最新情報・レポート

鍵交換の費用・鍵の種類をご紹介!玄関ドアの交換DIY方法

鍵交換の費用・鍵の種類をご紹介!玄関ドアの交換DIY方法

鍵が壊れた、鍵の調子が悪い、鍵が古くなった、今よりいい鍵に変えたい……。

鍵交換をしたい理由はさまざまです。鍵の業者へ依頼するときに気になるのが費用ですよね。しかしホームページを見ても鍵屋によって、紹介されている費用はバラバラです。鍵屋は技術職なので作業費に決まりがありません。そのため各業者によって設定料金が違います。また出張費も一律のところや距離やエリアで違うなどで差がでます。

そのほか交換したい鍵の種類でも費用が変わるので、依頼前には見積書の確認が必要です。

ここでは鍵屋に鍵交換の相談をするといくらほどになるのか、鍵の種類でどれほど費用が変わるのかなど、費用について解説しています。

また自分で鍵交換をしたい方に向けて、DIYのことをご紹介しています。自分で交換をする注意点もあわせてお伝えするので、ぜひ最後までお付き合いください。

【鍵交換の費用と種類】鍵業者へ依頼すると\8,000~

鍵交換はなかなかおこなう機会がありませんので、「どのくらいの予算で考えればよいのかわからない」という方も多いかもしれませんね。

費用の高すぎる業者は困りますし、かといって安すぎる業者もサービスには不安があります。

一般的な鍵業者の、鍵交換費用について相場や計算方法についてご紹介していきます。

鍵屋の鍵交換にかかる費用相場

鍵交換にかかる費用相場は、以下のとおりです。

シリンダーキー 8,000~15,000円
ディンプルキー 20,000~30,000円
カードキー 数万円
特殊キー(指紋認証・暗証番号) 数十万円

費用の内訳は、以下になります。

  • ・技術代
  • ・部品代
  • ・出張費

この中で一番、費用を左右するのが技術代です。業者ごとに設定料金が違うため、合計請求額が鍵屋ごとに変わります。

また出張費やキャンセル費など、鍵屋によって違うため、あらかじめ電話で確認をとっておきましょう。

鍵の種類で費用も変わる

鍵を交換するとき、どんな鍵にするか決めていますか?ここでは鍵の種類とドアノブのおおよその料金をご紹介します。

【鍵の種類】

ディスクシリンダー

3,500円~

横がギザギザしていたり、真ん中に溝があったりします。多くの住宅で使用されていましたが、ピッキングしやすいことから使われることがなくなりました(廃盤になっているメーカーもあります)。よく似た形状のピンシリンダーのほうがまだ防犯性は高いですがディンプルキーには劣ります。

ディンプルキー

8,000円~

デコボコした形状の鍵で、最近での玄関住宅ではこちらが普及しています。ピッキングされにくいのが最大のメリットです。
合鍵作成も難しいのでプロの鍵屋でないと対応できないこともあります。

カードキー

高額

電子キーのひとつです。専用カードで解錠・施錠ができます。ホテルでよく使用されていますが最近では一般住宅にも使用されることが増えました。合鍵作成が簡単にできないので、防犯性は高いです。しかし反対に紛失したときはメーカーに直接連絡をしなければ作成できません。また電子なので故障することもあり、修理費が高くなることがあります。

【玄関ドアによく使われるノブの種類】

インテグラル錠

10,000~25,000円

手で回すタイプのドアノブで、昭和時代に多く普及しました。ピッキングに弱く防犯性に不安があり、近年ではこのタイプを選ぶ方は減っています。また握力の弱い方には扱いづらいというデメリットもあります。

レバーハンドル錠

10,000~30,000円

取っ手を下へ押して開け閉めするタイプです。軽い力で扱えるので握力が弱い方でも使いやすいです。
デザインが多いので、玄関ドアや室内ドアにも使われています。

プッシュプル錠

20,000~40,000円

取っ手を押し引きして開け閉めするタイプです。軽い力で開閉できます。近年このタイプを選ぶ方が増えてきました。費用が上でご紹介した錠の中で一番高いのがデメリットですが機能性がよいということで人気を集めています。

