最新情報・レポート

鍵が中折れした!自力で取り出すことはできる?正しい対処法を紹介

2021.01.21

鍵が中折れした!自力で取り出すことはできる?正しい対処法を紹介

鍵が折れたときの対処法はいくつかありますが、最もリスクが少ない方法で解決するなら鍵業者依頼が賢明です。「いやいや、業者は料金がかかるし……」そう考える方も多いかと思います。しかし、自分で解決するにしても、お金とさらに時間もたっぷりかかってしまうのが現実なのです。

例えば、鍵が折れたら鍵穴の中に残ったパーツを取り出すための工具が必要となり、かかる時間と成功率は手先の器用さと運しだいです。

「結果が未知数でも自分でやってみたい!」とお考えの方のために、今回は家にあるものでできる方法もあわせてご紹介していきます。DIYでとくに注意したいのは、間違った対処法を選ぶと鍵穴の破損に繋がり修理費用が増大してしまう点です。事前に正しい対処を学び、失敗や後悔のない解決策を選びましょう。

解決まで何分?何円?DIY前に無料相談で確認してみよう
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

鍵が折れた…!中折れトラブルは頻発しています

鍵が中で折れてしまう原因は、鍵穴の中の汚れや、ほこりが考えられます。

小さな鍵穴の中のホコリなんて普段気にすることはなく、鍵穴に汚れが溜まっていると考える方は少ないかもしれません。しかし、風が運んできたホコリが鍵穴に入ったり、鍵に付着した汚れが鍵穴内に残ることで汚れが蓄積されてしまいます。こうして溜まった汚れは鍵がスムーズに回らない原因になり、回りづらい鍵を力任せに回し続けることで中折れしてしまうのです。

鍵の中折れ「自力で解決したい」ときの解決方法

鍵の中折れ「自力で解決したい」ときの解決方法

鍵が鍵穴の中で折れてしまったとき、「業者に依頼してお金を払うのは嫌だ」、「自分でも簡単にできるだろう」と思い、自力で作業しようとする方もいらっしゃるでしょう。実際、状況によっては自分でも取り出せる可能性はゼロではありません

たとえば、ピンセット糸ようじといった、鍵穴に差し入れることができるものを使って取り出す方法や、掃除機のノズルを鍵穴に向け、吸引力を利用して取り出す方法があります。しかし、これらの方法では鉄の塊である鍵を取り出すことは容易ではなく、鍵穴を傷つけてシリンダーごと交換になることもあるので、細心の注意と引き際の判断が重要です。

ホームセンターで購入できるような精密ドライバーを使う方法もあります。ドライバーの先を鍵穴に挿し込み、鍵をひっかけるようにして取り出すことができるケースもあるようですが、この方法では時間がかかり、手先の器用さと忍耐も必要です。

このように、自力で取り出すことは不可能というわけではありません。しかし、慣れていない作業にはやはり時間がかかってしまうもの。一番つらいパターンは、結局どの方法でも取り出すことができず、工具を買う費用と時間が無駄になってしまったときです。

時間帯によっては、不審者に遭遇する・不審者に間違われるというおそれもあります。

このようなリスクを避けたいとお考えなら、まずは専門知識のある鍵業者などに相談して冷静に状況を把握し、コストとリスクのバランスがよい対処を確認しましょう。弊社では24時間受付の無料相談をおこなっておりますので、非常事態を脱する一助として、ぜひご遠慮なくお問合せください。

てっとり早い解決には無料相談&プロの現地調査が近道!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

自力解決はリスク大!絶対にやってはいけないこと

先述のように鍵の取り出しに成功する事例はありますが、無理やり自力で鍵を取り出そうとして、うまくいかずかえって悪化してしまうことは少なくありません。

事態の悪化を防ぐために知っておきたいやってはいけない方法と、よくある残念な結果をご紹介します。

●ピンセットで抜き出そうとする

シリンダーに傷がつき、形が変わってしまうため、取り出せたとしても鍵と鍵穴の相性が悪くなることが多いようです。また、使い方を誤るとさらに奥へと入り込んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

●接着剤で何かとくっつけ取り出そうとする

鍵穴の内部に接着剤が入り込んでしまい、シリンダー部分が接着剤で固まってしまう危険性があります。シリンダーごと、ドアノブごとの交換にまでなりかねないため、この方法は避けるのが賢明でしょう。

