置する際には電気ドリルやノコギリなどを使用して取り付け穴を空ける必要があるので、説明書で位置を確認して取り付けましょう。

メリットと注意点

万能引き戸錠の場合、2枚の戸の両方に設置することにより、防犯性が高くなることがメリットです。

注意点としては、鍵を初めて取り付ける際には戸に大きな穴を空ける必要があるため、日ごろ工具などをあまり使わない方には自分の力でやるには大変だということです。玄関はその家の顔ともなる部分ですから、失敗するリスクを考えると、鍵のプロに頼んだ方が安心かもしれません。

自分で鍵を取り付けるときに知っておくべきこと

自分で鍵を取り付けるときに知っておくべきこと

防犯にも気をつかわなければならないのが、玄関です。自分の力で鍵を取り付けるとき、知っておくと便利な情報をご紹介します。

玄関の木製引き戸には盲点も

玄関に木製の引き戸をしようしている方も多いと思います。木製の引き戸の場合、光をとるなどのデザイン性を考えて戸にガラスを使用しているものがありますが、もしかしたら空き巣にガラスを割られてしまうかもしれません。

せっかく鍵をピッキングに強いものにしても、ガラス破りという手法でドライバーなどによりガラスを割って手を入れ、そこから鍵を開けられてしまっては、防犯性の高い鍵の意味がなくなってしまいます。玄関の戸にガラスが使われている場合には、防犯ガラスに変更するとよいかもしれません。

より防犯性を高めるために、鍵だけでなく、ガラスも変えることをきっかけに玄関のリフォームを考えてみるのはいかがでしょうか?

カードキータイプに変えるという選択肢もある

最近はご自宅でもカードキータイプの鍵をしようする方も増えてきています。カードキータイプの場合はオートロック設定することができるので、鍵の締め忘れがありません。鍵穴がないので空き巣にピッキングもされにくい構造です。

また、カードキーをセンサーに近づけるだけで開錠できるので、カードケースや携帯ケースにいれたまま使うことができます。鍵が見つからない、鍵穴にうまく鍵がささらないという問題から解放されますね。

カードキーはプロの業者に依頼すれば、普通の鍵を変更するのと同じように設置してもらうことができます。鍵式のものより少々お高くはなりますが、防犯性が高くなるうえ、利便性がよくなるのならお値段以上の価値を見出せるかもしれません。

ただし、カードキーが電池式の場合には電池が切れるとカードで鍵を開けることができなくなるため、電池が少なくなったときのサインを見逃さないようにしなくてはなりません。

家をしばらく空ける時には、電池切れのときのために普通の鍵を持って出かけると安心ですね。

また、オートロック式に設定している場合には鍵を持たずに家を出てしまうと、一定時間後に鍵が閉められるので家に入れなくなってしまいます。家を出る際には注意しましょう。

まとめ

引き戸でも鍵を追加することができ、ドアのように防犯性を高くすることができることがわかりました。自分で鍵を取り付けることもできますが、戸に穴を空けるなど日ごろ工具をあまり使わない方には難しいこともあります。立てつけなどの問題もあるため、知識も必要です。

玄関は多くの人の目にはいるその家の顔ともなる部分となるので、プロの業者に依頼してみることも考えてみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<