最新情報・レポート

マンションの鍵を紛失したときの対処法と費用相場

マンションの鍵を紛失したときの対処法と費用相場

 

鍵は小さな防犯グッズです。普段持ち歩くものですし、ついつい粗雑な扱いをしてしまいがちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?もしかすると、ポケットなどに入れておいて、ポトリと落とした経験がある方も多いかもしれません。

 

落してしまったとき、多くの人はまず周囲を探したり、鞄の中などを探したりします。それでも見つからないとパニックになり、落ち込んでしまう方もいらっしゃるでしょう。マンションや賃貸で鍵をなくしてしまった場合、焦って鍵屋さんについ連絡してしまいがちですが、それよりも先に連絡・確認すべき事があります。今回はマンションや賃貸での鍵紛失の解決法について詳しくご紹介いたします。

 

 

鍵を紛失したときはまずここへ連絡

マンションの鍵をなくしてしまったら、まずは【警察】と【管理会社】の2つに連絡する必要があります。

 

●警察に連絡を入れて鍵が届いていないか聞く

鍵を落とした場合、善意のある方が見つけてくれれば、最寄りの交番に届けてくれるかもしれません。そのため、一度付近の交番に問い合わせてみましょう。もしなかった場合も、紛失届を提出すると、鍵が手元に戻ってくる確率が高まります。 紛失届は直接交番でも手続き可能ですが、電話での口頭でも受理してくれます。

 

また、落とすまでに立ち寄った施設などに問い合わせるのも1つの手段です。もしかすると施設の方が預かっているかもしれません。各所に連絡を行うと同時に、自分でも紛失したと思わしき場所を捜索して探してみましょう。

 

●管理会社やオーナーと相談する

鍵を紛失してしまった場合、マンションの大家さんや管理会社に連絡しましょう。マンションの管理会社に連絡すると、合鍵や本鍵で解錠してもらえる可能性があるので、鍵屋に鍵開けを依頼する必要がなくなります。

 

賃貸は戸建と異なり、鍵をなくすと同じ賃貸住宅に住んでいる人々に迷惑をかけてしまいます。つまり、自分だけの問題ではないのです。鍵が見つかった場合でも鍵交換をしないと安全とは言えませんので、管理会社に必ず連絡してどのように対処すればよいのか相談しましょう。

 

住まいによって変わる鍵の交換方法

住まいによって変わる鍵の交換方法

 

鍵を紛失してしまった場合、鍵交換はほぼ必須といえます。特に家の中以外の場所で落とすと、誰に拾われるか分からず、自身の部屋のセキュリティが下がってしまいます。鍵が手元に戻ってきたとしても、安易に安心できません。鍵には必ず型番が存在し、型番はそれぞれの鍵に記されています。鍵の型番さえ知っていれば複製できてしまうので、それを知っている人が型番を記録しあとで悪用する可能性があるのです。

 

鍵の取り換えは特殊な鍵を除き容易におこなえます。入手も簡単で、ホームセンターやインターネットなどを利用すれば数千円で交換することも可能です。そのため、自力で交換をおこなおうと考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

 

自分の持家の場合、自分の判断で鍵交換しても法律上の問題はありません。しかし、マンションや賃貸は勝手に鍵を交換するのは契約違反になる可能性があります。そのため、一度オーナーに連絡し、自力で行ってもよいか確認する必要があります。

 

また、鍵の交換を業者に依頼する場合も、同様に大家さんや管理会社に連絡しておいた方がよいです。鍵業者と提携を行っている管理会社もあり、別の業者に依頼すると費用が割高になる可能性もあります。

 

鍵を紛失したときにかかる費用は?

鍵をなくしてしまった場合に気になるのが費用。どれぐらいかかるのでしょうか?

 

●鍵開け・作成の依頼をした場合

とりあえず、応急処置としての鍵開け、または鍵の作成をおこなってもらう場合にかかる費用は数千円ほどのことが多いです。鍵開けの依頼をおこなう場合、費用が変動するポイントは「鍵の種類」です。一般的に使用されているギザギザした鍵であれば、数分程度で開けることができるため、費用が安価です。また、作成時にもとくに技術は必要なく数分で作成できるので、同様に安くなる場合が多いです。

 

その一方で、鍵先に丸くボコボコとした凹凸があるものやカードキーなどの、形状が複雑で機能性の高い鍵だと、作成に技術や時間が要求されます。そのため、解錠・作成ともに費用が数万円かかってしまうケースもあります。突然の出来事で高額な費用を要求されてしまうと用意が大変です。事前に自宅の鍵開けにはいくらほど費用がかかるのか調べておくとよいでしょう。

 

●鍵交換を依頼した場合

鍵の交換を行った場合、取り外しはおよそ一律の料金です。費用に大きく影響を及ぼすのは、鍵の種類です。

 

・一般的なギザギザの先端の鍵
・先端に丸や線状の凹凸がついた鍵
・カードキーや指紋認証など電子錠

 

この様に鍵といっても交換する鍵によって費用が大きく変動します。一般的な鍵であれば比較的安価に抑えられますが、防犯性が高いものや電子錠など鍵自体が高くなるものは、費用が上がる傾向にあります。また、設置時に技術がいるもの、電力供給のために配線をおこなわなければいけない場合も別途費用が発生します。

 

保険が適用できる場合がある

保険が適用できる場合がある

 

鍵を紛失し、新しく取り付ける場合は保険がきくのでしょうか?

 

マンションや賃貸に入居している場合、トラブル回避として保険への加入が勧められます。そのうち、鍵に関して適用できる保険は以下の2つです。

 

●家財保険

火災保険とセットで加入している可能性のある保険です。そのため、知らぬ間に加入しているとこともあるようです。家財に被害が発生したとき、保険が適用されます。

 

・鍵を他人に壊された場合

 

●火災保険

火災や自然災害によって自宅に被害があった場合に適用される保険です。基本的には火災中心ですが、保険内容によっては鍵に関する被害でも対応してもらえる可能性があります。

 

・鍵の解錠・交換時
・不審者による盗難被害にも対応する場合がある

 

貸主側との契約内容によっては、借主の費用負担が無料になることもあります。そのため、一度管理会社やオーナーに確認しておくと安心できます。

 

1つ注意したいのが保証の重複です。家財保険と火災保険の両方が適用される場合、基本的にはどちらか一方の保険しか受け取れません。かかった費用以上の保険金の受け取りはできないため、気をつけるようにしましょう。

 

まとめ

カギは持ち運び頻度が高いため、トラブルはいつでも起こりうるものです。トラブルが起きてしまう前に対処法を知っておく必要があります。賃貸の場合は、まずマンションのオーナーに連絡を入れ、どのように対処をすればよいのか尋ねましょう。大抵の場合、マスターキーがあるため室内に入室できます。また、落とした可能性のある店舗や施設、交番に連絡を入れておくと安心できます。

 

また、鍵をなくしたらオートロックである場合でも、できるだけ早く交換する必要があります。防犯性の高い鍵ほど精密性が求められるため、費用が高くなりがちです。選ぶ時は、費用や安全面に考慮して、自身にあったものを選ぶようにしましょう。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<