最新情報・レポート

ディンプルキーの合鍵を作る流れと注意点

ディンプルキーの合鍵を作る流れと注意点

 

ディンプルキーは防犯性が高いため、最近では多くのご家庭でも普及しています。しかし、鍵は大きさが小さいため失くしてしまうこともあるでしょう。鍵を失くしてしまった場合に困らないよう、合鍵を作っている方も多いのではないでしょうか?


ディンプルキーは防犯性能が高いというメリットもありますが、構造が複雑なため精度の高い合鍵を作ることは難しいです。完成度の低いディンプルキーを使用してしまうと、鍵穴が壊れてしまう可能性もあります。しかし、ディンプルキーの合鍵は作ることが可能です。今回はディンプルキーの特徴や、合鍵を作る際の流れをご紹介いたします。



ディンプルキーとは?

ディンプルキーとは、従来のギザギザした形状ではなく、丸みがあり、表面に大きさの異なるくぼみが複数あるといった特徴のある鍵です。シリンダー錠のひとつで、配列の組み合わせが1000億通り以上あると言われているため、複製が困難で防犯性にも優れています。


従来のシリンダー内には、ピンと呼ばれる部品が上下にしかありませんでした。しかし、ディンプルキーには斜めや横にもピンが追加されているため、ピッキングがとても困難になっています。ピンの数は従来の鍵の約3倍とされており、ピッキングする際の難易度は約10倍以上と言われています。


ピッキング以外にも破壊開錠を防ぐため、ドリリング防止版と呼ばれる超鋼で作られた金属板が入っています。ディンプルキーには不正開錠を防ぐための構造がいくつも施されているため、非常に防犯性能が高いです。大手メーカーのディンプルキーであれば、防犯性が高く優れているためピッキングされる心配はより減少します。しかし、質の低いものですと防犯性が十分になく、ピッキングでも開いてしまう可能性があるので注意が必要です。


ディンプルキーの合鍵を作るには高い技術が必要

ディンプルキーの合鍵を作るには高い技術が必要

 

ディンプルキーは防犯性が高いため、鍵の構造がとても複雑になっています。そのため複製して合鍵を作ることは難しく、小規模の鍵屋では対応できない場合もあります。合鍵を作る際の費用に関しましても、従来の鍵であれば1000円以下で作れる場合が多かったですが、ディンプルキーは5000円程かかってしまいます。必要な技術も高いため、値段も比較的高価になってしまうのです。


鍵の形や構造が異なっているため複雑で、ディンプルキーの合鍵を作る際には専用の機材を使わなければいけません。サイズが少しでも違ってしまうと開錠することが不可能になり、鍵が刺さらないことや、鍵が抜けないなどといったトラブルが発生します。最悪鍵穴が壊れてしまうこともあるでしょう。


ディンプルキーには様々な箇所にくぼみがあり、深さや広さも違っています。これを真似て合鍵を作るにはとても高い技術力が必要です。専用機材の価格も高いため、持っていない鍵屋も存在します。ディンプルキーの合鍵を作りたい場合には、あらかじめ電話でお問い合わせをしておくと良いでしょう。


ディンプルキーの合鍵を作る流れ

ディンプルキーの合鍵を作る場合は、専用機材のある鍵屋に持ち込むと良いでしょう。しかし、高い技術力が必要で難易度が高いため、腕の良い鍵屋に依頼しなければ精度の高いものを作ることは困難になります。合鍵作成にかかる時間の目安は約15~30分程です。


ディンプルキーの合鍵を作る際には、鍵屋に持ち込む以外にも、インターネット注文を利用することができます。値段も比較的安価で済むのが特徴です。インターネットを使用する場合は鍵のコピーを作るのではなく、メーカー純正の鍵を新しく入手するということです。メーカーによる純正品の方が、コピー品よりも品質的に優れています。ディンプルキーは鍵の精度がとても重要になるため、上手く刺さらないや抜けないといったトラブルを防ぐことも可能です。


注文を行う際には、ディンプルキーに刻印されたキーナンバーが必要です。純正キーの場合ですと持ち手部分に数字とアルファベットで構成ナンバーが書かれています。キーナンバーを把握しておくことで注文をスムーズに進めることが可能です。手配後はキャンセルすることができないため、番号の見間違いや入力間違いのないよう注意してください。


インターネット注文を利用する場合は、受注生産になるため受け取りまでの時間がかかってしまうことがデメリットです。納期の目安は約3週間~4週間程となります。しかし、メーカー純正のディンプルキーはより高品質であるため、トラブルに巻き込まれずより安心した鍵を求めている場合はインターネット注文をすると良いでしょう。他には、鍵屋による出張対応で合鍵をつくる方法もあります。インターネットを介したやり取りよりも時間がかからない、対応者と直接会えるというメリットがあるのでおすすめです。


合鍵が作れない場合もあるので注意

合鍵が作れない場合もあるので注意

 

鍵のメーカーがより防犯対策を高めるために、鍵屋で合鍵を作れないディンプルキーも販売されています。そのようなケースですと、その場で合鍵を作ることができません。鍵番号を控え、後日取りに行かなくてはいけなくなります。受け取る鍵は合鍵ではなく、メーカーが作った純正キーとなるので取り寄せまでの時間もかかるので注意してください。鍵のメーカーによっては、証明書を持っていなければ合鍵を作ることができないといった場合もあります。ディンプルキーに証明書が付属されていた場合は大事に保管しておきましょう。


まとめ

ディンプルキーは従来の鍵に比べ、とても防犯性が高くピッキングなどの被害を減らすことが可能です。しかし、構造が複雑なため合鍵を作る際には費用や時間がかかってしまいます。必要な技術力も高く、作ることが難しいため鍵が刺さらない、抜けないといったトラブルを起こすこともあります。ディンプルキーの合鍵を作る際には、コピー品ではなくメーカーの純正キーを取り寄せる、鍵屋に依頼するといった方法があります。受け取りまでの時間や、安全性などを考えて依頼先を決めていきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4評価, 平均評価: 2.00 )
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<