最新情報・レポート

不正な鍵の開錠手口を知り対策を行いましょう

侵入窃盗の件数は年々減少傾向にあるようですが、その背景には鍵の高性能化が関係しているようです。鍵メーカーの対応は素早く、不正開錠に対抗する新しい機能を持った鍵が次々と誕生しています。しかしながら、現状ではまだ侵入窃盗の被害が後をたちません。侵入窃盗を防ぐには、鍵メーカーだけでなく我々一般人の努力も必要でしょう。
今回はさまざまな不正開錠の方法とその対策や不正開錠に強い鍵を紹介していきます。このページを参考に、今一度不正開錠への対策ができているかどうかを確認してもらえたらと思います。





不正開錠

ピッキングによる不正開錠

特殊な工具を使って鍵を開ける手法の一つがピッキングと呼ばれています。鍵穴の特徴や種類ごとにぴったり合う工具を選んで差し込み、鍵の内側にあるピンを押し上げて施錠を解除するものです。もともとは鍵の紛失を解決するために鍵屋が使っていた方法といわれ、成功させるには高度なテクニックが必要とされます。1990年代に日本全国で広く横行した手口といわれます。


サムターン回しによる不正開錠

サムターン回しは、内部から鍵を解錠するピッキングとは少し違います。鍵のついている扉やドアそのものに穴を開け、その隙間に通した金属の棒を操って、家や部屋の内側から鍵のつまみ(サムターン)を回して開錠するのです。ドアの材質次第ではドリルなどでもたやすく穴が開けられる場合があり、モーターの音がしないハンドドリルなどを使えば、周囲に気づかれにくくなります。
このケースでは、サムターンの形状を工夫したり、カバーをつけたりすることで解錠を防げます。しかし、扉の外からは対策の有無がわからないため、扉に穴を開けられることを防ぐ効果は期待できません。


新たな不正開錠バンピング

バンピングは特殊な形状をした「バンプキー」と呼ばれる鍵を鍵穴にさし込み、それを叩いて鍵を開けます。たくさんの工具からひとつを選び出す必要のあるピッキングよりも簡単にできるとされ、その難易度は十歳にも満たない子供でも2~3秒で開錠できるほどだといわれています。近年はテレビやインターネットの動画サイトなどで情報が流れ、広く知られるようになりました。
この手法が有効なのはピンシリンダーといわれる、片側の歯がギザギザしたタイプの鍵で、両側に凹凸のあるディスクシリンダーやロータリーシリンダーには、多くの場合に効果がないとされています。


強い鍵

不正開錠に強い鍵

不正開錠にはさまざまな種類の対策が考案されています。 ディンプルキーと呼ばれる鍵には、鍵の両端ではなく表面に多くのくぼみがあり、従来の鍵よりも多くのピンが合致しなければ開錠できない仕組みになっています。一戸建ての住宅やマンションなど、一般的な住宅によく利用されているものです。この種の鍵が増えたことによって、それまで横行していたピッキングの被害が激減したといわれています。

ピッキングやバンピングを行おうとすると強制的にロックがかかり、シリンダーの回転がとまるタイプの鍵もあります。こじ開けられそうになった鍵穴がそのまま一定角度で固定される機能がついているものもあり、犯行の証拠を残すこともできます。

また、普通の鍵とは別にもう一つ補助錠を取り付けるのも効果的な方法です。一つのドアに二つ鍵を付けることを「1ドア2ロック」といい、国土交通省の「防犯設計指針」でも奨励されています。二つの鍵をかけることで侵入にかかる時間も二倍になるうえ、防犯性への危機意識が外見にも表れるため、住宅が不正開錠の対象に選ばれづらくなる利点もあります。

しかし、このように鍵や鍵穴の精度が向上した一方で、近年では、鍵番号を盗み見られただけで知らぬ間に合鍵を複製されるケースも報告されています。鍵穴の形状だけでなく、鍵そのものの管理にも注意が必要です。このケースでは、鍵番号のない鍵を使用するなどの防犯対策があげられています。


まとめ

鍵の不正開錠にはこれまでもさまざまな対策がされてきました。従来の侵入手口に対抗し得るほどにまで、鍵穴や鍵の性能が向上されてきたといえるでしょう。それらの知識をふまえ、鍵の種類を慎重に選ぶ、鍵の数を増やす、補助錠をとりつけるなど、鍵の所有者の判断や工夫によっても防犯性を改善させることができます。
多種多様な対策方法があることを知ったうえで、再度ご自宅の鍵の安全性を確認し、効果的な工夫を施してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<