最新情報・レポート

玄関の鍵の種類とうまく選ぶコツ!より安全で快適な住まいへ!

玄関の鍵の種類とうまく選ぶコツ!より安全で快適な住まいへ!

 

ご自宅の鍵は防犯面に優れていますか?どんなに治安のよい街でも起こり得るのがピッキング被害です。「うちは大丈夫」と安心していると狙われるかもしれませんよ。鍵の種類によっては、ピッキングに弱いものがあるのです。

 

 

 

そのため、玄関の鍵選びにはピッキングに強いのかという防犯性が重要となるのです。そこで、今回は鍵の種類から玄関の鍵について詳しくご紹介します。防犯面に優れた鍵はどれなのか、しっかり理解して鍵選びの参考にしてください。

 

 

 

 

玄関の鍵を選ぶときに気をつけることは?

鍵の種類は多く、玄関の鍵といってもいろんな種類があります。その中から、鍵交換する際にどんなポイントに気をつけるとよいか見ていきましょう。

 

 

①防犯面を考える

大切な家への侵入を防ぐための玄関の鍵です。簡単にピッキングされてしまえば、鍵の意味がありません。防犯面に強い鍵かを確かめて選びましょう。

 

 

泥棒は、侵入に時間がかかる場合はあきらめて侵入をあきらめるといわれています。そのため「ピッキングに10分以上耐えることができる鍵」をおすすめします。そして、さらに防犯面を心配される方は、「鍵穴を壊すまでに10分以上耐えることができる鍵」を選ばれると安心でしょう。

 

 

②自分の玄関ドアに対応しているか

玄関のドアはそのまま使用し、鍵のみを交換する場合は鍵がそのドアに設置できるかの確認が必要です。事前にドアメーカーを確認し、対応できる鍵を選びましょう。

 

 

③予算に合わして選ぶ

防犯面に強い鍵ほど料金も高くなります。しかし、高額な鍵を選んだとしても、泥棒が玄関のみを狙うとはいえません。予算と防犯面などを考慮して、選びましょう。

 

 

玄関に使われている鍵の種類

玄関に使われている鍵の種類

 

実際に鍵の種類の中で玄関に使用されているものをご紹介します。

 

 

・ディスクシリンダー錠

昔から使用されている鍵であり、鍵の形はギザギザしています。一般的に多く普及しており、ピッキングされやすい鍵といわれています。そのため、防犯面に強いとはいえません。

 

 

・ピンシリンダー錠

ディスクシリンダー錠とともに、一般的に普及している鍵です。鍵の形は、刻みが一方向のみあるのが特徴です。シリンダー内部のピンを複雑にできるので、ディスクシリンダーと比べればピッキングに強いです。しかし、ピッキングに10分も耐えられるほど強いとはいえません。

 

 

・ディンプルシリンダー錠

ピンシリンダーよりもさらにシリンダー内部の構造を複雑化した鍵です。比較的新しい住宅などでは使用されていることがあります。鍵の表面がでこぼこしているのが特徴です。鍵の製品によっては、鍵穴に差し込む際に鍵の表裏を確認する必要のないリバーシブルキーのタイプもあります。

 

 

ディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠よりも防犯面に優れており、ピッキングが難しく時間がかかるでしょう。ただ、泥棒の中には開錠してしまうものもいるので、万全なものとは言い切れません。ピッキング対策を強化したい場合は、時間がさらにかかるように鍵を2つつけるとよいでしょう。

 

 

・マグネットタンブラーシリンダー錠

マグネットキーとは、鍵の側面にマグネットが埋め込まれているものです。そのため、ギザギザした鍵山はありません。埋め込まれたマグネットと、シリンダー内部のマグネットが反発することで開錠する仕組みです。

 

ピッキングは困難なため、防犯性が高い鍵です。しかし、マグネットは長年使用していると磁力が弱まるのでメンテナンスを定期的に行う必要があります。

 

 

・ロータリーディスクシリンダー錠

ピッキング被害が多く発生するということで、ディスクシリンダー錠をさらに開発してできたのがロータリーディスクシリンダー錠です。鍵穴に鍵を差し込むと、シリンダー内部のタンブラーが軸を中心として回転する仕組みとなっています。

 

 

そのため、鍵穴と一致する鍵を差し込まないと内務のタンブラーが回転しないので、ピッキングが難しい鍵です。防犯性が高いといえます。ただ、もし合鍵を作成するときには少しのズレも許されず、正確に作成しないと鍵が抜けなくなる場合もあるので注意が必要です。

 

 

最新の鍵を導入してより安全な住まいへ

実際に使用されている鍵の種類の中で玄関に使用されているものは、主にシリンダー式のものがほとんどです。そのため、シリンダーをどんどん複雑化していくことでしか防犯面を高めることができません。

 

 

そこで近年、シリンダー錠よりも防犯面に適しているといわれるデジタル錠に注目が集まっています。すでに、お店やマンションには使用されているものもあり、一戸建て住宅にも使用できる商品も販売されています。詳しくご紹介しましょう。

 

 

①暗証番号錠

ボタンやテンキーで暗証番号を入力することで開錠する鍵です。ドアが閉まれば同時に鍵がかかるオートロックになっているので、鍵を持ちあるく必要がありません。そのため、鍵を紛失してしまう心配もないので安心です。

 

