最新情報・レポート

カギの確認を!空き巣の侵入手口を知ることで対策もできます

カギの確認を!空き巣の侵入手口を知ることで対策もできます

 

カギは大切な家を守るためのアイテムです。しかし空き巣犯の侵入もこのカギが原因で被害にあうことも。 ピッキングに代表される手口に代表されるように、カギまわりは空き巣の侵入経路としてはとても一般的。熟練した空き巣は、鍵穴を見ただけで侵入するか否かを決めるほどです。

 

今回は、自宅を空き巣の被害から防ぐために、必要なカギの知識を紹介します。空き巣がおこなう鍵開けの手段や防犯性能の高いカギの種類まで、解説していきます。自宅の防犯対策に不安があるかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

空き巣被害がもっとも多いのが無施錠!

空き巣の被害でもっとも多い原因はなんだかわかりますか?じつは無施錠での外出。つまり鍵をかけてない建物の空き巣侵入です。カギは必ずかけるもの、と思いながらもついウッカリ戸締りを忘れたり、玄関はしっかりカギをかけたけど裏口は忘れていた…というような事例もあります。カギで空き巣の侵入手口対策をする前に、まずは無施錠に注意しましょう。

 

空き巣の侵入手口はカギのピッキング…だけはありません!

空き巣の侵入手口はカギのピッキング…だけはありません!

 

上記で無施錠が多いと説明しましたが、こちらは普段から心がけることで、ある程度予防することができます。しかし、空き巣の被害には無施錠以外にも、ほかの侵入手口もあります。その代表的なものがピッキング。ここではピッキングをはじめ、ほかの空き巣の侵入手口についてみていきます。

 

まず、ピッキングとはどんなもの?

空き巣被害で、よく聞く言葉が「ピッキング」です。ピッキングとは耳かき状の特殊な金属を用いた開錠の方法です。ピッキング用の器具の名前は「ピック」や「テンション」と呼ばれています。

 

ピッキングが空き巣の手口として横行したのは、これらピックやテンションがインターネットの通販などで気軽に購入することができたことが背景にあります。また、これらの器具の使いかたも、同じようにマニュアルとして販売されていたこともあります。空き巣の道具や方法が、誰でも簡単に手に入れられるとは驚きですね。

 

ピッキングは、空き巣の侵入手口としてはポピュラーな方法です。被害にある時間帯は、平日の昼間留守中に起こることがほとんどです。 また、ピッキングは複数人のチームでおこなわれることもあります。狙われたら一瞬のうちに被害にあってしまうため、日ごろからターゲットにされないよう注意をしましょう

 

サムターン回し

サムターンとは、ドアの内側についている鍵をかけるためのつまみのこと。サムターン回しは名前のとおり、サムターンを回して開ける、空き巣の侵入手口です。サムターン回しの方法はドアに穴を開けたり、特殊な道具を用いたりとさまざまです。

 

合鍵

家の合鍵、郵便ポストや鉢植えの下に隠していませんか?これらの合鍵の隠し場所は、おそらく日本人共通の隠し場所。それはもちろん、空き巣も例外ではありません。合鍵を見つけた空き巣犯は、難なく室内に侵入して犯行に及びます。

 

こじ開け

バールなどの強固な金属棒を使って、強引にドアをこじ開ける方法です。

 

錠破り

回して開けるタイプのドアノブを、挟み込むような特殊な器具を使って破壊。その後鍵を開ける方法です。

 

ガラス割り

ドアの横に付いた窓ガラスを割り、そこから手を入れてサムターンを回して開錠する方法です。

 

 

以上のように、カギ原因の空き巣の侵入手口はさまざまです。これらの危険に対して、まったく対策をしていないのは、危険極まりない状況だといえるでしょう。カギの取替や窓ガラスの変更、サムターンの対策まで、なにかしらの防犯対策をすることが求められます。

 

空き巣犯から侵入されないカギ対策を!どんな種類がある?

