最新情報・レポート

ドアガードだけで防犯対策はできない?効果を高める方法を解説

ドアガードで防犯対策は本当に有効?

意外かもしれませんが、U字ロックやチェーンといったドアガードは元々防犯対策のために作られたものではありません。ドアガードを防犯目的で使用している方もいらっしゃるでしょうが、ドアガードだけに頼るのは危険なのでやめてくださいね。

そこでここでは、ドアガード以外にもおこなえる手軽な防犯対策をご紹介していきます。まずはご自分でも簡単にできる対策からみていきましょう。

ドアガードは本来、防犯用ではない

合鍵を作成するときの注意点

ドアガードは、訪問販売のセールスマン対策として作られています。そのため、防犯対策としての効果は薄く、手慣れた泥棒なら簡単にドアガードを突破してしまいます。

現在はあまり見かけませんが、以前はお客さんがドアを閉めようとすると足を突っこんで無理やり玄関先にあがるようなセールスマンもいました。ドアガードは元々、このような強引なセールスマンが自宅にあがりこむのを防ぐために作られたものなのです。

【防犯対策1】在宅中は鍵を閉める

以上のように、ドアガードだけで防犯対策をするのは非常に危険です。とくに、通気のためにドアガードをして玄関のドアを開けっぱなしにしておくのはやめましょう。在宅中でも油断せず、玄関や窓の鍵もきちんと閉めておきましょう。

【防犯対策2】鍵を増やして対策強化

鍵は、ドアガードよりは頼りになる防犯対策です。しかし、鍵もピッキングされてしまうことがあるので、より防犯性能を高めたいのならドアや窓に鍵を増設することも検討してはいかがでしょうか。

簡易的な補助錠をご自分で取り付けるだけでも防犯効果は上がるでしょう。鍵の数が増えるとピッキングにかかる時間も増えるためです。

賃貸物件では"補助錠"がおすすめ

賃貸住宅で鍵を交換したり新たに取り付けたりするためには、大家さんの許可が必要になることが多いです。そのため、賃貸住宅の場合はドアにはさんで使える補助錠を使用するのがとくにおすすめです。

ドアにはさむタイプの補助錠なら、ドアに穴をあけるなどの大掛かりな工事は必要ありません。このような手軽に取り付けられるアイテムも利用しながら、上手に防犯対策をしていきましょう。

鍵の交換や取り付けはプロにお任せ!

ここまでご自分で簡単におこなえる防犯対策をご紹介してきましたが、より効果的な防犯対策をしたい方は鍵のプロに相談してみましょう。玄関の鍵をより防犯性能の高いものに交換したり鍵を増やしたりすれば、さらに高い防犯効果が望めます。

“カギ110番”では、お客様のご都合にあわせて、深夜や早朝、休日祝日にも作業いたします。もちろん、まだ依頼するかわからない状態でも大丈夫です。ご相談やお見積りだけでも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

他にもある玄関の防犯対策4選

ここからは、先ほどご紹介した防犯対策に加え、さらに4つの対策をご紹介していきます。ここまでご紹介してきた防犯対策は手軽さが魅力ですが、少し頼りない印象をお持ちの方も多いでしょう。そこで、ホームセンターやインターネットで手に入る防犯グッズを使うものを中心とした、先ほどよりも少し本格的な防犯対策についてもお伝えしていきます。

【対策1】サムターンカバーを取り付ける

連絡前にやっておくべきこと

ドアの内側にある、鍵を回すときに触れるつまみ(サムターン)は、特殊な工具を使うことで外から開けることができてしまいます。このような“サムターン回し”の対策としては、サムターンカバーを使用するのがおすすめです。

【対策2】シリンダーを交換する

鍵とシリンダーをピッキングに強いタイプに交換することも防犯対策になります。通常の上下にギザギザした鍵より、鍵の表面にくぼみが無数にあるディンプルキーなどのほうが複雑な作りになっていてピッキングが難しいのです。

ディンプルキーなどの防犯性能が高い鍵がすでに使われている建物も多いですが、一度ご自宅の鍵を確認してみましょう。「鍵を確認したけれど、防犯性能が高いのか低いのかよくわからない」……そんなときは、鍵のプロに相談してみてくださいね。

【対策3】ドアにガードプレートを取り付ける

鍵をピッキングされにくくしても、ドアと壁の隙間にバールなどの工具を差し込んで、力ずくで開けて侵入されてしまうことがあります。ドアのこじ開けを防ぐためには、ドアと壁の隙間をなくすガードプレートを取り付けることが効果的です。

【対策4】ドアスコープにカバーをつける

通常は室内から外の様子を見るために使われるドアスコープですが、じつは外から中の様子をのぞくこともできてしまいます。のぞき見防止にはドアスコープカバーをつけましょう。

