最新情報・レポート

カード式鍵(カードキー)|利点と欠点・使用時の注意点を徹底解説

【カード式の鍵】種類と使用するメリットデメリット

    

カードキーは従来の鍵穴に差し込むような鍵とは違い、カードを使って施錠と解錠をおこなう鍵です。従来の鍵と比べて施錠も簡単にできるなどのメリットも多いカードキーですが、使用するうえでデメリットについても気になると思います。この記事ではカードキーの種類と使用するメリットとデメリットを解説していきます。

カードキーは2種類

カード式鍵(カードキー)|利点と欠点・使用時の注意点を徹底解説

カードキーには、カード式とタッチ式の2種類があります。この章ではそれぞれの特徴や使い方について、解説していきます。カードキーを取り入れる際の参考にしてみてください。

・カード式
カード式はカードキーを差し込み口に入れてドアを解錠するタイプのカードキーです。カード式の使い方は差し込み口にカードを入れて、ドアノブをひねることで解錠をおこないます。

カードキーを利用するメリットとして挙げられるのが、スピーディーに解錠をおこなえることです。カギの解錠にてこずっていると、押し込み強盗などに襲われるような危険な場合もあります。こういった犯罪も、カードキーを導入することで防ぐことができるのです。

・タッチ式
タッチ式は、鍵を持っている状態でボタンに手をかざすだけで解錠ができるものです。タッチ式の使い方はまずドアについているボタンをタッチして、その後センサーにカードキーをかざして解錠します。

主婦の方は買い物の後の帰宅時には多くの荷物を抱えていることが多いと思います。そんなときもタッチキー式の鍵であれば、カバンやポケットから鍵を取り出す必要がないので便利です。

カードキーのメリット

カードキーのメリットとしては、ピッキングの危険を避けることができることや、鍵のコピー作成の予防ができることなどが挙げられます。ほかにもさまざまなメリットがあるので、以下で確認してみましょう。

施錠・解錠がラク

タッチ式のカードキーは鍵をかざすだけで施錠と解錠をおこなうことができるので、従来の鍵に比べて施錠と解錠がスムーズにおこなうことができます。また種類によってはオートロックの設定にすることもできるので、鍵を閉め忘れる心配が少なくなります。

財布に収納できる

カードキーはサイズがコンパクトなため、財布やパスケースに収納して持ち運ぶことができます。従来の鍵よりもコンパクトかつ軽量なので、カバンの中でかさばる心配もありません。しかし小さいあまりに紛失してしまわないよう、取り扱いには注意が必要です。

防犯性が高い

カードキーを利用するメリットとして、防犯性の高さも挙げられるでしょう。カードキーの解錠と施錠は、カードに埋め込まれた磁気情報を読み込んでおこないます。従来の鍵のようにピッキングすることができないので、空き巣による被害を防ぐことができます。

またカードキーは、カード本体がないと複製することが難しいので、複製による被害を防ぐことができます。

1枚で複数の鍵に対応

カードキーは1枚のカードで、複数の鍵の施錠と解錠に使用できることがあります。家の近くに離れの建物や別荘を持っている人は鍵を複数、管理しなくてはいけません。しかし、カードキーを使用すれば、そうした鍵の管理の手間を減らすことができるでしょう。

紛失しても再登録が可能

カードキーは紛失した場合でも、再登録することができます。その際に独断で交換をおこなうのではなく、大家さんもしくは住宅メーカーや鍵の取り付けをおこなった業者に連絡するようにしましょう。カードを紛失した場合には、鍵を開けて侵入されてしまう危険性が非常に高いです。なるべく早めに対処することをオススメします。

カードキーのデメリット

カードキーにはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。納得してカードキーを利用するためにも、いいことばかりに目を向けていてはいけません。この章ではカードキーのデメリットについて解説していきますので、参考にしてみてください。

破損しやすい

カードキーには、破損しやすいというデメリットがあります。カードは非常に薄く、変形しやすい素材を使っていることが多いです。そのため折れ曲がりや割れなどが起きやすいので、なるべく丁寧に扱いましょう。

