最新情報・レポート

合鍵作成にかかる時間の目安と注意点

合鍵作成にかかる時間の目安と注意点 引越しをするとき、鍵を持たせたい人がいるとき、合鍵は非常に便利です。合鍵はこのような生活に変化があるタイミングで「作りたいな」と思うのが一般的です。すぐに受け取れる合鍵ももちろんありますが、そうでない場合もあります。

 

合鍵の作成時間を把握しておくことで、欲しいときに手に入らない…という状況になることを防ぎます。合鍵作成にかかる時間の目安、そして合鍵に関する注意点を以下にご紹介します。

 

 

合鍵の作成にかかる時間

合鍵の作成にかかる時間は、鍵の種類によって変わります。以下に、種類ごとに確認していきましょう。

 

・ディスクシリンダー錠
広く使われている鍵のタイプです。そのため、比較的容易に合鍵を作成できます。作成時間はおおよそ3~5分程度です。スペアキーや折れた鍵からも作ることは可能です。

 

・ロータリーシリンダー錠
このタイプの鍵は、精度が高いのが特長です。そのため、少しの誤差があるだけで鍵が回らなくなってしまいます。作成が難しいので、スペアキーでは作れないとしている鍵屋さんもあるようです。作成時間は、3~5分程度です。

 

・ディンプルキー
ディンプルキーは、防犯性に優れている鍵です。そのため、精度が高く作成ができない場合もあります。作成時間は10~20分程度で、上の鍵と比べるとやや時間がかかります。また、ディンプルタイプのもののなかでも、鍵の断面形状が複雑なものなどはメーカー対応になることがあります。その場合は取り寄せるかたちになるので、手元に届くまでに10~14日と見ておいた方がいいでしょう。

 

・ロッキングバー方式の鍵
ディンプルキー同様、防犯性に優れた鍵です。そのため、メーカー対応になることが多いです。作成期間は、2~3週間ほどかかる場合が多いです。

 

・電子キー
鍵の側面にマグネットが入っているタイプです。鍵のくぼみによっては、メーカー対応になることがあります。作成時間は、おおよそ15~60分です。メーカー対応の場合は、さらに時間がかかります。

 

合鍵の作成料金に関しては、鍵の種類によって大きく変わります。一般的には、鍵の構造が複雑になると料金が高くなり、時間もかかります。メーカー対応で鍵製造を依頼した場合は、メーカーによっても値段が変動します。

 

車の合鍵に作成にかかる時間の目安

車の合鍵にかかる時間の目安 車の鍵にも、種類があるので時間はそれによって変わってきます。オートキーであれば、在庫がある場合、短時間で作成することも可能です。通常の鍵作成の場合、作成時間はおおよそ30~45分程度と言われていますが依頼する場所によっても変わってきます。車の用品店、鍵屋など複数に話を聞いて比較すると良いでしょう。

 

イモビライザーを搭載している場合は、特殊なカギなので自動車屋を通して注文するというかたちになることが多いです。いつまでに手元に届くかは、ディーラーに問い合わせるのが確実です。

 

自転車の合鍵を作るためにかかる時間

自転車の場合、5~10分程度で合鍵を作成できることが多いです。時間が上下するとすれば、お店の混み具合などが関係してきます。鍵の作成に必要なキーナンバーを控えておくと、よりスムーズに話が進みます。

 

合鍵作成の金額は、1,000円未満のことが多く、自宅や車の鍵ほど高額にならないケースが一般的です。鍵屋、ホームセンター、金物屋さんなど依頼する場所によっても変わるので金額の比較はあらかじめ必要と言えそうです。

 

合鍵を作成するタイミング

合鍵を作るタイミングはさまざまです。例えば、鍵のトラブルに遭遇したときに合鍵が無くて大変な思いをしたというときです。合鍵さえあれば、鍵をなくしてもとりあえず家に入ることができます。そのため、いざというときのための備えとして、用意しておいたほうが安心でしょう。

 

あとは、子どもが大きくなったから鍵をもたせる、あるいは引越ししたタイミングでなど、ライフスタイルが変わるときも合鍵作成のタイミングといえるでしょう。このように、人によってさまざまな合鍵作成のタイミングですが、いくつか注意点があります。