このほかにもさまざまな種類があります。機能性か見た目か費用か、あなたが重視するポイントを決めて、鍵屋と相談してみるとよいでしょう。

ここでご紹介している鍵の料金は一例です。必ずしもこの料金設定ではないので、必ず依頼先からは見積りをとって確認をしてください。

鍵交換をしてくれる依頼先「メーカー」「便利屋」「鍵屋」

鍵の交換をしてくれる業者は鍵屋だけではありません。そのほか対応してくれる業者2つの特徴と、鍵屋との違いをご説明します。

・メーカーさん
家を建てたときの住宅メーカーや、鍵のメーカーに連絡をすると交換をしてくれます。メーカーですので、信頼性はとても高いです。

しかし住宅メーカーは下請け会社に依頼するため、中間マージンが発生し料金が割高になることもあります。鍵のメーカーは営業時間が決まっていたりすると、土日や夕方以降の遅い時間は受け付けていなかったりするため、日時の都合をつけるのが難しいかもしれません。

・便利屋
街の便利屋さんやホームセンターで受け付けているところもあります。近所にあればすぐに来てくれて、よく行くお店であれば融通が効いたりフレンドリーだったり安心感があります。

しかし鍵のプロではないため、知識や技術の点で不安があります。もちろん優秀なスタッフがいることもありますが、基本的にお店のスタッフが対応するため、難しい作業や鍵の種類によっては対応不可なこともあるようです。

・鍵交換は鍵屋が安心できる
鍵の業者はプロなので技術も知識もあり、鍵交換作業がスムーズに終わります。またどのような鍵がよいか相談をするといろいろ提案もしてくれるでしょう。

ただ、費用が鍵屋によって差が出たり悪徳業者がいたりするのでご自分でしっかり業者を選んで、納得いく鍵屋を選ばないといけません

損しないための優良業者の選び方はこちらで解説しています。依頼前に確認しておきましょう。

費用をおさえたいなら複数見積りで比較検討

鍵交換の費用を少しでも安くおさえたい場合は、複数の業者から相見積りを取ることが大切です。複数の業者から取った見積書を比較して、費用相場と料金を比較してみましょう。

この比較作業によって、高すぎる業者は候補から省くことが可能です。また、安くてもサービスが不十分な業者もありますので、内訳などを見てサービス内容についても確認しましょう。

なお相見積りを取る際は、“見積料・キャンセル料が無料の業者”をピックアップすることがポイントとなります。でないと、実際には注文しないのに、見積りの段階で費用がかかってしまうことがあるからです。

弊社にご相談いただければ、お見積りを無料でご提供することができます。見積り段階でのキャンセルであれば、キャンセル料もいただいておりません。

「複数の鍵交換業者から無料で見積りを取りたい!」という場合は、ぜひ弊社をご利用ください。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【DIY】鍵交換をやってみたい!【玄関ドア】

鍵交換の費用・鍵の種類をご紹介!玄関ドアの交換DIY方法

鍵交換を業者に依頼するとコストがかかるため、自力でおこなう方もいます。ここでは自分で玄関ドアの鍵交換をおこなう方法と、注意点についてご紹介いたします。

玄関ドアの鍵交換の手順方法

<1>交換する鍵を用意する
鍵にはさまざまなタイプの形状があり、型番号によって設置できる鍵のタイプが異なります。鍵交換をおこなう際は、ご自宅の錠前部分に記載されている型番号を確認し、同じ型番号の鍵を選ぶようにしましょう。

鍵を販売している通販サイトであれば、型番号別の適合タイプを割り出すことができるので、活用してみてもよいかもしれません。ホームセンターなどで従業員にご自宅の鍵の型番号を伝え、適合するタイプを聞いてみるのもよいでしょう。

<2>鍵を交換する
鍵が用意できたら、いよいよ交換です。まずはドライバーを使って、ドア側面に設置された鍵のプレート部分を外していきます。プレートを外すとシリンダー(鍵穴)の中が見えるようになるので、シリンダーを固定しているビスという細い棒状のものを抜き取ってください。これでシリンダーが外せるようになります。

シリンダーを外したら、そこに新しい鍵を設置しましょう。先ほど抜き取ったビスで新しいシリンダーを固定したら、最初に外したプレートを再度はめ込みます。

<3>動作を確認する
新しい鍵の設置が完了したら鍵を抜き差しして、違和感がないかを確認しましょう。鍵が回らない場合は、うまく取り付けられていない可能性があるので、もう一度はじめからやり直してみてください。

・注意点
自分で鍵交換をおこなう際、もっとも気をつけなければならないのが、“用意する鍵を間違えない”ということです。鍵にはものすごくたくさんのタイプがあるので、間違った鍵を購入してしまうことがよくあります。

