最新情報・レポート

イモビライザー鍵の作成|合鍵作成は難しい!紛失したときの対処法

以前では高級車にのみ使用されていたイモビライザー鍵ですが、今では防犯対策に有効としてさまざまな車種に使われています。しかし、万が一紛失してしまったときには、簡単には車を動かすことができないおそれがあります。

防犯機能が搭載されているぶん構造が複雑であるため、合鍵を作ってもらおうにも作成が難しいからです。

そのため、出かけようとしたときに鍵がなかったり、出先でうっかり鍵をなくしてしまったりしたときには苦労することになってしまいます。

この記事では、イモビライザー鍵を紛失してしまったときの対処法などをご紹介しています。鍵作成にかかる費用相場も解説していますので、もしものときにお役立てください。

鍵のトラブルならおまかせください!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

イモビライザー鍵は作成できる!しかし…

イモビライザー鍵を紛失した場合でも、合鍵を作成することは可能です。しかし、防犯対策に有効なものとして設計されている鍵のため構造は複雑で、合鍵を作成することが難しい鍵となっています。業者の中にはイモビライザー鍵の作成は受け付けていないところもあるほどです。

さらに、仮に作成依頼を受け付けてくれる業者であったとしても、作成に手間がかかるぶん一般的にほかの鍵の合鍵作成と比べて費用が高額になってしまいます。

ここでは、イモビライザー鍵がなぜ防犯対策として有効なのか、イモビライザー機能を搭載している車の見分け方などをご紹介いたします。イモビライザー鍵の合鍵を作る際の費用についても触れていくので、ぜひ合鍵作成時の参考にしてください。

防犯対策に有効なイモビライザー鍵とは

防犯対策に有効なイモビライザー鍵とは

イモビライザー鍵とは、ICチップが組み込まれている鍵のことです。ICチップと車体にはそれぞれにIDコードが組み込まれています。ICチップに登録されているIDコードと、車体に登録されているIDコードが一致すると、エンジンがかかる仕組みになっています。

通常の鍵であれば、鍵を複製されてしまうと、その鍵を使って車のエンジンをかけることが可能です。しかし、イモビライザー鍵はIDコードが一致しなければエンジンをかけることができません。IDコードの複製は不可能といわれているため、車の防犯装置として有効とされています。

イモビライザー搭載車か確認しておこう

イモビライザー搭載車かどうかを確認するには、インジケータランプを確認します。メーターの回りやインジケータランプに、「鍵と車が一緒になったマーク」があれば、イモビライザー搭載車です。マークと一緒に「SECURITY」と記載されていることもあります。

マークが見当たらない場合は、ステッカーを確認しましょう。車の窓などに、「車に鍵が付いているマークが描かれたステッカー」が貼ってあれば、イモビライザー搭載車となります。

イモビライザーの合鍵作成にかかる費用は?

イモビライザーの合鍵作成にかかる費用は、状況やどこで作成するかによって金額が変わります。

スペアキーの作成であれば、10,000円~15,000円ほどが相場となります。紛失などにより1本もない状態から作成する場合は、30,000円以上かかってしまうこともあります。

車のメーカーや車種・年式などによっても金額は異なり、高い場合であれば10万円ほどになってしまうこともあるほどです。さらに、ディーラーで作成するのか、鍵業者で作成するのかによっても金額は変動します。

そのため、作成する際はまず、ディーラーやいくつかの鍵業者に見積りを依頼するとよいでしょう。

弊社に加盟している多くの鍵業者は、基本的に無料でお見積りをしております。見積り後にキャンセルいただいても費用はかかりません。まずは一度、お気軽にお問合せください。

鍵のトラブルならおまかせください!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

イモビライザー鍵を紛失!どこに連絡すればいいの?

イモビライザー鍵が紛失してしまったとき、とても焦ってしまうものです。まずは落ち着いて、紛失してしまったと考えられる場所を思い出してみましょう。それでも見つからない場合は警察に届け出をしたり、新しい鍵を作成したりしなければなりません。

ここではイモビライザー鍵を紛失した際に、どこへ連絡すればよいのかについて、ご紹介いたします。

まずは警察に紛失届を提出しましょう

まずは警察に紛失届を提出しましょう

外出先で所有物を紛失してしまった場合、そのことを警察へ届け出る書類を紛失届といいます。鍵を紛失してしまったら、まずは最寄りの警察署へ足を運んで紛失届を提出しましょう。

紛失届を提出しておけば、もし誰かが紛失してしまったイモビライザー鍵を拾って警察まで届けてくれたときに、警察から連絡がきます。

警察で届け出をする際は、メーカーや車種、車のナンバーなどは必ず伝えておきましょう。ほかにも、鍵を付けていたキーケースやキーリングなど、自分の鍵だと特定できる何かしらの特徴となるものがあれば伝えておくとよいでしょう。

【依頼先1】ディーラー

警察に届け出を出しても鍵が見つからないときは、鍵の作成をしなければなりません。ディーラーに依頼をすれば、確実に鍵を作成してもらうことが可能です。

また、紛失してしまった鍵を悪用されることがないように、鍵部分だけではなくIDコードにかかわるパーツをすべて交換することも可能となります。

しかし、作成するまでには時間がかかってしまいます。鍵の種類によっては数週間かかってしまうこともあるほどです。作成を依頼しても、すぐに鍵をもらうことができないため、日常的に車を使用している場合は注意しましょう。

