最新情報・レポート

解錠と開錠の違いってなに?状況を確認して対応方法を選ぼう

解錠と開錠の違いってなに?状況を確認して対応方法を選ぼう

 

鍵を開けるときに「解錠」「開錠」という言葉を使います。漢字にも意味にも違いがありますが、言葉で発する場合は発音も変わらないので違いが伝わりにくく、ややこしくなってしまうのです。普段文字にするより言葉で発することが多いので、解錠と開錠に違いがあることを知らない方がほとんどかもしれません。

 

しかし、解錠・開錠をする前に違いを知っておかないと、のちに思っていたのと違う…とトラブルになる可能性があります。鍵が開かないとお困りのお客様は、この記事を読み知識を深めることで、安心して解錠・開錠ができるのではないでしょうか。また、鍵が開かない原因や対処法など鍵のトラブルについてもお話していきます。

 

 

解錠と開錠の違い

「解錠」と「開錠」は漢字だけでなく、意味にも違いがあります。鍵を開けるという対応は同じですが、作業方法が異なるのです。

  • 解錠…鍵を壊さずに開ける
  • 開錠…手段はさまざまで、壊してでも鍵を開ける
  •  

    鍵を解錠・開錠する理由や、状況によってどちらで対応するか判断することが大切です。

     

    解錠をするケース

    鍵が家の中にあるなど一時的に開けることができない場合は、解錠をしたほうがいいでしょう。開錠をすると鍵ごと交換しなくてはならないので、ご家庭の人数分鍵を作成するなどの対応もしなくてはいけません。家の中に入ることさえできれば、鍵は今まで通り正常に使うことができるので、損をしてしまいます。

     

    開錠をするケース

    誰かが部屋の中で倒れている可能性があるなどの緊急時には、開錠を選ぶといいでしょう。開けるための手段を選ばないため、解錠ほど丁寧に作業を行う必要がありません。比較的早く鍵を開けることができるでしょう。また、解錠では開けることができない症状のときに壊して開錠をするケースもあります。

     

    それぞれのメリットやデメリット

    解錠・開錠をするにあたってそれぞれメリットやデメリットがあります。

     

    ∇解錠
  • メリット…鍵を壊さないので、またすぐに使用することができます。
  • デメリット…作業内容が難しいなど状況によって、時間がかかってしまう可能性があります。
  •  

    ∇開錠
  • メリット…緊急時などにできるだけ早く開けることができます。
  • デメリット…鍵を壊すので新しいものに交換して鍵を作成する必要があります。
  •  

    それぞれいい点と悪い点があります。状況に合わせて選ぶことで損をすることなく解錠・開錠をすることができるでしょう。

     

    鍵のトラブルをなくそう!知っておくべきこと

    鍵のトラブルをなくそう!知っておくべきこと

     

    鍵の解錠・開錠は、何らかのトラブルが起きたときに行うことが多いです。よくあるトラブルと、その対処法を解説していきます。

     

    鍵を紛失した場合の対処法

    鍵を紛失してしまった場合は、解錠・開錠だけでなく鍵の交換をしておいた方がいいでしょう。外出先で鍵をなくしてしまった場合は、だれかに拾われてしまう可能性があります。忘れたころに鍵開けをされてしまうかもしれないので、大変危険です。鍵ごと交換しておくとなくした鍵を拾われてしまっても、家に侵入されることはありません。

     

    まずは、冷静になって探すことが大切です。それでも見つからない場合は、上記のように対応するといいかもしれません。

     

    鍵が開かなくなる理由と対処法

    鍵が回らない原因のひとつとして、鍵穴に汚れが溜まっていることが考えられます。風の影響で鍵穴にゴミやホコリ、砂が入りこんでしまうのです。

     

    鍵穴の掃除を自分で行うのは難しいですが、業者に依頼すると鍵穴のメンテナンスを行ってくれます。業者は知識や道具をもっているので、自分ではできない作業もこなしてくれるのです。

     

    また、自分で鍵穴をきれいにしようとして、間違った対処法をしてしまう方もいます。以下のことは絶対にやらないでください。

     

