最新情報・レポート

鍵開けの料金一覧表|費用を安くおさえる方法と騙されない業者選び

鍵開け・鍵作成を業者に相談するといくら?

ご自宅の鍵や車、バイクの鍵、あるいは会社鍵を紛失してしまうトラブルで困っているときは、鍵開け・鍵作成業者へ相談をするのがおすすめです。

しかし、鍵開け・鍵作成にかかる費用が気になっているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、実際に業者に鍵開け・鍵作成を相談した場合に、費用がどのくらいになるのかをご紹介します。

鍵開けにかかる費用

鍵開けにかかる費用

鍵開けといっても家や車、バイクなど、鍵の種類によって鍵開けの費用は変わってきます。実際に鍵開けにかかる費用を表にまとめてみました。

鍵開け場所費用
玄関通常のギザギザの鍵2,500円~9,000円
ディンプル錠5,250円~21,000円 
カードキー4,000円~12,000円
Wロック・鍵穴がふたつ7,000円~17,000円
ドリルなどでの破壊開錠12,600円~
室内トイレのドア2,100円~5,250円
引き戸2,100円~7,000円
ロッカー
デスク
ドリルなどでの破壊開錠12,600円~
バイクメットイン3,150円~6,000円
シャッター錠8,400円~
国産自動車通常の鍵2,500円~8,000円
内溝の鍵4,000円~18,900円
特殊な鍵(セルシオ・アリストなど)10,500円~
トランク状況による
外国産自動車通常の鍵7,000円~12,000円
内溝の鍵12,000円~20,000円
特殊な鍵(ベンツ・BMWなど)12,600円~
トランク状況による
シャッターシャッター2,100円~5,250円
家庭用金庫シリンダー8,400円~
ダイヤル・プッシュ5,250円~15,750円
鍵紛失12,600円~18,900円
ダイヤル不明
業務用金庫シリンダー12,600円~
ダイヤル・プッシュ12,600円~52,500円
鍵紛失21,000円~63,000円
ダイヤル不明31,500円~84,000円
その他スーツケースやカバン8,400円~15,750円
自動ドア(片開き)12,000円~
自動ドア(両開き)20,000円~
強制執行による玄関の鍵開け12,000円~
安否確認による玄関の鍵開け6,000円~
強制執行による車の鍵開け12,000円~
鍵穴が腐食した場合2,500円~8,000円
スチール製・木製4,000円~
*費用はあくまで目安です

こうしてみると、鍵開けの費用は開けるものによって大きく価格に差があることがわかります。また、鍵開け業者は大手チェーン店や下請け業者、委託会社、個人営業など業務形態が多くあり、それぞれの業者によっても料金の設定が変わります。

この作業料金の違いは、業務形態に大きく関係があるのです。業務形態が違うと料金が変動するのは当然のことで、個人業者に下請けを任せて、売り上げの何割かを紹介料として支払う会社の作業料金はどうしても高くなってしまいます。

そのほかにも、インターネットやCMなどで大々的に広告を掲載している会社は、広告費用を賄うためにも料金設定を高めに設定していることもあります。

鍵作成にかかる費用

鍵の作成に関しても種類別に鍵作成の費用をまとめましたので見ていきましょう。

鍵作成するもの費用
玄関通常のギザギザの鍵3,150円~5,250円
ディプルキー5,250円~8,400円
室内ロッカー3,150円~5,250円
机・デスク
シャッター
バイク原付バイク5,250円~10,500円
オートバイク6,300円~12,600円
外国産18,000円~
国産自動車通常の鍵10,000円~
内溝の鍵22,000円~
特殊な鍵26,250円~
外国産自動車通常の鍵22,000円~
内溝の鍵32,000円~
特殊な鍵52,500円~
家庭用金庫鍵作成13,000円~
業務用金庫鍵作成13,000円~
その他スーツケース13,000円~
重機・フォークリフト
自転車・電気自動車
ダイヤル番号の変更8,000円~
*費用はあくまで目安です