またバーコードが印字されたカードキーの場合は、字が汚れたり、かすれたりするとバーコードを読み込めなくなることがあります。このように不具合が起きた場合には大家さんもしくは住宅メーカーや鍵の取り付けをおこなった業者に連絡し、カードキーを修理もしくは再発行してもらうようにしましょう。

電池交換が必要

玄関に使用するカードキーには、電池式タイプのものが存在します。だいたいの電池寿命は1年ほどだそうです。電池式タイプのカードキーの場合、この電池を交換するのに手間がかかってしまうデメリットがあります。また電池残量にも気を配る必要があります。

年齢層によっては解錠がむずかしい

タッチだけで施錠と解錠をおこなえるカードキーは、非常に便利です。しかし従来の鍵と鍵穴に慣れ親しんでいる高齢の方にとっては、扱いが少し難しいかもしれません。ご家庭でカードキーを導入する際には、よく話し合ってから決めるといいでしょう。

ペースメーカーに影響をきたすおそれ

ペースメーカーを使用している方がいるご家庭の場合、カードキーの導入には十分考慮をしましょう。カードキーが発する電波がペースメーカーの誤作動の原因になる場合があるので、センサーの15cm以内には近づかないといった注意が必要です。

鍵を室内に忘れる

カードキーにはオートロック機能が付いていて非常に便利ですが、鍵を家の中に置いていくと鍵が自動的に閉まって、中に入ることができなくなってしまいます。こうしたケースの対策として、スマートフォンを鍵として登録しておくこともできます。

カードキー以外の電子錠

電子錠にはカードキー以外にもいくつかのタイプがあります。それぞれの電子錠の仕組みや、使用時の注意点を確認していきましょう。

・ICカードやタッチキー
Suica、PASMO、EdyなどのICカードにカードキーの機能を登録し、カードキーとして利用することができます。タッチキーとは、鍵を持っている状態であれば、ボタンをタッチするだけで解錠できるタイプの電子錠です。

・暗証番号や指紋認証できるタイプ
暗証番号や指紋認証で解錠と施錠ができるタイプです。このタイプの電子錠は鍵を持つ必要がないので、紛失の心配がありません。ただし暗証番号を利用する場合は他者に番号を知られると危険なので、なるべく人に解読できない番号にしましょう。

・自動で施錠・解錠できるタイプ
鍵がなくても施錠・解錠ができるタイプのものです。スマートフォンを利用して解錠と施錠ができるので、鍵を持つ必要がありません。スマホを紛失した場合でもIDとパスワードがあれば、ほかの端末からも施錠・解錠をおこなうことができます。

カードキーについて詳しく知りたい!そんなときはプロへ相談 

このようにカードキーを導入するには、注意すべきことがいくつかあります。実際に導入するにあたって、詳細を知ってから決めたい人もいるでしょう。そんなとき、ぜひ弊社のカギ110番に連絡してみてください。どんな些細なご相談でも承ります。

カードキーのトラブルと停電時の対処法

カードキーは利用状況によっては、トラブルを起こす場合があります。トラブルの原因にはさまざまことが挙げられます。この章では主なトラブルについて解説してきますので、是非参考にしてみください。

カードキーが反応しない原因

カード式鍵(カードキー)|利点と欠点・使用時の注意点を徹底解説

・電池不足
電気錠には電池を使っているものがあります。電池式の利点として、停電時でもカードキーを通常通りに動作することができます。しかしこの電池式ですが、電池切れすると通常通りに動作しないので、注意が必要です。

・カード本体にできた傷や汚れ
カードキーが汚れている場合、センサーがカードの情報を読み込めないことがあります。また印字されている文字がかすれて消えかかっている場合にも注意が必要です。予防のためには、カードキーをこまめにチェックし掃除してあげることが大事といえます。

・磁気不良
カードキーが反応しない理由として一番多いのは、磁気不良です。磁気自体は目に見えないので、実際使用するときにトラブルに気づく例がほとんどです。ほかの磁気を発しているカードに影響され磁気が弱くなってしまうことが磁気不良の原因です。

停電時はカードキーが開かない?