カギは、空き巣の侵入手口のターゲットとしては主なものとなります。カギの種類を防犯性の高いものに変えれば、泥棒へのかなりの防犯効果が見込めます。ここではそんなカギの種類と特徴を解説します。泥棒対策のため、防犯性の高いカギを検討するための参考にしてみてください。

 

ディンプルキー

防犯性はかなり高いカギです。ディンプルキーの表面には無数のディンプル(くぼみ)が空いており、その組み合わせで無数のカギのバリエーションが作り出せるというもの。鍵穴の見た目からの防犯性能も高いです。

 

ロータリーディスクタンブラーキー

防犯性能は高く、とくにピッキングに強いカギです。2つのカギの構造「ロッキングバー方式」と「タンブラー方式」が掛け合わされたハイブリットキー。防犯を考えるなら設置を検討したいカギの種類です。

 

ピンタンブラーキー

防犯性能は低く、自宅のカギがピンタンブラー方式のカギの場合は、交換を検討したほうがよいでしょう。片側だけにギザギザがある構造のカギで、昔から一戸建ての家に多く使われています。防犯性能は高くありません。

 

ディスクシリンダーキー

防犯性能はとても低いカギです。ディスクシリンダーキーは鍵穴の表面から見ると、縦の「くの字」型になっているもの。ピッキングをされると無力同然のため、現在は製造が中止されているそうです。

自宅のカギがディスクシリンダーキーであれば、留守中に空き巣が入る可能性が高いです。今すぐに交換をしたほうがよいでしょう。

 

空き巣対策をより効果的にするには、これらのカギの変更だけではなく、サムターン(内側の鍵のつまみ)やガラスも、防犯性能の高いものに変えるのが最善の方法です。空き巣の被害に遭う前に変更を検討してみてください。

 

空き巣被害で恐い思いをしないために…信頼できるカギ屋に相談してみよう

空き巣被害で恐い思いをしないために…信頼できるカギ屋に相談してみよう

 

空き巣は、見知らぬ誰かが家のなかにズカズカと入ってくる許しがたい犯行。空き巣に入られたと感じるだけで恐ろしい思いをすることにもなります。そんな空き巣を防ぐためには、カギから空き巣の侵入手口を防ぐ方法が一番手っ取り早く、効果のある方法です。

 

信頼できるカギ屋を選ぶには

カギの交換をおこなうとなると、真っ先に思いつくのはカギ屋でしょう。カギ屋はカギのことを知り尽くしたプロフェッショナルです。カギまわりの防犯を相談するにもうってつけです。

しかし、世間にはいくつものカギ屋があります。そのなかから信頼できる業者を選ぶために、下記の点を参考にしてみるのがよいでしょう。

 

防犯の悩みについて、真摯に相談にのってくれる

空き巣の防犯対策としてカギの交換を検討しているのなら、やはりその悩みに寄り添ってくれるところに作業を依頼したいところですよね。電話や店舗で直接防犯上の不安を告げ、しっかりと対応してくれるカギ屋を選ぶのがよいでしょう。

 

緊急でも対応してくれる

防犯の対策をしたいと思ったら、居ても立ってもいられないものです。迅速に、素早く対応をしてくれるカギ屋に依頼をすると安心です。また、こうした点はカギまわりのトラブルが発生したときでも安心して任せることができるのでポイントは高いです。

 

費用を抑えるなら、遠くよりも近くのカギ屋に依頼

カギ交換にかかる費用は、じつはどこの業者でもそれほど大きな差はありません。そこで大きな金額差を生む要因が出張費です。依頼した業者が遠方の場合、お宅にくるまでの距離に応じて出張費が上乗せされることも。費用を抑えるなら近くにのカギ屋に依頼をしましょう。

カギ屋の比較をするならインターネットを使った探しかたもよいでしょう。いくつかのカギ屋のホームページや実績の確認をして、信頼できそうなカギ屋を探してみてください。

 

まとめ

カギは空き巣の侵入手口のターゲットとして、もっとも一般的なものです。できる限り防犯性能の高い鍵に付け替えて安心度を高くしておきたいところ。また、カギの交換を検討するときには合わせてサムターン周りとガラスの防犯性も確認しておきましょう。

 

空き巣に入られてしまうと、大切なものやお金の被害はもちろん。見知らぬ誰かが侵入した部屋には、気持ちが悪くて住みたくないという事態にもなりかねません。

 

そのときにかかる引っ越しの費用や手間を考えたら、カギの交換にかかる手間や金額は安いものではないでしょうか? カギの交換は、空き巣の侵入をためらわせるひとつのきっかけにもなります。ぜひ早めに自宅の防犯性能を高めて、安心できる環境を整えてみてください。

 

また、カギをかけない外出は短時間でも控えるようにしてくださいね。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<