最新情報・レポート

鍵の中折れの解決方法を解説!賢明なのはどの方法?

鍵の中折れの解決方法を解説!賢明なのはどの方法?

 

日頃から、家に入るとき、車のエンジンをかけるときなどに多く使われる鍵は、常に持ち運ぶ身近で大切なものですが、頻繁に使う分トラブルもたくさん起こります。

 

鍵によく起こるトラブルの一つが、鍵の中折れ。長い時間同じ鍵を使っていると、どうしても錆びてきてしまったり、弱くなったりしてしまいます。鍵には凸凹した部分があるので、折れやすいのです。

もし鍵が突然折れたら、みなさんはどうしますか?かなり焦ると思います。しかし、折れてしまった際、何も知らず自分の力で何とかしようと間違った対処法で行ってしまうと悪化してしまうケースもあるので、知識を得て正しい対処法でトラブルを解決しましょう。

 

 

鍵が折れた…!中折れトラブルは頻発しています

鍵には凸凹した部分があるので、何年も使っていたり、力を入れすぎていたり、変な動かし方をしてしまうとどうしても弱くなり、折れやすくなってしまいます。

そして弱い鍵を使い続け、差し込んだ鍵が突然折れてしまい、鍵穴から取り出せなくなってしまって困ったというケースが多く発生しています。

 

そもそも、どうしてそのようなことが起きてしまうのでしょうか?鍵が中で折れてしまう原因には、鍵穴の中の汚れや、ほこりが考えられます。小さな鍵穴の中のホコリなんて普段気にすることはなく、鍵穴に汚れが溜まっていると考える方は少ないかもしれません。しかし、風が運んできたホコリが鍵穴に入ったり、鍵に付着した汚れが鍵穴内に残ることで汚れが蓄積されてしまうのです。こうして溜まった汚れは鍵がスムーズに回らない原因になり、回りづらい鍵を力任せに回し続けることで中折れしてしまうのです。

 

自力で解決した人の解決方法とは?

自力で解決したい人の解決方法とは?

 

鍵が鍵穴の中で折れてしまったとき、業者に依頼してお金を払うのは嫌だ、自分でも簡単にできるだろうと思い、自力で作業をしようと考える方もいらっしゃるでしょう。実際、状況によっては自分でも取り出せる可能性はゼロではありません。

 

たとえば、ピンセットや糸ようじといった、鍵穴に差し入れることができるものを使って取り出す方法や、掃除機のノズルを鍵穴に向け、吸引力を利用して取り出す方法があります。しかし、これらの方法では鉄の塊である鍵を取り出すことは容易ではなく、鍵穴を傷つけてしまうこともあるので細心の注意が必要です。

 

ホームセンターで購入できるような精密ドライバーを使う方法もあります。ドライバーの先を鍵穴に挿し込み、鍵をひっかけるようにして取り出すことができることがあるようですが、この方法では時間がかかり、手先の器用さと忍耐も必要です。

 

このように、自力で取り出すことは不可能というわけではありません。しかし、慣れていないため時間がかかってしまいます。また、結局どの方法でも取り出すことができず、工具を買う費用が無駄になってしまうことも考えられます。手っ取り早く、鍵への負担を最小限に抑えて鍵を取り出すには、正しい手順で鍵トラブルの対応してくれる業者を呼ぶことが一番手早い方法だといえます。

 

自力解決はリスク大!絶対にやってはいけないこと

先ほどのように鍵の取り出しに成功する事例はありますが、無理やり自力で鍵を取り出そうとして、うまくいかずかえって悪化してしまい二度手間になってしまうことが少なくありません。

事態を悪化させてしまうためにやってはいけない方法や、その後の支障などをご紹介します。

 

●ピンセットで抜き出そうとする

シリンダーに傷がつき、形が変わってしまうため、取り出せたとしても鍵と鍵穴の相性が悪くなることが多いようです。また、使い方を誤るとさらに奥へと入り込んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

●接着剤で何かとくっつけ取り出そうとする

鍵穴の内部に接着剤が入り込んでしまい、シリンダー部分が接着剤で固まってしまう危険性があります。

 

●ハンダでつけて取り出す

他の方法よりは成功率は高いですが、接着剤と同様、鍵穴の中にハンダが入れば鍵穴から何から何まで全てを交換することになってしまいます。

 

プロはどんな方法で取り出すのか?

鍵画像

 

では、プロはどのように取り出すのでしょうか?

 

プロは、鍵と鍵穴の状況に合わせて、適切な方法で確実に取り出すことができます。

様々な工具も持っていますし、知識もあるのでできるだけ早い時間で解決して元通りにしてくれます。やはり、折れてしまった鍵を取り出すには工具と技術が必要です。

 

取り出し方は様々ですが、たとえばピンバイスで残った鍵に穴をあけ、その穴にひっかけると鍵を抜く力が得られるので取り出すことができます。

 

他にも、鍵本体のねじを外していき、鍵穴の内側から鍵を取り出すという方法もあります。ですがこの手法は、扉が開く状態であることが条件です。

 

まとめ

鍵が折れて取り出せないときは、自力で行うより、鍵のプロの力を借りたほうが時間も手間もかからないことがわかりました。

もし、工具などもそろっていて自力で作業するのであれば、知識を持ったうえ正しい対処法で作業することが必要だといえます。

誤った手順で無理やり取り出そうと作業してしまうと、悪化してしまうケースもあります。最悪の場合、鍵全体を取り換えなくてはいけなくなってしまう二度手間になってしまうので注意しましょう。

 

普段深く考えることのない鍵ですが、壊れるとすごく生活に支障が出てしまいます。

生活をするうえで欠かせない鍵は、取り出し作業をするときにも大切に扱いましょう。

 

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<