最新情報・レポート

金庫の鍵の管理にご注意ください

貴重品や現金、貴金属、有価証券類などを保管しておく金庫の鍵は、普通の住宅の鍵よりも更に不正解錠に強い構造になっています。特に大型の金庫では、持ち出す事もできないような重量でもありますから、持ち逃げということも困難です。

本体は丈夫な金属とコンクリートなどで形成されており、ドリルで穴を空けたり、カッターなどで切断するのは容易なことではありません。

また、鍵についてもダイヤル錠とシリンダー錠が併用されていることが多く、どちらかが空けられても、もう一方の暗証番号や鍵がなければ扉を開けることが出来ません。

防犯性能の高い金庫ですが、それだけに鍵の紛失や暗証番号が分からなくなった時には大変な事になります。合鍵があればまだしも、暗証番号は本当に誰も覚えていないという場合もあります。

こうなると、頑丈な構造が恨めしくもなります。普通の扉であれば、最悪こじ開けやドリリングと言った方法で鍵を破壊して開けることもできますが、金庫ではそれもかなり困難です。

もしも金庫が空けられなくなった場合は、自分たちでなんとかしようとせず、当サイト、カギ110番にご相談ください。
24時間、365日受付対応できるコールセンターが、皆様からのお電話を心よりお待ちしております。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
22:15 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<