最新情報・レポート

鍵交換は自力でも可能?簡単にできる方法と注意点

鍵交換は自力でも可能?簡単にできる方法と注意点

 

鍵にはさまざまな種類あり、特徴も違います。防犯に強いといっても、鍵の形やタイプはさまざまであり、価格も異なります。 ご自分にあった性能が良い鍵を選ぶことで、防犯性能を向上させることができるのです。そのため、ご自宅にとって最適な物を選びたい方も多いはず。

そこで今回は、鍵の種類別に鍵の特徴を説明し、どんなものを選べばよいのかを詳しくご紹介します。これを見れば、鍵の種類を理解して自分にあった鍵を選ぶことができるでしょう。

 

 

 

 

 

鍵の種類にはどんなものがあるの?


鍵交換を行う前に、どんな鍵の種類があるのかを知る必要があります。鍵とひとくくりに言っても車・玄関・窓・自転車などさまざまです。ここでは、主に玄関の鍵に使用されているものをご紹介します。現在どの鍵を使用しており、交換するにはどの鍵がよいのか見ていきましょう。

 

・ディスクシリンダー錠

古くからあり、現在でも使用されている鍵です。鍵の形はギザギザしており、構造が単純なため、ピッキングされやすいので防犯性が高いとはいえません。現在もお使いの方がいましたら、鍵交換をおこなうことをおすすめします。

・ピンシリンダー錠

ディスクシリンダー錠同様、多くの住宅やマンションなどで使用されている鍵です。鍵のギザギザが鍵の片方しかないのが特徴です。シリンダー内部にはピン状のものがあり、それが一致することで開錠する仕組みとなっています。

ピンの配置を複雑にすることができるので、ディスクシリンダーよりピッキングに強いとされています。しかし、泥棒からすれば簡単に開錠できてしまう鍵なので、防犯面に優れているとはいえません。もし、この鍵を使用している場合は補助錠を取り付けることをおすすめします。

・ディンプルシリンダー錠

ピンシリンダーをより防犯性を高めるため開発されてのが、このディンプルシリンダー錠です。鍵の表面はでこぼこしており、そこにピンが一致することで開錠できる仕組みとなっています。ディンプルシリンダー錠の中には、鍵の裏表がないリバーシブルキーと呼ばれる種類もあります。鍵の裏表がないため、鍵を差し込む時に確認する必要がなく、便利だと選ばれる方が増えています。

・マグネットタンブラーシリンダー錠

鍵の表面にマグネットが埋め込まれており、鍵のギザギザがない形状となっている鍵です。鍵を差し込むと、シリンダー内部のマグネットと鍵内部のマグネットが反発することで開錠できる仕組みとなっています。S極とN極が正しく一致しないと、鍵が開錠されないため、ピッキング対策として適しています。マグネットなので、長期使用していると磁力が弱まるため定期的にメンテナンスが必要です。

・ロータリーディスクシリンダー錠

ディスクシリンダー錠の後で、ピッキングに対抗すべく開発されたのがこのロータリーディスクシリンダー錠です。鍵を差し込むと、シリンダー内部のタンブラーが軸を中心に回る仕組みとなっており、正しい鍵でないと回転しないため、ピッキングが難しくなっています。そのため、防犯性に優れた鍵と言えます。しかし、合鍵を作る時は、正確に作成しないと鍵が抜けなくなるという事態になりかねないので注意が必要です。

 

 

 

取り替える鍵を選ぶ



取り替える鍵を選ぶ

鍵交換を行う時に、どの鍵の種類を選ぶべきなのか。どのようなことに注意して選ぶべきなのかをご紹介します。

まず、鍵の種類を選ぶ時に重要となるのが「防犯面」です。 どんなに治安がよい地域でも発生する可能性があるピッキング。「自分の家は安全だ」とおもっていても、被害にあう可能性は誰にでもあるのです。そのため、鍵の防犯性をしっかり確認して選びましょう。

主に、泥棒は侵入までに5分以上時間がかかる場合は、あきらめるとされています。そのため、侵入までに5分以上かかるかが重要なポイントとなります。

どうしても、どの鍵にすればよいか迷った方にはCPマークが付いているものをおすすめします。CPマークとは、ピッキングや鍵穴こじ開けなどに5分以上耐えられるものについているマークです。防犯性に優れていることがすぐに見分けがつくので、迷った時にはCPマークを探してみましょう。

次に、自宅に設置できる鍵かどうかを確認します。鍵は購入したが、設置できないだなんでことにならないように、事前にドアメーカーを確認してから鍵を選びましょう。

また、ご予算を確認して、ご自身にあった鍵を選びましょう。防犯面に優れている鍵ほど金額も高くなります。そのため、防犯面ばかり気にしていると金額も予算を超えてしまうでしょう。泥棒の侵入経路は玄関とは限りません。そのことを踏まえて、選びましょう。

 

 

 

鍵を交換する


鍵を選んだら、鍵交換をしましょう。自分でも簡単にできる方法があるのでご紹介します。

【用意するもの】

・ドライバー
・新しく交換するシリンダー錠(ホームセンターやネットなどで購入可能です。)

【鍵交換手順】

① 現在ついている鍵を外していきましょう。扉の側面にある板のネジをドライバーで外します。

② ネジを外したら、板を取り外します。シリンダー側の上下のピン2本のみ外しましょう。
  ピン2本を外すとシリンダーが抜けるので、取り付け穴を確認します。

③ 次に、新しく購入した鍵を取り付けていきます。シリンダーを押しつけながら、先ほど抜いたピン2本を差し込みましょう。

④ 一度レバーをひねって確認してみます。側面にカンヌキと呼ばれる出っ張りがしっかり動作していれば問題ありません。

⑤ 最後に扉の側面の板をドライバーで取り付けて完成となります。

 

 

 

自分で交換する場合の注意点



自分で交換する場合の注意点

鍵交換を簡単にできる方法をご紹介しました。しかし、自分で交換する時には注意すべき点があります。詳しく確認しましょう。

●自分の鍵にあう鍵を選ぶ必要がある

どのような鍵がよいのかを、「防犯面」「予算」を比較して選ぶ必要があります。また、設置する場所に合っている種類のものを選ぶ必要があります。そして、鍵は毎日使用するものです。使い勝手を確かめるために、ショールームに足を運ぶことをおすすめします。

●困った時には無理に作業を進めない

鍵の交換は比較的簡単にできるとご紹介しました。しかし、少しでも不安がある方は無理に作業を行わないでください。無理に交換してしまうと、鍵がしっかりかからなくなったり、鍵が抜けなくなったりする不具合がでてしまいます。プロの業者に依頼することをおすすめします。即日対応してくれるので、依頼しましょう。

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?ここまで鍵の種類と鍵交換についてご紹介してきました。鍵の種類といってもたくさんのものがあり、迷ってしまう方もいるでしょう。しかし、防犯面を確認して選ぶことがもっとも重要であり、CPマークがついているかを確認すると選びやすいでしょう。そして、鍵交換をする時には、無理をせずに作業しましょう。

鍵の防犯面に心配がある方や、鍵の交換について知りたい方は当サイトをご活用ください。お力になれるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<