最新情報・レポート

ドアノブが壊れたときの修理方法!DIYでの交換手順や注意点を解説

壊れたドアノブはDIYで交換!手順と注意点について解説します

住宅が古くなるにつれ、ドアノブは「握るたびに異音がする」「ドアが開きにくい」などの不具合が出てきてしまいます。特にリビングや自分の部屋のドアノブは1日に何度も使うので傷むスピードも他のドアノブより早くなってしまいがちです。そこで今回は壊れてしまったドアノブをDIYで交換する方法や、調子が悪くなったドアノブの原因と対処法、ドアノブの選び方について詳しく解説していきたいと思います。

ドアノブをDIYで交換する手順

1日に何度も使うドアノブはどうしても消耗が激しくなってしまいます。扉はまだ使えるのにドアノブが壊れてしまった、なんてこともよく見られるケースです。壊れたドアノブのまま放置していると見た目が悪いですし、なにより防犯上大問題です。よってここではドアノブを自分で交換する、いわゆるDIYする方法を紹介していきます。

ドアノブを外してみよう

ドアノブを外すために必要な道具は「プラスドライバー」と「マイナスドライバー」です。そしてネットを使ってドアノブの構造図を調べておくとスムーズに作業が進むでしょう。

  1. 取り外し作業は室内側のドアノブから始めましょう。ノブやレバーにネジがあったらまずそれを外します。
  2. ドアの根本付近にマイナスドライバーを刺し込んで少しずつドアノブを引っ張ると外れます。
  3. ドアに付いているノブを取り付けるための基部にあるネジを外す。ここでも基部が外れにくい場合はマイナスドライバーを使って外しやすくします。
  4. 室外側も同じ要領で取り外し、側面にあるラッチ(ストッパーの部分)のネジも外し、金属ごと外します。ラッチが外れにくい場合はドアノブを外した穴からドライバーを使って押し出すようにすると良いでしょう。

外したネジやパーツを無くさないように注意してください。

ドアノブを取り付けてみよう

ドアノブを外したら次は新しいドアノブを取り付ける作業です。基本的には外すときと逆の手順を行えば取り付けは可能ですがもう1度簡単におさらいしも兼ねて手順の解説をしていきましょう。

  1. ドアの両側から基部を取り付ける。
  2. ノブを取り付け、ネジで固定をする。

これだけです。ドアノブの交換は特殊な工具が必要だったり、手順が多く難しいと思っているひともいるかもしれませんが、実はすぐに取り換えられるのです。ドアノブをレバータイプの物に交換する際はネジ穴の大きさを調節するためにつまようじを埋める「木栓」という作業を行う場合があります。

つまようじの先端に木工用ボンドなどの接着剤を付けてドアの側面のネジ穴に差し込みます。余分にはみ出た部分を切り取り、木づちで叩いたりドライバーで押し込んでできるだけ奥まで押し込みます。この作業もそこまで難しくないので扉のあったレバータイプのドアノブがあったらチャレンジしてみてもよいかもしれません。

ドアノブの調子が悪くなる原因と対処法

ドアノブの調子が悪くなる原因と対処法を紹介

毎日当たり前のように使っているドアノブも、ある日突然調子が悪くなって今まで通りに使えなくなってしまうことがあります。そこでここからはドアノブの調子が悪くなる原因と、その対処法について解説をし、メンテナンスの方法についても説明していきたいと思います。

ドアノブの調子が悪くなる原因と対処法

ドアノブが急に壊れることはあまりありません、基本的には経年劣化や使い方によって少しずつ悪くなっていきます。

よくあるドアノブの症状は

  • ドアノブがガタつく
  • ドアノブが動かない
  • ドアノブが空転してドアが開かない
  • 鍵がかからない、かかりにくい

などがあります。

これらの症状の主な原因は

  • ドアノブの内部の部品が摩耗して傷んでいる
  • ネジが緩んでいる
  • ドアノブが錆びついている
  • 経年劣化により部品が傷んでいる
  • 乱雑な使用方法による破損

などが考えられます。

ドアノブの調子が悪くなった際の対処法

部品の摩耗や破損が原因となっている場合は交換するしかないですが、ネジの緩みやドアノブのガタつきは調整することによって改善することができます。1度ドアノブを外してみて、ネジを締め直してみましょう。ネジ穴が大きくなってしまっていた場合はつまようじなどを詰めて穴の大きさを調節するとガタつきがなくなることがあります。