 

まずは、合鍵を必要以上に作らないということです。便利だからと何本も作ってしまうと、その分管理が大変になります。鍵の本数が増えるということは、紛失や盗難のリスクも上がります。とは言え、最低限家族の人数分は確保したいという方も多いでしょう。そのときは、悪質な利用を避けるためにも信頼できる人のみ、合鍵を渡すようにします。まだ小さい子どもに鍵を預けることは極力避けたほうがいいかもしれません。

 

次に、合鍵は早めに用意しておいたほうが無難ということです。鍵は、メーカーや番号が刻印されている元鍵(純正キー)と、元鍵を元につくった合鍵(スペアキー)が存在します。合鍵を作るときは、元鍵をもとにつくってもらうことが多いですが、合鍵を持っていって作成してもらうことも可能です。

 

しかし、なかには合鍵から作成できないケースもあるため、前もって依頼先に確認する必要があります。必要なときに作ればいいかなと考えていても、こういったケースで作れないことも出てくると考えられます。合鍵作成は余裕を持って行なうようにします。また、合鍵は精密に作られますが、元鍵とは若干の差が生まれます。この差が、鍵穴を傷つけてしまうケースもあるため合鍵からの作成を断るお店も存在します。

 

最後は、元鍵のうち1本は大切に保管しておくことです。合鍵を作ったら、元鍵のうち1本は金庫などに大切に保管します。鍵も長年使っていると擦れてくるなどして劣化していきます。劣化してしまった鍵から、合鍵を作るとなると誤差が大きくなるので作成が難しくなります。

 

引越しなどで、新しく鍵を手に入れた際は元鍵を保管し、合鍵を持ち歩いたほうが良いです。元鍵を人目の触れやすいところに付け、番号などを読み取られた場合、番号だけで合鍵を作ることも可能だからです。こういったリスクを避けるためにも、「元鍵は保管、合鍵を使う」という使い方が有効です。

 

合鍵を作成してくれる場所

合鍵を作成してくれる場所 合鍵を作ることができる場所はたくさんあります。依頼先ごとに特徴をみていきましょう。

 

・ホームセンター
住んでいる町に1つはあるのではないでしょうか?身近なホームセンターで、スペアキー製作が可能です。一般的な鍵であれば、即日受け取ることも可能です。ホームセンターに鍵の専門店がない場合は、サービスカウンターで受付けている可能性もあるので、そこも訪ねてみましょう。

 

・鍵屋
鍵のことなら、ここにまかせれば間違いはないでしょう。地下街や町の通り、百貨店内など意外とよく見かけます。特殊な鍵でなければ、当日に作成してもらうことも可能です。鍵屋によっては、出張対応してくれる業者もあります。すぐに駆けつけてくれて、なおかつ鍵屋に出向く必要がないので、便利に利用ができます。

 

・ネットの販売店
最近では、ネットで合カギを作ることもできるようになりました。鍵の写真を送り、鍵の番号を伝えれば作成をしてくれます。ネットで気軽に注文ができ、合鍵を自宅へ届けてくれるので鍵屋に行く手間が省けます。ネットを介すのが不安、住所などの個人情報が気になるというときは、お近くのホームセンターや鍵屋に依頼します。

 

まとめ

合鍵の作成時間は、鍵の種類、そして依頼先によって変動することがわかりました。合鍵は、直ぐに作れる!と思いがちですが、防犯性が高い鍵などが鍵の構造が複雑なため、時間がかかる場合があります。時間に余裕を持って、合鍵作成を依頼することが大切です。

 

依頼先には、それぞれ特徴があるので自分に合った依頼先を見つけます。いくつかの業者に話を聞いてから依頼するのもいいでしょう。そして、合鍵をつくったら鍵の管理にも気をつけます。合鍵を作れば作るほど、鍵紛失などのトラブルリスクは上がるので、より慎重にならなくてはいけません。

 

鍵の管理に気を付けながら、便利に合鍵を利用していきましょう!

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<