    ☑無理やり鍵を回す

    無理やり鍵を回すと鍵穴の中で折れてしまう可能性があります。鍵穴のメンテナンスのみで済んだのにも関わらず、鍵穴ごと交換することになってしまうのです。鍵が回らないなどの異変があったら、無理やり対応するのではなく業者に相談するのが安心でしょう。

     

    ☑針やつまようじで掃除する

    張やつまようじも上記と同様で、鍵穴で中折れしてしまう恐れがあります。特に細いものなので、取り出すのが困難になってしまうでしょう。

     

    ☑鍵穴に油を入れる

    鍵の滑りをよくしようとして、鍵穴に油をいれるのは逆効果です。油に汚れやホコリが付着してしまいます。

     

    このようなことを行うと、かえって逆効果になってしまうこともあるので、むやみに対処しないようにしてください。

     

    鍵の解錠・開錠は業者におまかせ!

    鍵の解錠・開錠は業者におまかせ!

     

    鍵の解錠・開錠は業者に任せておいた方が安全で安心です。上記でも説明したように、間違った対応をすると悪化してしまう可能性があります。また、業者に依頼するときは、信頼のできる業者を選ぶことが大切です。業者を選ぶときのポイントや費用を紹介します。

     

    業者の選び方

    事前に業者についてよく調べておくと、トラブルの発生を抑えることができるでしょう。

     

    ☑ホームページを見る

    業者のホームページを見ることで、雰囲気や価格設定を知ることができます。ホームページ内に電話番号や住所など、詳しい情報も記載されているか確認しましょう。また、口コミも参考にしてみるといいかもしれません。

     

    ☑見積もりを依頼する

    事前に見積もりを依頼することで、おおよその費用を知ることができます。その際に、状況を伝えて解錠か開錠どちらをするべきなのか相談するのもいいかもしれません。あらかじめ費用の目安を知っておくことで、安心して任せられるのではないでしょうか。最近では、無料で見積もりを行っている業者もあります。無料でしたら損をすることもないでしょう。

     

    ☑資格をもっている

    鍵師技能検定試験に合格して、鍵師の資格をもっている人のいる業者に依頼すると安心かもしれません。鍵の知識をもっていて正しく作業できると認められた人に与えられるものです。鍵は生活をするうえで大切なものなので、技術面も重視するといいかもしれません。業者のホームページに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

     

    上記のようなポイントを確認して業者をしぼっていくと、いい業者に巡り合うのではないでしょうか。値段だけで左右されず、対応や技術面にも配慮しましょう。また、すぐに決めてしまうのではなく、複数の業者に見積もりを依頼して比較するのもいいかもしれません。

     

    費用

    解錠か開錠どちらをするかによって発生する費用は異なります。

     

    解錠の場合は、鍵に異変を与えずに済むので主に業者の作業費しか発生しません。しかし、開錠した場合は、新しく設置する鍵の部材費、設置にかかる作業費なども必要です。

    また、合鍵を作るなら別途費用がかかります。

     

    ただ、先述したように作業時間や緊急度によって必要な作業も変わりますので、費用以外の要素も考慮して依頼するようにしましょう。

     

    まとめ

    「解錠」と「開錠」は、言葉で発していると違いが感じられませんが、意味合いが2つあるのです。2つの違いを知っておかないと、のちに後悔してしまうかもしれません。また、状況によって使い分けることが大切です。一時的に開けることができない場合は「解錠」、緊急時には「開錠」をするといいでしょう。

     

    鍵を解錠・開錠しなくてはならない原因はさまざまです。鍵穴の汚れが原因となっている場合もあるので、定期的に鍵穴のメンテナンスをするといいかもしれません。鍵穴のメンテナンスは、業者に依頼すると行ってくれます。 鍵のトラブルが起きないように、鍵の紛失にも注意しましょう。

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 3.00 )
    Loading...
    深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    職人さん大募集中
    スタッフ紹介
    他社との比較
    • 0120-270-122
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼
    <