最新情報・レポート

鍵の追加で防犯意識の高さを主張

玄関の鍵の追加で防犯意識の高さを主張する 空き巣被害にあいやすい住宅は、侵入しやすく逃走しやすい立地だったり、留守が多かったり、 一人暮らしや高齢者世帯、防犯意識の低さなどが上位にあがっています。 玄関の鍵がひとつのみで解錠しやすいものであれば、空き巣は防犯意識が低い家と判断を下して 狙われることとなっていまします。 種類によっては穴をあけずに設置することができますので、賃貸であっても跡を残さずに外すことができます。 生活習慣や住宅の立地を変えることはできませんので、玄関の鍵を2.3個鍵を追加することで 防犯意識の高さをアピールして空き巣被害を回避しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<