最新情報・レポート

鍵の取り付け|部屋や玄関のドアに鍵をカンタンに取り付ける方法

目的別!鍵をカンタンに取り付ける方法

「勝手に自室に入られたくない!」など部屋に鍵がない場合、後からカンタンに鍵取り付けできればうれしいですよね。また、玄関の鍵が1つしかないなど防犯性を高めたい場合、2つ以上鍵を取り付けることで、空き巣の被害に遭うリスクを低くすることもできるのです。

鍵を後付けしたい場合におすすめなのが「補助錠」です。補助錠といっても、種類がたくさんあるので、目的と用途によってどれを選ぶのかが重要になってきます。たとえば、室内から施錠したい場合は、室内用の補助錠でなければいけません。

また、部屋のドアが内開きか外開きかによっても対応できる鍵の種類が異なってきます。

鍵には、簡易的なものから防犯性が高いものまでさまざまあります。それでは、室内と玄関にオススメの補助錠をご紹介していきましょう。

部屋のドアに鍵を取り付ける方法

部屋のドアに鍵を取り付ける方法

まずは、部屋に取り付ける補助錠の取り付け方法をご紹介していきます。ここでは、「補助錠を取り付ける方法」と「鍵付きドアノブに交換する方法」をご紹介していきます。

1.簡易的な補助錠を取り付ける

誰でもカンタンに取り付けできる補助錠を3つご紹介します。

  • ・ドア枠取付タイプ
  • ・ドアの側面ひっかけタイプ
  • ・粘着テープ取付タイプ

これらは、ホームセンターやインターネットで手に入れることができます。取り付け方法もカンタンです。たとえば、ドア枠取付タイプは、締め付けネジを回して緩め、ドア枠に固定して取り付けるだけ。

補助錠本体とドアの間に隙間が空く場合は、スペーサーを数枚挟むことで埋めることができます。隙間が空かないようにするには、ドアの厚みを事前に測っておくことがポイントです。

ドア側面ひっかけタイプは、ドアの側面にある凹み部分にひっかけて取り付けします。粘着テープ取付タイプは、その名のとおり、付属の粘着テープで貼って取り付けるだけと、誰でも簡単に取り付けすることが可能です。

3つのタイプの補助錠をご紹介しましたが、商品によって取り付け方法が異なります。補助錠を取り付ける際は、同封されている説明書やパッケージに記載されている方法に従ってください。

また、内開きドア・外開きドアでは取り付けできる商品が変わってくるので、購入する際はしっかりと確認するようにしましょう。

2.鍵付きのドアノブに交換する

鍵付きドアノブなら、簡易錠よりもしっかりとした鍵の取り付けができます。設置方法も、古いドアノブをドライバーで外し、同じサイズの新しい鍵付きドアノブを取り付けるだけとカンタンです。

賃貸にお住まいの方でも、いつでも元の状態に戻すことができるので、使い勝手がよいといえます。

注意点は、新しくする鍵付きドアノブのサイズを事前に調べておくことです。サイズが違うと、うまく取り付けすることができません。古いドアノブのメーカーがわかれば、同じ型番の新しい鍵付きドアノブを購入しましょう。

もしわからない場合は、自分でドアノブのサイズを測らなくてはなりません。ドアノブ寸法の測り方は次のとおりです。

  1. ドアの厚さを測る
  2. ドアノブの中心からドアの端の長さを測る
  3. ドアの側面に設置されている金具の長さを測る
  4. 金具を固定している上下のネジの長さを測る

普段からDIYに慣れていない方にとっては、自分でドアノブの寸法測りから取り付けまでできるか心配な方もいらっしゃるでしょう。身近にこういった作業が得意な方もいないという場合は、鍵のプロに取り付けてもらうという方法もあります。

快適な生活を今すぐに手に入れたい!という方は、鍵のプロに相談してみましょう。

玄関のドアに鍵を取り付ける方法

ここからは、玄関ドアに鍵を取り付ける方法を2つご紹介します。玄関に錠を取り付けることで、ピッキング被害に遭う確率が低くなるというメリットもあります。

1.簡易的な補助錠を取り付ける 

まずは、玄関に簡易的な補助錠を取り付けるという方法があります。部屋に取り付ける簡易錠と同じく、こちらも数種類ありますので、いくつかご紹介します。

  • ダイヤル式補助錠
  • ディンプルキータイプの補助錠
  • ドアノブを覆うタイプの補助錠
  • 鍵穴挿入タイプの補助錠
  • リモコン式補助錠
  • 暗証番号タイプの補助錠

これらは部屋に取り付ける補助錠よりも防犯性が高く、高機能な補助錠となっています。一軒家では、窓からの空き巣被害が多いですが、じつはマンションでは玄関からの侵入も多いことをご存知でしょうか。

玄関の鍵に不安があるという方は、防犯力の高い簡易錠を設置して防犯性を高めましょう。

2.工事を依頼して補助錠・錠前を取り付ける

自分で補助錠を取り付ける方法もありますが、取り付け方法が案外難しいタイプのものもあります。たとえば、鍵穴を増やす場合は工事が必要です。賃貸にお住まいの方は、まずは管理会社に相談するようにしましょう。

サポートサービスが整っていれば、管理会社と提携している鍵取り付け業者があらかじめ決まっている場合があるからです。

そのほかの補助錠についても、自分での取り付けが不安なときは、業者に依頼した方が早くて安心できます。次の章で、自分で錠前ごと交換する方法をご紹介しますが、そもそもそこまでは自分でやろうとは思わないと感じている人は、業者に依頼することをおすすめします。

