最新情報・レポート

チェンジキーシステムはオーナーにも入居者にもメリットがある!

チェンジキーシステムは、チェンジキーと呼ばれる鍵を錠前に差し込むだけで、鍵の交換が完了するシステムです。賃貸住宅のオーナーにとっては、マンションやアパートなどの設備を管理するための経済的な負担や時間を抑えることができるため、非常に便利でしょう。

本コラムでは、チェンジキーシステムの特徴や仕組み、導入するメリットや費用などについて説明しています。もう少し効率的に、マンションやアパートの管理をおこないたい方は、ぜひ参考にしてみるとよいです。

チェンジキーシステムの特徴と仕組み

安全性が高く、費用も抑えることができるチェンジキーシステムは、賃貸住宅を管理するオーナーにとって非常に安心できる存在です。この章ではおもに、チェンジキーシステムの特徴や仕組みについてご紹介していきます。

チェンジキーシステムの特徴

チェンジキーシステムはオーナーにも入居者にもメリットがある!

チェンジキーシステムは、シリンダー錠を交換することなく、使用する鍵を変更することができるシステムです。チェンジキーシステムを使えば、入退去するときにシリンダー錠を交換する必要がないため、とても楽で便利に鍵の交換をおこなうことができます。とくに会社や賃貸のオーナーなどは、施設を管理するためのコストなども抑えることができるため、効率的なロックシステムとして非常に優れているでしょう。

なぜ錠を変えずに鍵交換が可能になるのか

チェンジキーシステムには、チェンジキーと呼ばれる、錠前に合う鍵を変更するための鍵が存在します。チェンジキーを錠前に差し込み、決められた方向に回すことで、シリンダー錠内部のギアの嚙合わせ位置が変わります。そうすることで、前に使っていた鍵は使用できなくなり、新しい鍵専用のシリンダー錠になる仕組みになっているのです。

簡単にチェンジができたら悪用されない?

チェンジキーは、マンション1棟や一戸建ての家など、ある特定の範囲でしか使用できません。ほかのチェンジキーや道具では、錠前の組み合わせを変えることができないので安心です。また、鍵穴についているピンの組み合わせの数は2億通り以上あるため、ピッキングにも強いといった特徴があり、防犯性や安全性は非常に高いといえるでしょう。

マスターキーや逆マスターキーも作れます!

賃貸アパートやマンションでは、防犯性を高めるためにマスターキーや逆マスターキーなども作製することができます。マスターキーとは、1種類で、複数の部屋の錠前を開錠できる鍵のことです。一方、逆マスターキーは、異なる複数の鍵で、1つのドアや扉を開けることができる鍵のことをいいます。

ここでは、チェンジキーシステムとマスターキー、逆マスターキーを併用した使い方や、さまざまな逆マスターキーの種類などをご紹介していきます。

チェンジキーシステムでのマスター・逆マスターキー

チェンジキーシステムはオーナーにも入居者にもメリットがある!

チェンジキーシステムでは、チェンジキーのほかにマスターキーや逆マスターキーといった鍵も使用することができます。

マスターキーはメーカーでなければ作ることができません。マスターキー作る際は、業者、もしくはメーカーに相談してみるとよいでしょう。

一方、逆マスターキーにするためには、を作るためには、シリンダーを逆マスターに設定する専用の鍵を作成する必要があります。もしくは、鍵にノンタッチ用のキーヘッドをつける方法もあります。解錠用のキーヘッドがついた鍵をリーダーに近づけることで、マンションや集合住宅のエントランスの扉を自動的に開けることができます。

その他の逆マスターキー

そのほか、逆マスターキーに代表されるものとして、テンキーや指紋認証キー、カードキーなどがあります。テンキーは、適切な暗証番号を入力することでエントランスを解錠することができるシステムです。指紋認証キーは、その名のとおり、手の指紋をリーダーに近づけることで、本人確認をして、解錠するシステムとなっています。

カードキーは、磁気カードを読み取ることで本人確認ができる仕組みです。また、カードにICチップが埋め込まれているタイプのカードもあります。最近ではスマホアプリを使用してロックが解除できるものも出てきているため、カードを紛失するリスクを減らすことが可能です。

チェンジキーシステムを導入するメリット

これまでチェンジキーシステムの特徴や仕組みをご紹介してきました。ここでは、チェンジキーシステムを導入するメリットをご紹介していきます。

トラブルに即座に対応できる

チェンジキーシステムはオーナーにも入居者にもメリットがある!

入居者の方が、誤って鍵を紛失してしまった場合でも、チェンジキーを使い、キーチェンジをおこなうことで直ちに鍵の交換をすることが可能です。鍵の紛失は後のトラブルにつながるおそれがあるため、すぐに対応できるのは大きなメリットといえるでしょう。

空室の管理が簡単になる

入居者が退去した際には、部屋が空くため、それぞれの部屋を別々の鍵で管理するのは手間に感じるでしょう。しかし、チェンジキーシステムを導入すると、すべての空室を1つの鍵で管理することができます。

チェンジキーシステムは、シリンダーが鍵を記憶する仕組みです。空室になっている部屋の錠前にチェンジキーを差し込み、鍵穴をリセットします。その後に空室専用の鍵をシリンダーに記憶させることによって、すべての空室を1本の鍵で管理することができるのです。

ランニングコストの削減

チェンジキーシステムを導入することで、設備の管理費用などのランニングコストを抑えることができます。とくに入退去時や鍵を紛失したときには、シリンダー錠本体を交換することが多く、その分、マンションの管理や費用の出費など、オーナーにとっては経済的な負担になります。

しかし、チェンジキーシステムでは、チェンジキーを使い、鍵を交換するだけでよいので、時間や手間を省くことができるのです。また、安全性を損なうことなく継続して使用することができるため、セキュリティに関しても大きなメリットがあるといえるでしょう。

チェンジキーシステムにかかる費用

チェンジキーシステムの費用相場は、1つのシリンダー錠を交換するのに1万円~2万円程度となります。そのため、マンションやアパートの部屋数が多いほど、必要になる費用も多くなってきます。

チェンジキーシステムを導入すると、初期費用はかかるものの、入退去時や鍵の紛失時は、鍵を新しいものに交換するだけでよいので、とても楽で便利になります。鍵交換の費用も1本2,000円前後と安価なので、従来のシリンダー錠の交換費用と比較すると、5回前後の鍵交換でお得になります。

マンションやアパートの維持や管理の手間を省きたいと思っている方は、業者に依頼してチェンジキーシステムの導入を検討してみましょう。導入することで、経済的にも余裕ができるはずです。

まとめ

チェンジキーシステムは、チェンジキーを使って錠前をリセットし、その後に新しい鍵を使うことで、鍵を交換するシステムです。チェンジキーシステムを導入することで、鍵の紛失など、急なトラブルにも即座に対応することができます。

さらに、賃貸のオーナーにとって、大きなメリットとなるのが、マンションやアパートの管理にそれほど手間をかけなくてもよいことです。チェンジキーシステムを導入することで、空室の管理が1つの鍵でおこなうことほか、急なトラブルにもすぐに対応することができます。

賃貸住宅にかかる経済的な負担を減らしたいと思っている方や、設備の管理を少しでも効率的にしたいと考えている方は業者に相談してチェンジキーシステムを導入し、安全性や防犯性を高めましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<