最新情報・レポート

鍵の複製の費用・作成時間はどれぐらい?作成時の注意点まとめ

 鍵の複製の費用・作成時間はどれぐらい?作成時の注意点まとめ

 

鍵をなくした場合には、鍵を複製して対処する場合と、鍵ごと交換する方法があります。しかし、鍵ごと交換すると費用が高くなってしまうため、複製して対処する方が多いです。また、家族が増えたなど、自宅に出入りする人が増えた場合に複製するケースもあるでしょう。

 

鍵をなくした場合は深く考えず、すぐに対処したいと急いで複製してしまう方がほとんどです。複製する際には、さまざまなことに注意しなくてはなりません。鍵の種類によっては、複製できないものもあります。事前に複製できる鍵であるかを確認しておくと安心です。また、鍵の種類で費用も大きく変わってくるでしょう。

 

この記事では、鍵の種類ごとの複製にかかる時間や費用を紹介していきます。日常生活での注意点もあるので、事前に読んでおくと安心です。

 

 

鍵の複製は種類によって時間も価格も異なる

鍵にはさまざまな形のものがあります。鍵の種類によって作成時間も費用も変わってくるので、自分の鍵と見合わせて確認してみてください。鍵の種類によっては、複製できないものもあります。また、複製時に必要なものもあるので、事前に知っておくといいでしょう。

 

複製時に必要なものを持ち込まなかった場合や、複製できないのに店舗に足を運んでしまった場合は手間がかかってしまいます。そのようなことがないためにも、事前の下調べが大切です。

下記にて種類ごとに複製の取り扱いをおこなっている店や、作成時に必要なものを紹介していきます。

 

ディスクシリンダー錠

ディスクシリンダー錠とは、両端部分がギザギザした形状の鍵です。一般家庭で最も多く使用されているタイプです。

鍵の中でも比較的簡単に作成できるものです。元鍵が折れた状態からでも作成することができます。しかし、追加料金が発生することもあるので注意しましょう。

基本的にどこの鍵屋でも複製してもらうことができます。3~5分くらいで受け取り可能といわれています。

 

∇費用

鍵の中で最も安価といわれています。

 

∇必要なもの

店舗によっては身分証が必要な場合があります。

 

 

ディンプルシリンダー錠

ディンプルシリンダー錠とは、鍵の表面にデコボコのある鍵です。別名、ディンプルキーとも呼ばれています。防犯性が高いことから、最近ディンプルシリンダーを使用するご家庭も増えています。しかし、防犯性が高いゆえに複製に少し時間がかかってしまいます。だいたい20~60分くらいで受け取りができるでしょう。

また、ディンプルシリンダー専用の複製機器がある店でしか対応してもらえません。メーカー登録制の鍵は業者では作製できないケースもあります。その場合は、取り寄せになるため受け取りに10日~2週間かかってしまうでしょう。

 

∇費用

他の鍵と比べると高値です。

 

∇必要なもの

セキュリティカードがある場合は、持参しましょう。

 

鍵の種類によって作成時間や費用が変わってくることが分かりました。鍵を複製する際には、詳しく調べてトラブルが起きないように注意しましょう。

 

合鍵を複製するときは要注意?事前に知っておきたいこととは

合鍵を複製するときは要注意?事前に知っておきたいこととは

 

鍵は自宅やオフィスなど普段閉鎖されている場所を出入りする大切なものです。むやみに鍵を複製してしまうと、トラブルが発生してしまう可能性もあります。トラブルを回避するために大切なことを紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

合鍵の作りすぎはNG!

合鍵をむやみやたらに作りすぎてしまうと、紛失の可能性も高くなります。まだスペアキーがあるからいいや…と扱いも雑になってしまうでしょう。

また、信用している人にしか合鍵を渡さないようにしてください。

 

必ずマスターキーから複製すること

鍵を複製する場合は、必ずマスターキーからつくりましょう。マスターキーは普段使用せず、保管しておくと削れ、欠けなどの心配がありません。

鍵は長年使っていると、摩擦などの影響で変形してきてしまいます。そのため、変形した状態で複製することになってしまうのです。

 

このようにして、鍵の形がだんだんと変わっていってしまうので、変形していない本来の形の鍵を1本保管しておくと安心なのです。

 

複製に時間を要し、用意するものが増える鍵もある

上記でも紹介しましたが、鍵の種類によって作成にかかる時間や用意するものも変わってきます。基本的に一般家庭では「ディスクシリンダー錠」や「ディンプルシリンダー錠」が使用されていることが多いです。

 

しかし、他にも「カードキー」や、車で使用される「イモビライザーキー」があります。カードキーは基本的に複製が不可能なので、取り寄せになるでしょう。そのため、新しい鍵が届くまでに時間がかかってしまいます。

イモビライザーキーも専用の機器がないと複製できないので、店によっては対応してもらえない可能性があります。鍵屋さんに依頼するより、ディーラーに頼んだ方が効率よく複製できるといわれています。

 

【賃貸での合鍵】事前に管理人などから許可を得る必要がある

賃貸住宅の鍵を複製する場合は、事前に管理人やオーナーに許可を得る必要があります。貸し借りの条件で成り立っているため、勝手に複製することはトラブルの元になってしまうのです。

賃貸住宅の所有権は管理人にあります。必ず確認してから複製するようにしましょう。

 

鍵のトラブルに巻き込まれないために…常日頃からしておきたいこと

鍵のトラブルに巻き込まれないために…常日頃からしておきたいこと

 

鍵にまつわるトラブルは多く発生しています。トラブルにならないためにも、常日頃から気をつけておくことが大切です。

最も鍵のトラブルで多いのが紛失です。紛失をしてしまうと、何者かが自宅に侵入してしまう可能性もあります。鍵を紛失しないための対策があるので参考にしてみてください。

鍵の紛失対策や鍵の防犯対策など、トラブルを防ぐためにできることをまとめていきます。

 

鍵の紛失対策

☑鍵にキーホルダーなどをつける

 

☑保管しておく場所を決めておく

 

☑外出時に何度か鍵が紛失していないか確認する

 

鍵の防犯対策

☑鍵を放置して席を外さない

 

☑友人に貸さない

 

☑SNSに鍵を載せない

 

このようにトラブルを防ぐために日頃から行動を改めることが大切です。鍵を雑に扱わないようにしましょう。また、常に自分の手元にある状態にしておくと安心です。

 

まとめ

この記事では、鍵を複製するときにかかる時間や費用を紹介しました。種類によって時間や費用は変わってくるでしょう。また、複製時に提出するものなどもあるので注意してください。必要なものを持ち込まないと、作成できずまた出直すことになり手間がかかってしまいます。事前に自分の鍵はどこで作成できるのか、費用はいくらか、必要なものはなにかなどの下調べをしておくといいでしょう。

 

また、賃貸住宅の鍵を作成する場合は、管理人に許可を取ってからおこないましょう。のちにトラブルになってしまう可能性があります。

 

鍵にまつわるトラブルは年々増えています。鍵は自宅やオフィスなどを出入りするときに使用される大切なものです。取り扱いには十分注意しましょう。

紛失しないように常に自分の手元にある状態をつくっておくと安心です。また、むやみやたらに鍵を複製しないようにしてください。紛失する可能性も高くなってしまいますし、扱いが雑になってしまう傾向があります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<