ドアノブのメンテナンス方法

ドアノブの不具合は基本的に内部の部品が正常に動かないことが原因なので、ぱっと見ではどこが悪いかわかりにくいのです。一般的にドアノブは10年から15年程度で壊れるといわれているので、長年使っている物は緩くなったネジを締め直すなどのメンテナンスを心がけるといいでしょう。

ゴミの詰まりで不具合が起こることもあるので、ホコリを取り除くだけでも効果的です。そして湿気の多い浴室や使用頻度の多い部屋のドアノブは特に調子が悪くなることが多いので注意が必要です。

ドアノブの選び方

一言にドアノブといっても一般的な物から1度見たら忘れられないような印象的な物までその種類は様々です。ドアノブの交換を考えているとき、どんな種類のドアノブにしようかとホームセンターや通販サイトを眺めているときが1番楽しいのかもしれません。ここではそんな多種多様なドアノブの中から少し紹介していきます。

いろいろあるドアノブの種類

【丸型タイプ】
丸くなったドアノブを回すタイプでスタンダートなドアノブです。一昔前まではほとんどの住宅や会社で使用されていました。今ではあまり使われなくなって数が減少していますが、それでもアパートなどではまだ見かける昔から使われているタイプのドアノブです。

【レバー型タイプ】
手首をひねる必要がない分、丸型タイプより簡単にドアの開閉ができるようになりました。使用方法が簡単なためお年寄りや障碍者のいる住居に人気があります。新築やリフォームの際にドアノブをレバー型にする家も多くなりつつあります。他にも木製のドアノブやガラスのドアノブ、陶器でできたドアノブなど多種多様なドアノブがあります。部屋の雰囲気や好みによって選んでみてもいいでしょう。

防犯性能の高いドアノブを選ぼう

デザインや使いやすさもさることながら、ドアノブには基本的に鍵が付いています。大切な住居を守るためには防犯性能の高いドアノブを選ぶことも必要です。比較的使用されている鍵の種類を紹介するので参考にしてみてはどうでしょうか。

【インテグラル錠】
古いアパートやビルに使われている円筒状をしたドアノブです。ドアノブの中央に鍵をさすようなタイプの鍵で、現在主流の鍵に比べると防犯性能は劣っています。

【円筒錠】
主に室内や勝手口で使用されるタイプのドアノブで、室内側のボタンを押すことでドアノブの回転をロックし、鍵をかけます。

【レバーハンドル錠】
レバーを動かすことで施錠のできるタイプのドアノブで、荷物を持ったままでも容易に開けることができるので住宅や施設を中心に導入され始めています。

ドアノブをDIYする際に予め確認しておくこと

ドアノブをDIYする際に事前に確認しておくことを解説

ドアノブをDIYする際、最低限調べておかなくてはならないのが

  • ドアの厚さ
  • フロントサイズ
  • ビスピッチ
  • バックセット

という4つの寸法とドアノブのメーカーです。

  • 「ドアの厚さ」は言葉の通りドアの側面の寸法です。
  • 「フロントサイズ」はフロント版(ドア側面の金具)の縦幅と横幅の寸法のことです。
  • 「ビスピッチ」はフロント版を固定するビストビスの間隔のことで、これが正確に測れていないとフロント版しっかりと固定できないので注意しましょう。
  • 「バックセット」とはフロント版が固定されているドアの端からドアノブの中心までの長さのことです。

そしてメーカーのなまえは一般的にフロント版に刻印されています。

困ったときは業者に頼むのが間違いなし

ドアノブの交換は方法を知っていればそこまで難しい作業ではありません。しかし鍵の仕組みが複雑だったり、何年も放置されて錆びて腐食してしまっている場合はより専門的な技術が必要になってきます。また賃貸住宅では勝手に修理するのはやめたほうがいいでしょう。大家に無断で交換するとトラブルの原因にもなってしまいます。そんなときはプロに依頼するのが1番です。確かな技術で確実に悩みを解決してくれるでしょう。

まとめ

ドアノブの交換は正しい手順、正しい知識を身に着けていればDIYでも交換することができます。無理をするとドアを傷つけてしまうことがあるのでできないと思った場合は業者を呼ぶことも大切です。玄関や部屋のドアノブは毎日使う物です、何年も使っていると壊れてしまう日が来てしまいます。長く使い続けるためには定期的なメンテナンスと適切な使い方を心がけましょう。

そしてドアノブには数多くの種類があります。自分の好みに合ったドアノブを選ぶのも重要ですが、防犯性能をよくチェックして選びましょう。購入する前に最低限の下調べも忘れないようにしてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<