最新情報・レポート

鍵をなくしてしまうちょっとした法則

日常生活の中で、自宅の鍵を失くした経験がある方も見えるのではないでしょうか。とても困りますし、「何でこんなに大切な鍵を失くしてしまうのだろう」とか「自分は管理能力がないのでは」と思ってしまう方も見えるかもしれません。今回はそんな大切な「鍵」を失くしてしまう理由は一体どこにあるのかお話ししていきましょう。一般的な感覚であれば、鍵はとても大切なものなので、肌身離さず身につけていて、絶対に失くさないように丁重に注意を払っているものです。それにもかかわらず鍵を失くしてしまうというのは、人類に共通した何らかの理由があると考えられています。これには「マーフィーの法則」の様なものが働いている可能性があります。マーフィーの法則とは、例を挙げると傘を忘れた時程雨が降るとか、洗濯物を干した時に限って天候が崩れる等、少し皮肉な結果になる法則の数々の事を言います。その法則性を用いたとしたら、普段私達が鍵を「大切にしたい、絶対に失くしたくない」と思っている感情から皮肉な結果を招いてしまい、失くしてしまうのではないでしょうか。又、人間は常に全ての状況や物事に意識を張り巡らせているわけではないです。大切だと思っている鍵についても、常に意識している訳ではないのです。鍵のトラブルを招かない為には、普段から鞄の中身を整理したり、鍵をしまった際に意識的にどこにしまったのか覚えていたりする工夫をするとより鍵を無くすことは減らせるかもしれません。それでももし、鍵を失くした場合は、落ち着いて鞄の中や、ポケットの中等の身の回りを探してみて、それでもなかった場合は鍵屋さんに連絡する事が望ましいでしょう。鍵のトラブルは一人で悩まず、早急に相談してみましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
20:43 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<