最新情報・レポート

鍵のはじまり

カギが登場したのは、遡ること紀元前2000年。
守るべき財産ができるようになってから、防犯を防ぐために作られました。
初期のカギは、皮ひもや縄などを複雑に結んでいたのですが、この結び目は
結んだ本人しか解くことができないといわれています。
ただしこの紐部分を切断されてしまうとせっかくのカギの役目を果たせない
ことから、安全性はさほど高いものではありませんでした。
中世では指輪式のカギを使用したり、カギ職人によって芸術的な作品が
次々と生み出されていましたが、錠前部分に装飾が施されても、「カギ」自体は
大きな変化がありません。
現代ではカギのパターンは多岐に渡り、指紋認証式、電子式など様々な形態の
ものが出ています。使用場所やセキュリティー重要度に応じて鍵を使い分けましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
19:45 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<