●ハンダでつけて取り出す

他の方法よりは成功率は高いですが、接着剤と同様、鍵穴の中にハンダが入れば鍵穴から何から何まで交換することになり、対処費用が余分に増えてしまいます。

「うまくできそうにない…」「早く家に入りたい!」という状況の方は、インターネットの料金表を見ただけで鍵屋を呼んでしまわないよう気をつけましょう。ネットでは最低料金が表示されていることが多いため、1歩まちがうと実際の請求額に驚愕!という結果になりかねません。これを回避するには、例えば出張料や見積り後の追加料金を確認する、現地調査と見積りが無料の業者を呼んで実際の費用を確認する、といった点を踏まえると安心です。

もし業者探しでお悩みの場合は、弊社の無料相談窓口が常時サポート可能です。無料調査とお見積りにすぐ対応できる優良業者をお探しできますので、いつでもどんな疑問でもご相談ください。

プロはどんな方法で折れた鍵を取り出すの?

プロはどんな方法で折れた鍵を取り出すの?

鍵のプロは、鍵と鍵穴の状況に合わせて、適切な方法で確実に取り出すことができます。

所持に許可が必要となるプロ用の工具も持っており、知識もあるので短時間で元通りにしてくれます。折れた鍵を適切に取り出すとなると、やはり専門の工具と技術が不可欠なのです。

取り出し方は様々ですが、たとえばピンバイスで残った鍵に穴をあけ、その穴にひっかけると鍵を抜く力が得られるので取り出すことができます。

他にも、鍵本体のねじを外していき、鍵穴の内側から鍵を取り出すという方法もあります。ですがこの手法は、扉が開く状態であることが条件です。

鍵が折れたり曲がったりすると、部屋への出入りができなくなり、普段どおりの行動が不可能になってしまいます。場所や時間帯によっては身の危険も伴う緊急事態です。このような困ったときこそ、遠慮なく業者の相談窓口に助けを求めましょう。

弊社でも24時間365日、鍵トラブルについてのご相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽に無料相談をご利用ください!

【まとめ】鍵が折れたとき一番効率のよい対処はコレ

鍵が折れて取り出せないときは、自力でおこなうより、鍵のプロの力を借りたほうが時間も手間もかからないことがわかりました。

もし、工具などもそろっていて自力で作業するのであれば、知識を持ったうえで正しい対処法で作業することが大切です。

誤った手順で無理やり取り出そうと作業してしまうと、悪化してしまうケースもあります。最悪の場合、鍵全体を取り換えなくてはならなくなり、二度手間かつ費用も増大してしまうので注意しましょう。

業者に電話するというと、初めての方なら気がひけてしまうかもしれません……。でも大丈夫です。そういった方はとても多く、なにより鍵業者のフリーダイヤルやお問合せフォームはそんな皆さんをお助けするためにあります。料金が不安という方も、気兼ねなくその旨をお伝えください。

弊社では、ご相談はもちろん現地調査も無料です。弊社の見積りをもとに他社との比較も可能ですし、キャンセル料などはいただかない方針ですので、安心してご相談いただけます。スタッフがしっかりと現地調査をおこなうため追加料金も一切発生せず、サービスではお客様満足度98%の評価をいただいております。

お電話はもちろん、メールフォームでも24時間ご相談を受け付け中です。お困り内容の箇条書きなどでも大丈夫ですので、いつでもお問合せください。

折れた鍵も即解決!気になる料金の質問もお気軽にどうぞ
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【鍵のトラブルに関する記事はこちら】

ダイヤル錠の仕組みを徹底解説!開けられないときはどう対処する?

鍵穴いたずらの被害を受けたら警察と鍵業者に相談!対処の流れを解説

破錠の意味は鍵を壊して開けること!プロにまかせて壊さず解錠しよう

インロックへの対処は冷静に!車だけでなく自宅で起きることも?

玄関や車の鍵が抜けない!原因・正しい対処法・NG行動をチェック

鍵を探すときの4つのポイント!状況にあった行動でトラブル回避を

トイレの鍵が壊れた!緊急時にすぐ試せる鍵開け・簡単な交換の仕方

5分でできる!鍵が刺さらない時の応急処置と原因別対処法

鍵が曲がった!修理や交換にかかる費用・放置するリスクについて

車の鍵が抜けない!回らない!原因と対処法|Acc・エンジンキー

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...
7:46 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<