最新情報・レポート

鍵の経年劣化にご注意ください

2021.01.21

普段何気なく、様々な場面で鍵を使用する場合があるかと思われます。しかし、物には必ず寿命が存在しますので、当然鍵もメンテナンスを怠ってしまえば突然トラブルを発生させてしまう恐れがあります。そこで、鍵は一体どのような状況で破損してしまうのでしょうか。よくあるトラブルとしましては、鍵の経年劣化による内容です。これは長期間の使用により、鍵が擦り減ってしまい鍵穴と一致しなくなってしまうことも考えられます。そのため、鍵を回した時に不調が見られた場合は、無理に解錠してしまうと簡単に破損してしまうのです。その他にも、鍵本体、又は鍵穴にホコリが詰まっていればトラブルの原因となるでしょう。こちらは環境やご使用なされている鍵の種類によっても異なりますが、10年前後鍵のメンテナンスをなされていない方は特に注意が必要と言えます。もし心当たりのある方がいらっしゃれば、お早めに鍵屋さんへ点検を依頼すると良いでしょう。個人でも行える対策方法では、湿気が原因により錆びてしまうこともありますので、水分はすぐに拭き取る様に心掛けるだけでも効果はあります。ふと思い出した時に鍵や鍵穴を確認するように習慣をつけておけば、どのようなトラブルでも事前対策が行える可能性は十分に高くなると言えるのです。そしてもしも不調や劣化に気づいた際には、そのまま放っておかないようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
10:52 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<