鍵作成も鍵開けと同様に、作成する鍵の種類によって価格が変わってきます。また、依頼する業者によっても作成価格は大きな差が発生すると考えたほうがよいでしょう。その他、鍵を紛失している場合に鍵作成を依頼する場合は、余分に費用がかかるので注意が必要です。

費用で損しないためのコツ

鍵開けおよび鍵作成のどちらにも共通していることは、“決して作業費用が安くはない”ということでしょう。しかも、費用も業者ごとによって変わることが多く、「もしかしたら損しているのかも…」なんてこともあるかもしれません。必要以上の出費はなるべく避けたいですよね。

そこで、ここでは鍵開けや鍵作成の費用で損しないためのコツをご紹介します。

【鍵開け・鍵作成費用で損しないためのコツ】

  • 事前に見積りで確認する(休日料金や出張料金など)
  • 見積りが無料であるかどうか
  • 鍵開けや鍵作成の相場をある程度知っておく
  • 見積り後に追加で費用が発生しない

鍵開けや鍵作成の費用は、業者ごとの基準で設定されているため、費用にばらつきが出やすいです。そのため、事前にいくらかかるか確認することが大切です。余裕があるときは相見積りをとり費用を比較してみるのもいいでしょう。

カギ110番では、作業前に費用提示し追加費用をいただかない明朗会計を心がけています。料金の相談、お見積りの提示までは無料でご利用になれるので、鍵のトラブルにお困りの際はお気軽にご利用ください。

鍵開け依頼の注意点と業者選びのポイント

鍵開けを依頼する際、「どの業者を選べばよいのかわからない」という方も多いでしょう。そこで、ここでは鍵開け業者の選び方のポイントや、注意点をご紹介します。

鍵開け作業に必要なこと

鍵開け作業に必要なこと

鍵開けの作業では他人のなりすましを防ぐために、その開ける鍵の本人の身分が確認できるものが必要となってきます。ご提示いただくのは、原則として顔写真が付いており、現住所が確認できるもの(運転免許証・パスポート・敬老手帳・学生証・外国人登録証など)です。

例外としては、鍵と一緒に身分証明書も盗難にあってしまい、提示できないという場合です。この場合は、顔写真が付いていないものであっても、本人確認ができるもの(保険証・クレジットカード・公共料金の領収書)を複数提示すれば問題ありません。

また、その家の居住者以外の第三者が鍵開けを依頼する場合(安否確認や強制執行など)は、警察官を立会人とすれば鍵開け作業をおこなうことが可能です。

鍵開け後にはこれをしよう

鍵を開けた後は、必ず新しい鍵を作成し、紛失している場合は警察まで紛失届を提出するようにしましょう。鍵が開かなくなる原因で多いのは紛失・盗難や経年劣化による寿命がほとんどになります。

ですので、鍵開け後はまた鍵が開かなくなることを防ぐためにも新しい鍵を作成することをおすすめします。業者のなかには、鍵開けと鍵作成を一緒におこなってくれる業者もありますよ。

そして、鍵が開かなくなるのを未然に防ぐには、鍵の寿命や劣化の具合を考慮し、必要に応じて鍵を交換していくことが大切です。

信頼できる業者とは?

では、いったいどんな鍵開け業者がよいのでしょうか。信頼できる鍵開け業者といえるポイントは以下のとおりです。

【信頼できる鍵開け業者のポイント】

  • ホームページや口コミの評価が高い
  • 料金内訳が明確である
  • 即日対応が可能である
  • 電話や作業スタッフの対応がよい
  • 鍵開けの知識と実績が豊富である
  • 鍵開け以外にも鍵について相談やアドバイスをしてくれる

鍵が開けられなくなって困っている場合は、弊社にご連絡ください。24時時間365日いつでも電話対応をしております。また、弊社では無料の現地調査をおこなっています。費用面が心配な方は、まずは現地調査で見積りを出してもらうことをおすすめいたします。見積り後のキャンセルも可能ですのですので、安心してご利用できますね。

弊社の加盟店スタッフは多くの作業をこなしてきており知識や実績も申し分ありません。みなさんの鍵トラブルを迅速に解決いたします。鍵に関して何かお困りごとはありましたら、些細なことでも問題ありませんのでお気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<