最新情報・レポート

ドアノブのゆるみの直し方!そのゆるみ自分で直せるかもしれません

ドアノブのゆるみの直し方!そのゆるみ、自分で直せるかもしれません

毎日の生活のなかでは、だれもが何回もドアノブに触ることになりますよね。そんなドアノブが、ゆるんでグラグラしていると落ち着かないものです。できることなら、自分で早く直したい!そう思う方も多いのではないでしょうか。

ドアノブをスムーズに直すために、このコラムを読んで、まずはゆるみ方からチェックしていきましょう。続いて、ゆるみのパターンにあった直し方を詳しくご紹介いたします。

【手順1】ドアノブのゆるみをチェック

はじめに、ドアノブがどのようにゆるんでいるのかチェックしてみましょう。ドアノブのゆるみのパターンは、大きくわけて3種類あります。それぞれ紹介していきますので、どれにあてはまるのか確認してみてくださいね。

取っ手がゆるんでいる

ドアノブのハンドルレバーが、水平より下がったまま戻らない状態ではありませんか?毎日何回も触ることで、ハンドルレバーのネジがゆるんでいると考えられます。ドアノブのゆるみは、ほとんどがこのパターンにあてはまります。

台座がゆるんでいる

ドアノブのハンドルレバーを動かすときに、ハンドルのついている台座がぐらついていませんか?この状態は、台座のネジがゆるみ、扉の表面と台座とのあいだに隙間ができることで起こります。もしくは、台座の取り付け穴が大きくなっていることが原因です。

閉まる部分の金具(ラッチ)がゆるんでいる

ドアを閉めた状態を保ち、開けるときには引っ込む留め金のことを「ラッチ」といいます。ドアとドア枠を固定する役割があり、壊れてしまうと、閉めたドアが勝手に開くなどの現象が起きてしまいます。

ドアノブとラッチが連動せず、ドアをうまく開けられなくなることもあるようです。開閉のたびに出たり引っ込んだり、ラッチ受けにぶつかったりするなど、たくさんの衝撃を受けるために壊れやすい部品なのです。

【手順2】ドアノブのゆるみを直す

【手順2】ドアノブのゆるみを直す

では、ドアノブのゆるみを実際に直していきましょう。必要な道具もそれぞれ紹介していきます。だれでも簡単にできますので、ぜひ読みながら試してみてください。

取っ手のゆるみを直す方法

ハンドルレバーの側面、または下部分にあるネジを締め直していきましょう。必要な道具は、プラスドライバーもしくは六角レンチです。

【1】プラスドライバーで、ネジを反時計回りに回してゆるめます。このとき、ネジを外してしまうのではなく、ゆるめるだけです。

【2】ドアノブを、体と手でドアの両側から押さえつけて、ネジを押し上げるようにしっかりと時計回りに回して締め直します。

台座のゆるみを直す方法

ドアノブには、台座のネジが見えるタイプと見えないタイプ の2種類 があります。台座のゆるみを直すには、まずハンドルレバーを外して台座についているカバーを外す必要があります。

プラスドライバーまたは六角レンチ、そしてマイナスドライバーを用意してください。そのほか、必要に応じて割りばしやカッター、つまようじも使用します。

【1】台座のネジが見えている場合、ぐらついているほうの台座のネジを、プラスドライバーまたは六角レンチで右に回して締め直します。これで直れば、次に進む必要はありません。

【2】まだぐらついている場合は、ぐらつく側の台座のネジをプラスドライバーまたは六角レンチで左に回して、ハンドルレバーから完全に外れないところまでゆるめます。

【3】両側のハンドルレバーをそれぞれの手でつかんで、ドアから両側に引き離すようにして抜いてください。このとき、ハンドルレバーの片方に軸となる棒がついているので、必ずまっすぐ引き抜くことが大事です。外したハンドルレバーは傷がつかないように、タオルなどの上に置いておきましょう。

【4】台座のカバーを外していきます。すでにネジが見えている場合は5番へ進んでください。台座のカバーを下、あるいは側面からみてみましょう。大体のドアノブでは、ここにマイナスドライバーが入る溝があります。その溝にマイナスドライバーをあてて、カバーを外していきましょう。

外すときは、タオルなどの布をドアのほうにあてて、テコの原理でカバーを持ち上げると簡単に外せます。勢いをつけすぎて、カバーがとんでいかないように注意してください。

【5】カバーを外すと樹脂の部分が見えます。このとき、ネジがついているのが見えたら、電動ドライバ―などは使わずに手回しで締めてください。締めすぎるとネジ自体が壊れてしまうので注意しましょう。ネジが見えなかった場合は反対側のカバーにありますので、同じ手順でカバーを外しましょう。

