最新情報・レポート

鍵が見つからないトラブルを最速解決!探すべき意外な紛失場所を紹介

鍵が見つからないトラブルを最速解決!探すべき意外な紛失場所を紹介

鍵をなくしてしまった!というトラブルは、だれしも不安で頭がパニックになるもの。頻繁に起こるトラブルでもないので、見つからないときはどうしたらいいのか、何から手をつけたらいいのかわからなくなる人も多いと思います。

そんなときこそ、このコラムをご一読ください。冷静な対応でいち早く解決できるよう、鍵が見つからないときの対処方法を確認していきましょう。

鍵のプロがトラブルをスピード解決!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

緊急!鍵がなくて家に入れない人へ

鍵が見つからないとき、もっとよく探したり、ご家族の帰りを待って鍵を開けてもらったりする時間がないときは、以下の2つの対処法をご検討ください。

①加入している保険会社に問い合わせてみる
②鍵屋さんに鍵開けを依頼する

1つめの対処法は、火災保険や学生生活の保険などに加入している人が対象です。保険のプランによっては、鍵トラブルのサポートが含まれていることもあります。無駄な費用を払うことなく鍵開けしてもらえるかもしれないので、心当たりがあれば、保険会社に一度確認してみましょう。

2つめは、すぐに対応してくれそうなお近くの鍵屋さんに鍵開けを依頼することです。その際は、作業前にきちんと見積りを提示してくれる鍵屋さんを選ぶことがポイントです。お金のトラブルに巻き込まれないために、どんなに焦ったり疲れたりしているときでも、料金のことはきちんと確認してから作業を依頼しましょう。

すぐに駆けつけてくれる鍵屋さんに心当たりがなければ、弊社にご連絡ください。日本全国、24時間365日いつでも鍵トラブルのご相談を受け付けております。

「今すぐ来てもらえる?」「費用はどれくらい?」など、不安なことはすべて受付スタッフにご相談ください。あなたの鍵トラブルを最速で解決できるよう、全力でサポートします。

もちろん、強引な勧誘はいたしません。費用の確認やご質問のみでも、安心してお電話ください。

鍵トラブルの無料相談窓口はこちら
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

鍵開けや鍵交換を依頼する際の注意点

相談

鍵開けや鍵交換を鍵屋さんに依頼するには、身分を証明できるものが必要になることがほとんどです。鍵屋さんの到着を待つ間に準備しておきましょう。

また賃貸アパートや分譲マンションに入居している場合、鍵開けや鍵交換をする際には、大家さんや不動産屋さん、または管理組合へ事前に連絡しておきましょう。勝手に鍵屋さんを呼ぶことで、のちのちトラブルに発展しまうこともあるからです。

鍵を紛失したらまず探すべき場所

鍵をなくしたとき、焦ってしまうのは仕方ないことです。しかし、冷静になれば見つかることもよくある話です。

まず深呼吸して、心を一度落ち着けて、下記でご紹介する場所を改めて探してみてください。鍵が見つからず家に入れない人(外でなくした人)、鍵が見つからず出かけられない人(家の中でなくした人)、どちらにも役立つ内容となっています。

1.鍵を最後に使った場所

鍵のイメージ2

まずは鍵を最後に使った場所や目にしたのはいつなのか、思い出してみましょう。逆に考えれば、そこまではあったということです。

たとえば……
・鍵穴に挿したまま
・最後に目にした場所へ置きっぱなし

もしそこになかったとしても、それ以後の思考を絞ることができるので、むやみに探し始めるよりは効率的になります。

2.自分が行った・通った場所

最後に鍵を見た場所からどこへ行ったか、どんな行動をしたかの記憶をたどりましょう。家の鍵であれば、玄関を閉めた後、今日はどこへ行ったかということです。

会社に行く途中に、コンビニへ寄りませんでしたか?電車に乗るとき、カバンから定期券や財布を取り出したりはしませんでしたか?

思い当たるところはすでに探したという人も、もう一度、時間と立ち寄った場所をきちんと書き出して整理してみましょう。会社、学校、最寄り駅、バス停、コンビニ、スーパー、飲食店……車であれば車内や座席シートの隙間……タクシーなどの移動手段もお忘れなく。探し漏れはありませんか?