【依頼先2】ロードサービス

車の中に鍵を閉じ込めたままドアを閉めてしまったときなど、鍵を開けるだけでトラブルが解決するのであれば、ロードサービスに依頼するとよいでしょう。ロードサービスによっては作業を無料でおこなってくれることもあります。

しかし、ロードサービスは鍵開けをおこなってはくれますが、鍵を作成することはできません。また、場所や時間によっては費用がかかることもあります。

連絡をしてから到着するまで時間がかかることもあるため、依頼する前にどれくらいで到着するのか、作業にどれくらいの時間がかかるのかなど確認するとよいでしょう。

【依頼先3】鍵業者

鍵の専門業者に依頼して鍵を作成してもらうこともできます。鍵の専門業者なら、早ければその日のうちに作成してもらうことも可能です。毎日車を運転するため、鍵がすぐに必要という方は、鍵の専門業者に依頼するとよいでしょう。

しかし、業者によっては対応していない種類の鍵もあります。鍵の種類や形、イモビライザーの有無などを伝え、対応可能かどうか確認をしましょう。

ディーラーへ頼むか鍵業者へ頼むかは、そのときの状況によって判断するのが賢明です。時間がかかってでも純正のイモビライザー鍵を作成してほしいときはディーラーに、急いでいるときには鍵業者へ依頼するとよいでしょう。

弊社では急なトラブルでも対応できるように24時間お電話を受け付けております。無料見積りはもちろん、ご依頼前のご質問も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

鍵のトラブルならおまかせください!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

突然の鍵トラブル、鍵業者へ依頼するときに知っておきたいこと

突然鍵のトラブルが起きてしまったとき、「すぐに何とかしてほしい」「車を早く使いたい」というときは、鍵の専門業者へ依頼するとよいでしょう。ここでは、鍵業者へ依頼するときに知っておきたいことについてまとめてみました。

連絡するときは、6つのことを伝えよう

連絡するときは、6つのことを伝えよう

鍵業者へ依頼するとき、以下の6つのことを伝えるとスムーズに対応してもらえます。

・メーカー、車種
どこのメーカーの、どの車種かを伝えます。

・年式
年式は車検証などから確認することができます。車の中に車検証があるけれど、年式についてわからないという場合は、わかる範囲で伝えるようにしましょう。

・グレード
同じメーカーや車種だとしても、グレードが違うと内装や装備が変わることがあります。こちらもわかる範囲で伝えておきましょう。

・現在の状態
インロックしてしまった、鍵をなくしてしまったなど、現在の状態を伝えます。

・鍵の種類
鍵のトラブルが起きた際、使用している鍵のタイプがどのようなものなのかも伝えなければなりません。作業内容や見積り金額などにもかかわってくる非常に重要なことです。

鍵にはイモビライザー鍵のほか、リモコンキーやスマートキーなどがあります。自分が何を使用しているのか的確に伝えられないときは、いつも車をどう使っていたのかできるだけ詳しく伝えましょう。

業者であれば、ドアの開閉の仕方やエンジンの付け方などから、鍵の種類を割り出すことも可能です。

・車の場所
自宅の駐車場ではなく、外出中の場合は停車位置も伝えましょう。住所や、どこかの駐車場なのか路上なのかなど、状況を把握しておくと業者もスムーズに対応できます。

鍵開けを依頼したときの費用は?

鍵開けを業者に依頼したときの相場は8,000円~10,000円となります。合鍵作成のときと同様に、車のメーカーや車種・年式などによっても異なってきます。鍵業者によっても金額が異なるため、いくつかの鍵業者で見積りを依頼するとよいでしょう。

イモビライザー鍵ならではのトラブルとは

鍵を紛失してしまうといったトラブルは、イモビライザー鍵以外のタイプであっても起きることです。イモビライザー鍵には、イモビライザー鍵だからこそのトラブルがあるのです。ここでは、そうしたイモビライザー鍵ならではのトラブルをご紹介いたします。

・電池切れ
イモビライザー鍵は未使用のときでも電池を消耗してしまいます。そのため、予想以上に電池が早く消耗してしまうことがあり、突然電池切れになってしまった、ということも少なくありません。

また、テレビやスマートフォンなどの、強い電波を出すものの近くで保管していると、電磁波を浴びて電池の消耗が早くなってしまいます。

電池が切れてしまった場合でも、内蔵されている鍵でドアを開け、イモビライザー鍵をエンジンキーの近くに押し当てることでIDが照合されてエンジンをかけることができます。

電池交換はディーラーや鍵業者でもおこなえますが、ドライバーなどを使用してフタを開けることにより、自分でも交換をすることができます。

・内部のICチップの不良(イモビライザーチップ)
内蔵しているICチップの故障も考えられます。そういった場合はICチップのみを交換するか、鍵を新しく作成する必要があります。作業や車種によって費用が異なるため、依頼する前に見積りを依頼するとよいでしょう。

弊社では24時間365日お電話を受け付けております。イモビライザー鍵だけでなく、さまざまな鍵のトラブルにも対応しております。鍵でお困りの際はぜひ一度ご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<