台座の取り付け穴が大きくなっていて、うまくネジが締まらないということもあります。つまようじや割りばしを用意してカッターなどで削り、先端をネジと穴の隙間に詰めて切ることで調整してください。

【6】外したカバーとハンドルレバーを取り付けましょう。

閉まる部分の金具(ラッチ)を直す方法

ラッチ本体のネジを締め直していきます。プラスドライバーを用意し、必要に応じて割りばしやカッター、つまようじも用意しましょう。

【1】プラスドライバーで、ネジを右に回して締め直します。ぐらつきが直ればここで終了です。

【2】まだぐらついている場合は、ラッチ本体を止めているネジの穴が大きくなっていることが考えられます。ラッチ本体を一度取り外す必要があるため、まず両側のドアノブを外します。このとき、小さなネジなどがなくならないように気をつけましょう。

【3】ラッチを取り外したら、つまようじや割りばしを取り付け穴にあうように削り、ネジと穴の隙間を埋めてください。

【4】外したラッチを取り付けます。

【5】全ての部品を取り付け直したら完了です。

直している途中でドアノブが外れちゃった……

ドアノブは、内部の劣化やサビ、ネジのゆるみによって外れてしまう場合があります。直している途中にドアノブが外れてしまった場合、どうしたらよいのかをご紹介いたします。

ドアノブが外れても元に戻せます

ドアノブは、もし外れても元に戻せるので安心してください。ドアノブの取り付けは、以下のような手順でおこないましょう。

【1】ドアの側面から、ラッチをネジで取り付けます。

【2】ドアノブの土台になる台座を、ドアノブを取り付ける場所にあててネジで取り付けます。

【3】ドアノブ、レバーをネジで取り付けます。

ドアノブが動かなくなっちゃった……

ドアノブが動かなくなってしまった場合は、前に説明したラッチの部分をみてみましょう。ラッチは指で押すと簡単に引っ込めることができるため、ドアノブが動かなくてもラッチを押してドアを動かせば開閉することができるのです。

しかし、ドアノブを故障したままにしておくと、いつかそのドアを開けられなくなるかもしれません。もしドアノブの故障が玄関で起きたら、家の中が心配で外出もためらうことになるでしょう。そんなときは修理業者へ依頼して、早く直してもらったほうが安心できますね。

自分で直せない!業者に依頼するときのポイント

自分で直せない!業者に依頼するときのポイント

ここまでやってみて、自分では直せないと思った方は修理業者へお願いしましょう。ドアノブのことを知りつくしている業者へおまかせすれば安心ですね。では、修理や交換を業者にお願いするときには、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

状況を伝える

業者に修理や交換を依頼するときには、故障の状況を詳しく説明しましょう。ゆるみがどういった状態で、どのように自分で修理を試みたのか伝えると、業者もわかりやすくスムーズに修理をおこなえます。

業者を選ぶときの3つのポイント

・相見積りをとる
見積りをとるときは、インターネットなどを使って複数の修理業者からとりましょう。その際に注意して見なければいけないのは、出張料やキャンセル料の有無です。業者によってこれらの料金はさまざまですので、比較することをおすすめいたします。

また、費用について、業者のホームページでは最低金額を表示していることも多く、依頼した内容によっては追加料金がかかる場合も出てきます。料金面で納得するためにも、見積りをとるときには故障の状況について詳しく伝えておきましょう。

・保証の有無
修理や交換などの場合、保証期間があるのかも確認しておきましょう。直してもらったあとで、すぐに故障することもありえます。そのような場合も対応してくれる業者であれば、安心して修理を依頼することができます。

・対応が丁寧
電話口ですぐに料金を決めてしまう業者には注意が必要です。故障の状況や依頼者の希望をしっかりと確認したうえで、必要な作業内容や費用の内訳を丁寧に教えてくれる業者を選びましょう。

まとめ

今回は、ドアノブのゆるみの直し方についてご紹介いたしました。きちんと手順を踏めば、ドアノブは意外にも簡単に直すことができます。しかし、今回うまく直らなかったという方や、ちゃんと直せたのか心配な方は、業者へ修理をお願いしましょう。

ドアノブの交換目安は約10年といわれていますので、すこしでも不具合を感じている方は交換を考えることをおすすめします。常日頃から使うものだからこそ、快適に生活するために気にかけておく必要がありますね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<