鍵の種類選び・取り付けに困ったら……

どんな種類の鍵が一番いいのかわからない場合は、プロの意見を聞いて取り付けを依頼することも可能です。プロなら鍵に関して幅広い知識を持つため、人気の高い鍵から最新の鍵状況まで精通しています。

高性能の鍵の取り付けともなると、専門的なスキルも必要となるので、業者なら安心して任せることができますよ。

【本格派】自分で錠前を取り付ける方法

次は、自分で鍵前を取り付ける方法をご紹介します。鍵前の取り付けは簡易錠とは違い、本格的な作業となります。取り付け作業が少し複雑になる点を頭に入れておいてくださいね。

鍵を取り付けるときの注意点

鍵を取り付けるときの注意点

賃貸の場合、鍵前ごと取り付けるには事前に大家さんや管理会社へ許可をとるようにしましょう。また、鍵前を取り付けるには工事が必要となる場合があります。

近隣の方には、事前に工事を行うことを伝え、迷惑とならない時間帯を選ぶようにしてください。

自分で錠前を取り付ける方法

鍵前を取り付ける前の確認や準備が整ったら、自分で鍵前を取り付けてみましょう。基本的な鍵前の取り付け方は以下のとおりです。ここでは、円筒状(主に室内・トイレなどで使用)についてご紹介します。

<1>小さいドライバーやキリを使い、内側のドアノブをはずす

<2>マイナスドライバーを丸座側面の切込み部分に差し込んではずす
※このときドア部や丸座にキズがつくおそれがあります

<3>丸座をはずすと丸座の裏金がビスで固定されているので、ドライバーを使ってはずす
※ビスをはずすとドアノブ全体がとれます

<4>フロント版のビスをはずす
※ラッチがとれます

<5>新しい鍵前を用意する
※セットされた状態で販売されているので分解してください

<6>先ほどと逆の手順で、フロント版から取り付け、ドアノブを外側から取り付ける

<7>最後に、内側のドアノブを取り付けて完了
※ドアノブの穴と丸座についている出っ張り部分の溝がうまくかみ合うことがポイント

以上、円筒状の鍵前の取り付け方法をご紹介しました。円筒状以外にも、玄関や勝手口に使用されるインテグラル錠など、鍵前には数種類あります。

円筒状なら、作業はまだカンタンですが、それ以外のタイプは複雑な構造をしているものもあります。

作業に慣れていない場合は、途中でわけのわからない状態にもなりかねません。心配な方は、業者に無料見積りをとってもらい予算内に収まるようであれば、鍵の取り付けを依頼することをおすすめします。

鍵の取り付けは自分と業者どちらがよい?

自分でできる鍵前の取り付け方法をご紹介しましたが、鍵前のタイプによっては作業工程が複雑なものもあります。では、鍵の取り付けを業者に依頼するとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット ・施工の仕上がりがきれい
・早ければ15分ほどで作業が完了する
・合鍵作成を依頼できる
・イメージを伝えれば要望に近い鍵を選定してくれる
・防犯面の相談ができる
デメリット ・費用がかかる

以上のように、鍵の取り付けを業者に依頼すると費用がかかります。しかし、メリットの多さからも料金を支払うだけの付加価値があるといえます。鍵は膨大な種類があるので、プロの目からオススメの鍵を選んでもらえると、心強いのではないでしょうか。

鍵の取り付けを依頼したときの費用相場

そうはいっても、やはり鍵の取り付けを業者に依頼するときに気になるのが、「費用面」ですよね。一体、どのくらいの費用がかかるのかみていきましょう。

鍵の取り付けにかかる費用相場

鍵の取り付けにかかる費用相場
シリンダー取り付け 約4,000~20,000円
開きドア鍵前取り付け 約7,000~20,000円
※引き戸鍵前取り付け 約7,000~20,000円

※引き戸鍵前……引き戸にサムターン(つまみ)がついているタイプや、引き違い戸(戸とレールがそれぞれ2つあるタイプ)があります。

こちらは、おおよその鍵の取り付け費用です。シリンダーの種類には、プッシュブル錠(ハンドルの押し引きで開閉するタイプ)などさまざまな種類があり、取り付け作業に時間を要するほど費用も高くなります。

鍵穴の部分だけでなく鍵前一式の交換が必要となる場合は、費用が高くつくようです。

また、ノーマルキーよりも防犯性の高いディンプルキー(鍵の表面に複数の異なる大きさのくぼみがある)のほうが取り付け費用は高くなります。(ディンプルキー取り付け:約20,000~25,000円)

鍵の取り付けには上記に加えて、部品費や出張費(2,000円~)が上乗せされることも覚えておきましょう。

費用を安くするためのコツ

では、どうすれば費用を安く押さえることができるのでしょうか。大切なのは、複数の業者に「相見積」をとることです。いつくか見積りをとれば、自ずと鍵の取り付け費用相場もみえてくるでしょう。

また、見積りをとればインターネットなどに記載されているおおよその相場費用ではなく、具体的な料金を知ることができます。業者によっては電話での案内だけではなく、実際に現地に赴き状況を確認したあと、見積りを提示してくれるところもあります。

まずは見積もりで費用を確認しよう!

弊社では、24時間365日、鍵に関するトラブルについてご相談を承っています。多くの施工実績も残しており、弊社に登録されている加盟店の中から、すぐに対応できる鍵のプロをご自宅へ派遣させていただきます。

見積りは、鍵のプロが現地にてご提示させていただきますので、その後ゆっくりご検討いただけます。見積り段階でのキャンセルも可能ですので、まずは見積りだけとって、いくらかかるのか確認していただく材料としてもご活用いただけますよ。

みなさまからのご相談をお待ちしております。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<