最新情報・レポート

ドアノブが壊れたときの対処法

ドアノブ

ある日突然、ドアノブが壊れた・・・そんなトラブルに見舞われた場合、個室から出られなくなる、または玄関が開いたままになってしまう、などとても困った事態になってしまいます。

そんなときどう対処したらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。今回は、そのような事態に対処するためにもドアノブが壊れたときのための対処法についてご紹介します。


なぜドアノブが壊れたか?

普段何気なく使用しているドアノブも、何回も回すことで緩くなったり、突然使用不能になり鍵がかからなくなることも考えられます。もしドアノブを使っていておかしいとと思うポイントがあれば、すぐに修理をしましょう。

もしドアノブを回してガタガタと音がしたり、回してもドアが開かないときは、鍵が壊れている恐れがあります。ネジの緩み、錆びつき、または何回も使用したことにより中の部品が擦り切れてしまっているなど、様々な原因が考えられます。

ドアノブの耐久年数は、一般的に10年から15年と言われています。ドアノブの不調は内部の部品が故障することによって引き起こされるものが多く、外側からはなかなか判断しづらいため、浴室やトイレ、自室など頻繁に使う場所のドアノブは、定期的にチェックをするのがいいでしょう。

壊れたドアノブをどうするか

マンションなどのドアノブ

壊れたままのドアノブを放置すると、部屋に閉じ込められる、泥棒の侵入口を作ってしまうなどの事態に繋がる恐れがあります。

家族がいる場合は助けを呼ぶことも可能ですが、一人暮らしの方や女性、高齢者の場合は自力でドアを開けられなくなってしまうこともあります。子どもが外の施設で閉じ込められた場合も同様です。

ドアノブの場合はドアノブ本体が可動しなくても、締まり金具であるラッチを引っ込めることでドアを開けることができます。ハンガーや針金などをラッチに引っかければドアを開けることができますが、トイレのドアのようにドアとドアの間に隙間がなければ難しいでしょう。

さらに、ラッチが四角形であると、より開けるのが困難になるので、ドアノブを外す必要があります。

ドアの内部が壊れている場合、取り外してみても何処が悪くなっているか分かりにくいことがほとんどなので、その際は新しいドアノブに交換するのがいいでしょう。

ただ、単なるネジの緩みの場合はネジをドライバーで締めることによって直すことは可能とされています。

ネジ穴が広がってしまっている場合はホームセンター等で新しいネジを購入しましょう。ネジを締め直してもドアがガタガタする、回してもドアが開かないなどの症状が見られる場合は内部が壊れている可能性があります。

自分でリペアする場合

ドアノブの交換部品と本体はホームセンター等で購入することができます。昨今ではDIY(Do it your self=自分でやろう)が流行していることもあり、アンティーク調のドアノブや動物をモチーフにしたドアノブなど様々なドアノブが売られており、自室のドアノブを可愛らしいドアノブに付け替える女性もいます。

自分好みのドアノブに交換してもいいですが、その為にはドアノブを付ける位置に気をつけなければなりません。ドアノブのラッチには型番が刻印されているので、その型番に合ったものを購入すればそのまま付け替えることが可能です。

そのように型番に合ったもので修復するとなると、手順は以下のようになります。

    1.ドアの方向に接している部分(ローズ)を反時計まわりに回して部屋側のドアノブを外す。
    2.ドア面に付いたままの座金からネジを抜き、外側のドアノブも外す。
    3.両方のドアノブを抜き、ドア側面についているドア本体のフロント板のネジを外し、抜く。
    4.外す時と逆手順に進めていく、つける時は側面のフロント板からつける、このときラッチがきちんと動くか見ておく。
    5.座金をつけ、外側のノブをつけた後内側のノブをつける。

自分好みのドアノブに付け替えたいという場合はドアの厚み、ビスピッチ(ドアに固定しているネジとネジの間隔)、バックセット(ドアの角からドアノブ中心までの距離)、フロント板のサイズを測る必要があります。

とくに新しいドアノブに対してビスピッチがぴったりでないと、またネジ穴を開け直さなければなりません。

これらが面倒である、自分では出来ない、故障した原因を知りたいというときはプロに相談するのがいいでしょう。

難しいときはプロに相談

鍵画像

ドアノブ交換のプロであれば、様々な不具合や異常に対しての知識が豊富です。そのため怪しいなと思ったらすぐに相談可能です。とくに玄関のドアが壊れた場合は、自己修理よりトラブルを知り尽くした鍵開けのプロに頼むのが安全です。

自分で作業して事態が悪化することもありますし、例え取り付けができたとしてもすぐに不具合が起きてしまうことも考えられます。

そのためあまり自分で触らずにカギについて詳しいプロまかせることをおすすめします。

まとめ

玄関、トイレ、自室、浴室などいたるところにあるドアノブは生活には欠かせないものです。

しかし、欠かせないものである分、壊れたときには非常に不便になります。自己修復もホームセンター等で部品を揃えれば行えますし、自分好みのドアノブに変えてしまってもいいかもしれません。

自分で作業するのが難しい場合にはプロに相談という方法もあります。快適な生活を送る為にも、ドアノブに異常が見つかった場合には速やかに修復しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<