無駄な鍵を買ってしまうことがないように、購入の際は適合タイプを何度も確認するようにしましょう。

賃貸住宅での勝手な鍵交換はやめましょう

賃貸アパートやマンションにお住まいの方は、管理会社か大家の許可なく鍵交換すると契約違反となってしまうこともあります。

勝手に鍵交換をすると、退去時に原状回復といって元に戻さないといけないルールがあることも多いです。

もし防犯性が気になり、鍵交換したいときは最初に管理会社・大家に相談してみましょう。

失敗しない鍵交換!DIYより業者をすすめる理由

鍵交換の作業は失敗すると、シリンダーやドアを壊してしまう可能性もあります。壊れてしまったら業者を呼ぶしかなくなる上、業者が来るまでの間、ドアに鍵がかけられない状態となってしまうのです。

こうしたリスクを避けたいのであれば、はじめから鍵交換業者に依頼してしまったほうが安心かもしれません。

また業者に依頼をすると、機能性や防犯性に優れた鍵、最新の鍵など多くの情報を持っています。玄関ドアの鍵以外にも、トイレなどの室内鍵、窓の二重鍵、車やバイクのキーといった鍵全般の相談にものってくれます。

コストをおさえるためにDIYを選んでも、あんがい部品代やネット通販の送料がかかったり、まんがいち失敗したときのドアの修復代がかかったりする可能性はあります。

どちらのほうがお得に済ませられるのか、いちど無料案内の見積りをとって考えてみてもよいのではないでしょうか?

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まだ近場で探しているの?信頼できる鍵屋の出会い方

鍵交換業者なんて、どこも同じじゃないの?」と思われている方、そんなことはありませんよ。考えるのが面倒だからといって、安易に近所の鍵屋に即決してしまうと、あとで後悔するかもしれないのです。

近くの鍵業者を選ぶメリット・デメリット

自宅近くの鍵屋さんには、「依頼したらすぐに来てもらえる」というメリットがあります。緊急時には頼りになりますし、また“地元の業者”ということで、なんとなく安心感もありますよね。

一方で、近くの鍵屋は費用が高くても気づかないことがデメリットです。他の業者と相見積りを取ることもないので、最初に提示された金額で了承してしまうという場合も多いでしょう。

技術やサービスに関しても、他の業者のほうがよい場合もあるかもしれません。近くの鍵屋に頼むのが本当にベストなのかどうかは、他の業者ときちんと比較してみないことにはわからないのです。

鍵交換によくあるトラブル例

鍵交換を業者に依頼する際は、できるだけ優良で、信頼できる業者を選ぶことが大切です。業者選びに失敗してしまうと、以下のようなトラブルが起こってしまうこともあるでしょう。

施工後に、想定外の高額請求をされた
見積り確定後に、追加料金を請求された
そもそも見積りを出してくれなかった
見積りに不満があったのでキャンセルをしたら、キャンセル料を取られた

これらは、はじめからちゃんと優良な業者を選んでいれば、起こりえないトラブルです。このようなトラブルを避けるためにも、鍵業者を選ぶ際は必ず相見積りを取るなどして、複数の業者を比較するようにしましょう。複数の業者をきちんと比べれば、優良な業者はどこなのか、すぐにわかります。

トラブルを避ける3つのコツ

鍵業者とのトラブルを避けるためには、以下の3点をチェックすることが大切です。

・口コミをチェック 
ネットに利用者の口コミがある場合は、参考にしましょう。作業の丁寧さや、対応のよさなどについて、具体的な意見を確認することができます。

・実績やホームページなどをよくチェック 
よりよい業者を選ぶためには、実績を調べることも大切です。実績が多い業者というのは、つまりそれだけ利用者が多く、信頼できる業者である可能性が高いといえます。

また、ホームページの作りなどもよく確認しておきましょう。おかしな表記があったり、施工実績が載っていない業者は、少し怪しいかもしれません。

・料金が分かりやすいかをチェック
悪質な業者の場合、あえてわかりにくい見積りを提示してくることがあります。あいまいな表記をすることで、あとから追加料金を徴収しやすくするためです。

その点、優良な業者であれば、見積りの内訳などもわかりやすく表記されています。見積り確定後に追加料金を取られることもないでしょう。

鍵交換を依頼する場合は、上記3つに当てはまる業者にお願いするようにしましょう。もし「自力ではなかなか見つけられない……」という場合は、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社が提携している鍵交換業者は、厳正な加盟店審査をクリアした優良業者ばかりです。

また全国各地に加盟店スタッフがいるので、お客様の場所から一番近くのスタッフをご紹介できます。

業者の選び方がわからない」「業者選びに失敗したくない」「緊急なのですぐ来てほしい!」という方も、安心してご利用いただけます。

お客様からのご連絡を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー



このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<