暗証番号は、4~8ケタで自由に設定できます。もし、暗証番号が他人に漏れた場合でも、すぐに変更できるので安全でしょう。ただ、暗証番号を忘れてしまった場合は、開錠できないので注意が必要です。

 

 

暗証番号錠には、「機械式」「電気式」の2つのタイプがあります。「機械式」の場合は電気配線工事や電池交換などが不要です。一方で「電気式」の場合は、電気配線工事の必要なものと電池式のものがあり、電池式の電池は2年を目安に交換が必要です。

 

 

停電時を心配せれる方もいるかと思いますが、停電・通電できなくなった場合には開錠される設計となっています。ピッキングに強いので、シリンダー錠と併用して使用されている方もいます。

 

 

②カードキー

鍵がカードになっている鍵です。会社のオフィスやホテルなどで使用されています。とちらも、ドアが閉まれば同時に鍵がかかるオートロックになっているので閉め忘れがありません。

 

 

カードの仕組みは商品ごとに異なり、カードを差し込むタイプやかざすタイプなどがあります。価格は、シリンダー錠よりも高くなりますが、防犯面に強いので人気がある鍵です。

 

 

ピッキング被害にあいにくいので、防犯面では安心です。ただ、カード状なので財布などに入れておくと、落としやすいというデメリットがあります。また、カードが変形したり、折れたりすると使用できなくなるので管理にも注意が必要です。

 

 

③生態認証錠

指紋・静脈・顔など人の体が鍵となり、開錠できる鍵です。スマートフォンや銀行のATMに採用されているものです。一般的な住宅にも、指紋認証の鍵が徐々に選ばれ始めています。どんどん技術が進み、感知具合が良くなったので認証違いなどが改善されています。

 

 

商品によっては、暗証番号と指紋認証錠が一つになっているものや、指紋認証とシリンダー錠のツーロックになっているので、補助錠をして追加する必要がないようになっています。こちらも、オートロック式なので鍵の閉め忘れがありません。

 

 

交換する鍵がなかなか決められないときは?

	交換する鍵がなかなか決められないときは?

 

鍵の種類には玄関のものだけでもたくさんありました。防犯面や予算などを考えるとどれがよいのか迷ってしまうでしょう。しかし、玄関の鍵は毎日使用するものです。防犯面には適しているけど、使い勝手が悪いとならないように注意が必要です。

 

 

そこで、なかなか決められない場合は、ショールームへ行き実際に手で確かめてみましょう。写真で見ているだけでは、ドアの閉まり方や使い勝手は分かりません。実際に手にすることで確かめましょう。

 

 

また、防犯面で優れている鍵を選ぶときに基準となるので、「CPマーク」です。ピッキングや鍵穴こじ開けなどに5分以上耐えられるものについているマークです。そのため、どうしても迷ってしまい決められない場合は、このマークがついているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

さらに防犯性を高めてくれる簡単な対策

ここまで、鍵の種類で玄関に使用されている鍵についてご紹介してきました。家の防犯を考えたときに、玄関の鍵は重要です。しかし、泥棒の多くが窓から家に侵入するとされているので、窓にもしっかりと防犯対策をすることが大切です。詳しい窓の防犯対策をご紹介しましょう。

 

 

①補助錠

窓についている鍵をクレセント錠いいます。室内の密閉性を高めるためにつけられているので、フックに引っかけるというシンプルな作りとなっています。そのため、防犯性に弱く、窓ガラスを割られてしまえば簡単に開錠されてしまいます。そこで、補助錠をつけられることをおすすめします。

 

 

補助錠は、窓の下枠につけて窓が開かないようにするストッパーの役割となります。ストッパーがあることで、侵入までに時間がかかれば泥棒もあきらめます。そのため、より侵入までに時間をかけさせることが重要となるのです。

 

 

②防犯ガラス・防犯フィルム

窓の防犯対策として一番に思いつくのが、防犯ガラスとフィルムではないでしょうか?通常のガラスでは簡単に割られてしまいます。しかし、防犯ガラスやフィルムが貼られたガラスだと、なかなか割れず時間をかけないと割れない仕組みとなっています。窓が割れるまで時間がかかることで、泥棒はあきらめるので防犯対策としておすすめです。

 

 

しかし、防犯ガラスとフィルムのどちらがよいのでしょうか?迷われる方のために、費用面で比べてみましょう。

 

 

防犯ガラスは費用が高く、家中のガラスを交換するとなると膨大な費用がかかります。そして、業者に依頼して作業を行ってもらう必要があります。一方フィルムは、ホームセンターなどで簡単に購入でき、価格もお手頃です。あまりお金をかけたくない場合はフィルムをおすすめします。

 

 

また、狙われやすい窓だけを防犯ガラスに交換し、その他はフィルムにするのもよいでしょう。ただ、防犯フィルムの種類の中で、厚みや350μ以上のものでないと長時間耐えられないので、フィルムを選ぶときには厚みを確認しましょう。

 

 

まとめ

いかがですか?今回は、鍵の種類の中で玄関の鍵についてご紹介してきました。鍵を選ぶと時に一番に気になることが「防犯面」だと思います。そのため、もし鍵選びに迷ったときには、防犯面に特化した「CPマーク」を参考にされることをおすすめします。そして、もしご自宅の玄関の鍵の防犯性に心配の方は当サイトをご活用ください。鍵のプロがご相談にのります。

 

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<