万が一停電が起きると、電気錠は通常通りに動作しなくなってしまいます。自動的に施錠もしくは解錠され、その状態のまま停止します。このように停電でドアが完全に閉まった場合は、非常用の鍵を使って開けることができます。

シリンダー錠からカードキーに交換は可能?

カードキーを導入しようか検討中の場合、通常のシリンダー錠からカードキーに交換できるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。シリンダー錠からカードキーに交換することは可能ですが、取り付けは電気工事でおこないます。そのため、カードキーの取り付けは電気工事資格を持った業者に頼むことが必要です。

カードキーで不具合を生じたら業者に相談しよう

カードキーが不具合をおこした場合、1人での対処はおすすめしません。電気系統についての知識が無い状態での作業は、カードキーの状況をより悪化させることにもなりかねません。カードキーのトラブルの際はカギ110番に是非、相談してみてください。経験豊富なスタッフが適切な対応してくれます。

鍵の種類選びに困ったら鍵業者に相談してみよう!

鍵を新しいものに交換する際、どの種類にしたらいいのか疑問に思う人もいると思います。そのようなときは、業者に鍵の選び方を相談するのがおすすめです。しかし実際どのようなメリットがあるのかを理解していないと、業者に依頼する気もなかなか起こらないと思います。この章では、鍵の選び方を業者に相談するメリットについて、具体的に解説していきます。

弊社が紹介する業者がおすすめなワケ

カード式鍵(カードキー)|利点と欠点・使用時の注意点を徹底解説

鍵交換を請け負っている業者は多くあり、その中でから優れた業者を選定するのはなかなか難しいことです。業者選択に迷った場合は、弊社が紹介する業者の利用をおすすめします。弊社がおすすめなワケを具体的に解説していきますので、是非参考にして検討してみてください。

いつでも迅速に対応

業者を選定する上でポイントになるのが、迅速な対応力です。カードキーのトラブルはいつ起きるかは分からないので、素早い対応が可能かどうかは大切なポイントとなるのです。弊社が紹介する企業は24時間対応しているので、お電話での受付後、迅速に近郊の加盟店からスタッフを派遣します。

低価格かつ追加料金無し

業者に頼む上で、気になるのは作業の費用ですよね。追加料金などで、高くなってしまうのは不安だと思います。弊社が紹介する業者は低料金で追加料金も無いので、安心してご利用してみてください。

電話で無料相談が可能

実際に、依頼をする前にまず電話相談をしたい人も多いでしょう。電話相談も料金に含まれてしまっていると、落ち着いて相談することもできないと思います。その点弊社は無料で電話相談をおこなっているので、気軽に相談してみてください。

対応種類が豊富

カードキーのトラブルはさまざまです。なので実際にトラブルが起きた際には、高い技術力で対処して欲しいですよね。弊社が紹介する業者は、経験豊富なスタッフが在籍していますので安心してお任せください。

全国に加盟店を構えている

弊社は全国にある加盟をご紹介できるため、どの地域でもサービスが可能です。トラブルが起こった際も、ご自宅から一番近い加盟店が迅速に対応いたします。

無料見積りができる

業者に依頼する場合は、料金の見積り は必ずしておきたいものです。業者によっては、見積りの段階で料金がかかる場合があります。その点弊社では無料で見積りをおこなっているので、安心してご相談ください。

業者に依頼したときの費用相場

業者にカギ交換を依頼した場合の費用は、8,000円~10,000円くらいが相場です。これに部品代や追加料金が加わると、更に高くなることもあります。

しかし特殊な種類の鍵穴に交換する場合は、料金が異なるので注意が必要です。ディスクシリンダーキー、ディンプルキー、カードキー、引き戸の鍵、その他特殊な鍵の場合など、鍵の種類ごとに費用も変わってきます。一度、電話相談で料金を確認してみてください。

まずは相談、見積りをしよう

このように料金はさまざまです。実際に悩んでいる場合にはとりあえず、無料電話を使って見積りや状況について相談してみください。状況によっては簡単にトラブルが解決する場合もあります。お電話をしていただければ、近郊のスタッフが迅速に対応します。是非気軽にご利用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<