落とした場所の候補を出せたら、実際に足を運んでみましょう。時間がなければ、電話で問い合わせてみてもよいでしょう。

コンビニや駅などでは店員さんや駅員さんが見つけて保管してくれている場合がありますし、落とし物として届けられているかもしれません。もちろん最終的には警察へと届けられますが、届けられてある程度の時間は保管されていることも多いので、一度たずねてみるとよいでしょう。

通行人が届けてくれている場合もあるので、立ち寄ったコンビニ以外で聞いてみるのも有効です。

鍵のような小さいものは発見されていないことも多く、実際に地面を探してみることも必要になってくるでしょう。その際は隙間もしっかり確認することも心がけてください。

3.鍵をなくしがちな場所

鍵をなくしやすい場所というのは、ある程度決まっているようです。鍵をなくしがちな場所を大きく3つにわけてまとめたので、参考にしてみてください。

玄関

鍵をなくしたことに一番気づきやすいのは、家から出ようとしたときでしょう。「さっきまであったのに、どこへいったかわからなくなった」ということも多いと思います。すると、なくした場所は玄関の中ではないでしょうか。

たとえば……
・玄関の棚の上に置き忘れていた
・下駄箱の下に落としていた

コートやバッグの中

服のポケットやバッグの中を調べてみたら鍵が入っていた、なんてこともよくあることです。

要確認!
コート、シャツ、ズボン、スカートなどのすべてのポケット(後ろのポケットや内ポケットも)はチェックしましたか?ハンカチやポーチの中、バッグの奥、底板の下など、隅々までしっかり探しましたか?

また、家の中で鍵をなくした人は、最近、普段は着ないスーツや礼服などを着ませんでしたか?普段と違うカバンで出かけませんでしたか?

よく思い出して探してみてください。

普段では置かないようなところ

とくにぼんやりしているときなどは、思いもよらない場所に置いているなんてこともあります。身の回りをひと通り探しても鍵が見つからないときは、下記のような少し意外な場所も確認してみましょう。

たとえば……
・冷蔵庫の中に入れていた
・トイレに置き忘れていた
・外で落としたと思ったら、家の中にあった

こういった場所から見つけるためには、冷静になって自分の行動を思い出し、「まさかそんなところにあるわけない」「ここは一度探したからないはず」という思い込みを捨てて丁寧に探すことが大事です。

意外と効く?鍵が見つかるおまじない

おまじないを唱えているうちに気分が落ち着く、おまじないを信じて探すことでやる気が上がる、ということもあります。その結果、見落としていた場所から鍵を発見できるかも……?「とにかくできることは全部やっておきたい!」という人は試してみてもよいでしょう。

・「たぬきがこけた」
紛失物が見つかる確率8割とネット上でうたわれているおまじないです。繰り返し唱えながら探すだけでよいそうです。

・「にんにく」
こちらも唱えながら探すだけ。見つけたいものを思い浮かべるのがコツのようです。

探しても鍵が見つからないときは

どれだけ探しても鍵が見つからないときは、警察に届けを出してください。それから、必要であれば鍵業者を呼んで鍵を開けてもらいましょう。また、落とした鍵を不審者に拾われて、ご自宅に侵入されてしまう危険もあるので、早めに鍵交換をおこないましょう。

警察に届け出るのは必須

警察に届け出るのは必須

警察に届け出をしておけば、見つかった際には連絡が入り、引き取ることができます。落とした鍵が手元に戻ってくれば、ひとまずは心にゆとりが持てるでしょう。

届け出を出すのは近くの交番や駐在所でかまいません。落とした場所の管轄ではない、家の近くの交番でも問題はありませんし、警察署でも受け付けてくれます。地域によっては警察署への電話や、インターネットでできるところもあるようです。

警察では住所や連絡先に加え、いつなくしたか、どこでなくしたか、鍵の特徴などを聞かれることになります。必要であれば事前に確認しておいてください。

もし見つかった場合は警察署など、指定された場所で受け取ります。受け取りには身分を証明できるものや印鑑が必要となるので用意しておいてください。

必要であれば鍵屋さんに鍵開けしてもらう

・家族の帰りを外で待つ体力がない
・この後予定があるので、早めに家に入りたい
・一人暮らしで、近所に合鍵を持っている人がいない

そんな人は、鍵トラブルに緊急対応できる鍵屋さんを呼んで、鍵を開けてもらいましょう。また、焦っていると忘れがちですが、火災保険などに鍵開けの補償が含まれていることもあります。鍵屋さんを呼ぶときの詳しい注意事項は、冒頭の「緊急!鍵がなくて家に入れない人へ」の章をご覧ください。

鍵交換をする重要性

鍵をどこかで落として見つからないということは、だれかが落とした鍵を持っているかもしれません。警察などに届けられ戻ってきたとしても、スペアキーを作られている可能性もあります。

住所がわからなければ勝手に家に入られることはないとお考えかもしれません。しかし……

・もし見知らぬ人に自宅の前に落ちている鍵を拾われていたら?
・もしよからぬことを考えているご近所さんに鍵を拾われていたら?
・落としたのではなく、盗まれたのだとしたら?