防犯対策に有効な鍵の交換はプロにご相談ください

鍵の交換や取り付けはもちろん、「どのような鍵がよいのかわからない」など、鍵や防犯についてのお悩みがありましたらお気軽に“カギ110番”までご相談ください。ご相談は24時間365日、いつでも承っております。

お客様のご要望に適した鍵の提案から、スムーズな取り付けまで、ぜひ私たち“カギ110番”にお任せください。

空き巣犯から守るためにはプロに頼ることもひとつの手段

ご自分でできる範囲の防犯対策をおこなっていただくことももちろん大切ですが、より安心してご自宅で過ごすためには必要に応じてプロの力も借りましょう。

空き巣による被害は金品だけではありません。精神的にもショックを受けますし、ときには命まで危険にさらされてしまうこともあります。ぜひ、プロによる本格的な防犯対策も検討してみてくださいね。

侵入されやすい家とは

内溝キー(車のキー)を車の中に入れたままにしてしまった!

空き巣にねらわれやすいのは、侵入が簡単で、なおかつ外から中が見えにくい家です。一軒家であれば高い塀や生垣のある家、マンションであれば管理人がいない場合や、窓やベランダに目隠しがある場合などです。

また、1階の窓や玄関だけでなく、浴室などの高い位置にある窓や、2階、3階からも侵入されてしまうことがあります。それ以上の高層階でも、電柱や木を伝ったり、屋上からパイプなどを伝ったりして侵入されてしまうことがあります。

空き巣被害は心が大きく傷つく

空き巣や居空き(いあき:住人の在宅時に侵入するもの)は、残念ながら発生件数の多い身近な犯罪です。もし空き巣・居空き犯に鉢合わせたら、金品の被害だけでなく命が危険にさらされることもあり、非常に危険です。

そして、大切な思い出の品を盗まれたりしてはショックも大きいでしょうし、「自分がもっとちゃんとしていれば」と何年も後悔してしまうかもしれません。再び空き巣に入られるのではとおびえ続けることもあります。

また、近年の空き巣の手口はじつに巧妙です。家を荒らさず、隠しておいたへそくりや犯行が発覚しにくい宝石などの品をねらう犯人もいて、空き巣に入られたことに気づくのが遅れるケースもあります。

空き巣・居空き犯に金品を盗まれたり、心身を傷つけられたりしてしまう前に、侵入されないようきちんと防犯対策をおこなうことが大切ですね。

【空き巣対策】業者に依頼すると費用はいくら?

空き巣対策を業者に依頼する場合の費用相場は以下の通りです。

鍵交換:10,000円~20,000円ほど

防犯性の高い鍵に交換することを想定した費用相場です。防犯性能の高い鍵は、先ほどご紹介したディンプルキーのほかにもさまざまな種類があります。どの鍵を選ぶかによっても費用は変動します。

鍵の増設:5,000円~30,000円ほど

こちらは、一般的な鍵を増設する場合と防犯性に優れた鍵を増設する場合も含めた費用相場なので、かなり差が出ています。より正確な費用を知るために、まずはどのような鍵を取り付けたいか決めましょう。

ガードプレート取り付け:5,000円~10,000円ほど

ガードプレートはご自分で用意して取り付けることも可能ですが、業者に依頼すると材料・作業費をあわせて数千円ほどでおさまるようです。

信頼できる業者とは

大切な鍵について依頼するのなら安いだけではなく、信頼できる業者を選びたいですよね。業者選びの際は、以下のポイントに気をつけてみてください。

見積りに不自然な点がない

見積りがわかりやすい、もしくはわからない点を質問したら丁寧に答えてくれる業者を選びましょう。たとえば「○○一式:△△円」というざっくりとした記載では、どんな作業にどれくらいの費用がかかっているのかわかりにくいですよね。依頼前にきちんと内訳を確認しましょう。

作業実績が豊富

作業実績が豊富ということは、多くの人に選ばれ、信頼を勝ち取っているということです。

基本的な対応がしっかりしている

電話応対やスタッフの対応が丁寧だと、「きちんとスタッフ教育が行き届いているのだな」と安心して依頼することができますね。

すぐに対応してくれる

お客様の立場にたって、できるだけスピーディーに作業にきてくれる、もしくはお客様の都合のよい日にあわせて作業にきてくれると、ストレスなく依頼することができます。

皆様の大切な財産や命を守るための防犯対策は、ぜひ“カギ110番”にお任せください。“カギ110番”が信頼できる業者かどうか、まずは無料相談・お見積りを利用して確かめてみてください!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
<