最新情報・レポート

合鍵の作成はココ!費用相場・作成時間・注意点とあわせて紹介

合鍵はどこで作成することができるの?

合鍵作成のポイントは、正確な鍵を作ることです。ほんの少しでも形が違っていると鍵を開けることができません。また力任せに鍵を動かすと鍵穴も壊れてしまいます。正確な合鍵を作成するための依頼先についてご紹介します。

合鍵を作成するときの依頼先

合鍵を作成するときの依頼先

合鍵を作成したいけど、近くに鍵屋さんがないとあきらめてしまっていませんか?合鍵作成ができるお店をご紹介します。

・ホームセンター

合鍵作成は、ホームセンター内の合鍵作成コーナーや専門店でおこなうことができます。一般的な鍵であれば、その日のうちに作成が可能です。買い物をしている間に作成でき、とても便利です。

・ネット販売

もし近くに店舗がないなら、ネットで依頼をしてはいかがでしょうか?ネットでの合鍵作成は、鍵の表と裏の画像、鍵の番号をメールなどで連絡するだけです。また出来上がった鍵は自宅に郵送されます。時間もかからず、受け取りにいく手間も省くことができるので、忙しい方には便利です。

・ディーラー(車の場合)

スマートキーやイモビライザー機能がついた鍵は、特殊なため一般の合鍵屋では作成することができません。ディーラーに依頼します。

・鍵の業者

鍵を専門に扱う鍵業者であれば、家の鍵だけでなく、倉庫や金庫などの鍵も作成することができます。また鍵の専門家が作成することから、精度の高い合鍵作成が可能です。

精度が低いと鍵が開けづらくなり、無理に回そうとして鍵穴を壊してしまうおそれがあります。鍵穴が壊れてしまうとドアノブ自体を交換しなければならなくなるので、鍵の精度は高いほうがよいでしょう。

合鍵の作成に必要なもの

合鍵は元鍵だけでは作成できない場合があります。なぜなら合鍵が不正に使用されることを防ぐためです。特に家や車の合鍵作製は、書類などが必要になることがあります。合鍵の種類別に必要となるものをご紹介します。

・家の合鍵の場合

元鍵の種類によっては、免許証などの身分証明書やセキュリティーカードが必要となる場合があります。これは、鍵のメーカーが不正な複製を防ぐためにセキュリティーカードをつけている場合があるからです。元鍵にセキュリティカードがついている場合は、持参しましょう。

・車の合鍵の場合

スマートキーやイモビライザーの合鍵作成は、専用の機械が必要となるためネット販売や鍵の業者、ディーラーに依頼をします。ディーラーによっては、車検証が必要になる場合があります。事前に確認をしておきましょう。

合鍵の作成はどこに依頼をすればいい?

ギザギザ山の鍵や倉庫の鍵などの一般的な合鍵作成は、ホームセンターでおこなうことが可能です。しかし構造が複雑な鍵になると、鍵の業者やディーラーでしか合鍵を作成することができません。

また合鍵は、形状が正確でなければ鍵穴を壊してしまうことがあるため技術力が高い業者を選ばなければなりません。

カギ110番は、高い技術力はもちろん、お電話一本で依頼することができます。また24時間365日電話受付をおこなっております。急に合鍵が必要になったときでも安心ですね。

合鍵の作成にかかる時間と費用相場

鍵の種類によって、料金がちがいます。防犯性の高い鍵は構造が複雑であるため、専用の機械が必要であったり、作成に時間がかかってしまうためです。ここでは合鍵を作製するときにかかる時間と費用についてご紹介します。

合鍵の費用や時間はこうやって決まる

合鍵の費用や時間はこうやって決まる

費用や時間は、鍵の種類によって決まります。構造が簡単な鍵は、ホームセンターでも簡単に作成することができます。しかし、構造が複雑なディンプルシリンダーやロッキングバー方式の鍵は専用の機械が必要なため、ホームセンターでは作成できません。

そのため鍵の種類によっては作成する時間と高い技術力が必要になり、急に合鍵が必要となった場合、作成が間に合わないこともあります。合鍵作成にはいったいどれくらいの費用と時間がかかるのか、種類ごとに確認してみましょう。

鍵の種類別!作成時間と費用相場

一般的な鍵は、約3~5分で作成できます。ディンプルシリンダーは、約20~60分で作成できます。しかしロッキングバー方式の合鍵作成には、2~3週間必要です。スマートキーは3~10日必要です。

費用の相場は、一般的な鍵は300~1,000円、ディンプルシリンダーは2,000~4,000円、ロッキングバー方式は3,000円~となっています。

スマートキーは、車種によって大きく違いますが、国産の場合、1.5~3万円です。ただしイモビライザーキーの場合、再登録が必要であれば10万円をこえてしまう場合もあります。またネット販売は、注文時に送料など別料金が必要になる場合があります。

合鍵を作成するときの注意点

合鍵作成を依頼するときには、注意すべきことがあります。作成時の注意点についてご紹介します。

合鍵を作成する前に

合鍵を作成するときの注意点

合鍵作成を依頼するときは、いくつか注意するべきことがあります。作成依頼をする前に、確認しておきましょう。

1.合鍵は元鍵から作成する

合鍵作成には、元鍵が必要です。どんなに精度が高くても、多少なりとも誤差はでてしまいます。そしてその合鍵からさらに合鍵を複製すると元鍵の形状との誤差が大きくなり、鍵穴を壊す原因になってしまうのです。

そのため、店舗によっては合鍵の複製を受け付けていない場合があるので、事前に確認しておきましょう。元鍵と合鍵の違いは、メーカーや鍵番号の刻印があるかどうかで見分けることができます。

2.必要以上に作成しない

合鍵作成をするとき、いずれ必要になるかもしれないと余分に作成してしまいがちです。しかし鍵を多く持つと紛失や盗難のリスクも高くなってしまいます。合鍵は、いつかのために作り置きするのではなく、必要になったときに作成するようにしましょう。

3.賃貸の場合は大家さんに許可が必要

賃貸住宅での合鍵作成は、大家さんの許可が必要となる場合があります。もし無断で合鍵を作成した場合、退去時にドアノブごとの交換費用を請求される可能性があります。合鍵を作成するときは、事前に確認をしておきましょう。

4.合鍵が作れないものもある

ディンプルシリンダーなどの複雑な構造の鍵は、防犯性が高く安心ですが、メーカーによっては登録制になっているため、勝手に合鍵作成ができない場合がります。またセキュリティカードのある元鍵も、セキュリティカードを持参しなければ作成することができません。

こんな鍵の合鍵も作れるの?

鍵の業者は、いわば鍵の専門家です。家の鍵だけでなくロッカーや金庫などの合鍵作成も可能です。合鍵作成には、元鍵が必要となりますが、元鍵が折れている、曲がっている場合でも、鍵の状態によっては、合鍵作成が可能な場合があります。まずはお気軽にご相談ください。

不安な場合は業者に相談してみよう!

合鍵作成を依頼するとき、費用やどれだけ時間がかかるのか不安になってしまうことがあります。そんなときは、業者に相談をして納得をしてから依頼するようにしましょう。カギ110番では、お電話によるご相談も24時間365日お受けしています。お気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<