万が一のことも考えて、費用がかかっても鍵交換をしておいたほうが安心できることには違いないでしょう。

今この記事を読んでいる人のほとんどが、「自分が鍵をなくすわけない」「毎日使う鍵をなくすわけない」……そう思っていたのに、鍵をなくしてしまったのではないでしょうか?

「あるわけない」と思っていることが実際に起きてしまった以上、「自分が犯罪に巻き込まれるわけない」と油断するのは危険です。落とした鍵が悪用されて、ストーカー被害や盗難被害にあってしまう前に、早めに鍵交換をしておきましょう。

鍵交換の無料見積り 気軽にご相談ください
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

鍵が見つかっても油断しないで!

たとえ鍵が見つかったとしても、家の外で落としたことがある鍵を使い続けるのは危険です。鍵が見つからない人はもちろん、外で落とした鍵が手元に戻ってきた人も、上記でご紹介したように、防犯対策に力を入れる必要があります。

できるだけ早く鍵を交換したり、増設したりといった対応をしましょう。鍵を落としてから1年後に金品がなくなっており、警察に相談したものの、鍵の紛失から時間がたちすぎて盗難だと立証できないと言われた……なんて体験をした人もいるそうです。

もう鍵をなくさない!今後に備えた対策

最後に、鍵をなくさないためにこれからできる対策についてご紹介します。鍵が見つかった後や、鍵屋さんの手配をすませた後の待ち時間などに目を通してみてください。

鍵を紛失しないために

鍵を紛失しないために

整理整頓をしっかりおこないつつ、鍵の場所を固定しておくのが一番です。家の中にいるときは部屋のここに置く、出かけるときにはカバンのこのポケットに入れる、といったことを徹底しておけば、鍵の紛失を防げる場合が多いです。

定位置をしっかり作っておけば、コンビニで財布を取り出したとき適当に放り込んでいた鍵を落としてしまう、なんてことを防ぐ対策にもなります。

また、最近では鍵を見つけるアプリもあるようです。事前に鍵にキーホルダーのような小さなタグを購入して取り付け、スマートフォンと連携させることが必要です。鍵だけでなく、財布などほかのものにつけることもできます。

もう大切なものをなくして慌てたくないという人は、こういったキーファインダーなどのグッズを購入してみるのもよいでしょう。

鍵をなくしたときに焦らないために

どれだけ対策をしていても、鍵紛失を絶対に防げるわけではありません。鍵をなくしたときに心配なのは、その鍵を他人が勝手に使わないかという点でしょう。

とくに家の鍵の場合、名前や住所がわかるものを一緒になくしてしまうと危険性は高まります。鍵は、住所を書いたキーホルダーや免許証などと一緒に持ち歩かないようにしましょう。

また鍵の特徴をしっかりわかるようにしておくことも大切です。なくしたときは心が揺らいでいるので、特徴を表現することが難しくなるかもしれません。写真を撮って携帯電話に保存しておけば、特徴がすぐわかります。

またスペアキーを用意しておくことも焦らずにすむ対策になります。スペアキーがあればその場は乗り切れるので、冷静に考えつつ次の行動ができます。ただ、空き巣に利用される可能性も否定できないので、自分なりの保管方法を用意しておきましょう。

まとめ

鍵が見つからないとなれば、だれでも焦ってしまうものです。しかし冷静に対応することでその後のさまざまなリスクにも対処することができます。

鍵がなくて家に入れない、出かけられない……もしこんな緊急のトラブルでお困りなら、24時間365日、いつでも弊社までご相談ください。鍵のプロを迅速に手配し、一刻も早くトラブルを解決できるよう尽力いたします。

ひとまずスペアキーで家に入れたけど、不安だから鍵を交換(増設)したい……こんなお悩みも弊社にお任せください。

「せっかく鍵を新しく交換するなら最新式の錠前にして、空き巣防止に力を入れたい」「最低限の費用で、これまで通り安心して暮らしたい」など、あなたのご要望にあわせて、作業スタッフから適切な鍵をご提案させていただくことも可能です。

正式なご契約前まではキャンセルも可能なので、安心してご相談いただければと思います。

鍵のことなら何でもご相談ください!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
2:59 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<