最新情報・レポート

外付け式の鍵で空き巣を抑止!賃貸住宅でも取り付けってできるの?

外付け式の鍵で空き巣を抑止!賃貸住宅でも取り付けできるって本当?

空き巣の被害が相次いでおり、防犯意識が高まっている今日この頃。少しの外出でも鍵をかける、夜間も電気をつけておいて在宅をアピールするなど、できる範囲での防犯対策をおこなうことは大切です。しかし、それだけでは不安な人は多いでしょう。

設備面での対策もしようと考えた際、手軽にできそうな防犯グッズとして外付けの補助錠というものがありますよね。では、補助錠にはいったいどのような種類のものがあるのでしょうか。また、賃貸住宅にお住まいの方は、勝手に取り付けてよいのかもわからないと思います。

このページでは、どのような補助錠があるのか紹介していき、外付け式の鍵を取り付ける防犯上のメリットや、効果的な防犯対策として鍵の交換方法などを解説します。

外付け式の鍵のさまざまな種類

外付け式の補助錠にはさまざまな種類があります。代表的な3種類をご紹介しますので、自分の性格や使い方にあったものを選ぶとよいでしょう。

ディンプルキータイプ

ディンプルキータイプの鍵穴は、ピッキングへの耐性が格段に強い構造をしています。複雑な形状から鍵の複製は困難で、円筒状の錠に鍵を差し込んで回すタイプであるシリンダー錠の中で、最も防犯性に優れた鍵です。

とにかく防犯性を高めたい方は、ディンプルキータイプの補助錠を選ぶとよいでしょう。

ダイヤル・暗証番号タイプ

ダイヤルを回して合わせたり、暗証番号を入力したりすることでロックが外れるタイプの補助錠も市販されています。

ひとつの扉にふたつの錠を取り付ける、ワンドア・ツーロックにすることで錠が1つ増えてしまい、「複数の鍵を持ち歩くと紛失が心配」という方もいることでしょう。

そういった方も鍵を持ち歩く必要のないキーレスの補助錠を取り付けることで、持ち運ぶ鍵を増やすことなく防犯性を高めることができるのです。

デジタルタイプ

暗証番号を忘れてしまいそうな方や、どうせ取り付けるのなら最新の防犯対策を取り入れたい方は、デジタルタイプの補助錠がおすすめです。最近では、登録したICカードやスマートフォンによって解錠できる補助錠も販売されています。

内側につまみがないのでドアに穴を開けて金属の棒を差し込み、つまみを回して開錠するサムターン回しをされてしまうこともありません。無理に破壊すると警報が鳴り響くなど、デジタルタイプのメリットはさまざまです。

賃貸住宅も補助錠で防犯対策を!

賃貸住宅も補助錠で防犯対策を!

賃貸住宅の場合、錠やドアは管理会社のもので、勝手に工事をするわけにはいきません。しかしそれでは防犯面が不安だというとき、補助錠を取り付けたいですよね。賃貸住宅に補助錠を取り付ける際は、どのようにしたらよいのでしょうか。

工事不要で取り付けられるものもある

じつは補助錠には、工事不要で取り付けられる外付け式のものと内付け式のものがあります。ちなみに面付け式という補助錠もありますが、しっかりと取り付けられるもののドアの扉に穴を開ける必要が出あるのです。

どうしても面付け式のものを設置したい場合は、必ず管理会社や大家さんに事前相談をしましょう。

事前に大家さんや管理会社に相談する

工事をともなわない、穴を開ける必要のない鍵の取り付けでも、大家さんや管理会社へ事前に確認を取る必要があります。勝手に取り付けてしまうと部屋の引き渡しや点検の際など、のちにトラブルになってしまうおそれがあります。

補助錠のスペアキーは大家さんに渡す

管理会社は普通、賃貸住宅のすべての部屋で使用されている合鍵を持っています。これは借主に何かあったときや、借主が不在のときに火事などの事件が室内で起きたとき、スムーズに中に入ることができるようにするためです。

ですので、補助錠を取り付けた場合はスペアキーのうち1つを大家さんや管理会社に渡しておく必要があります。

補助錠だけじゃない!玄関の防犯性を高める方法

管理会社の管理する補助錠が増えてしまうことや、補助錠への理解が得られないといったケースから、管理会社に補助錠の設置を断られてしまうこともあるでしょう。補助錠の取り付けが難しい場合は、別の方法で玄関の防犯性を高める必要があります。

モニター付きインターホンを設置する

モニターの付いているインターホンがあれば来客の顔がわかるため、安心してドアを開けることができます。じつはそれだけでなく、空き巣の抑制にもなるのです。

多くの空き巣は侵入する前に下見をしており、留守の時間を事前に把握してから侵入します。その確認方法の半分ほどは「インターホンを押して留守の時間を確認する」といった手法です。

モニター付きのインターホンが設置されていると、空き巣は顔が映ることをおそれ、このような手法で留守を確認できなくなります。

しかし賃貸マンションの場合は、モニター付きのインターホンへのリフォームが難しいものです。そんなときはドアに引っかけて固定するだけで使用できる、ワイヤレスモニターで外の様子を確認する方法があります。

最近ではモニターの子機だけでなくスマートフォンから映像を確認でき、インターホンが鳴ったらすぐにスマホで来客を確認することができるものも登場しています。

鍵を交換する

賃貸マンションでは以前の入居者と同じ鍵のままであることや、そうでなくても空き部屋の鍵と交換しているだけといった場合など、防犯性能に不安を覚えることは多いものです。その不安を解消するには、鍵を防犯性能の高いものへ交換するという方法があります。

その際は必ず管理会社や大家さんに相談したうえで、鍵屋やセキリュティ事業者に施工を依頼しましょう。

外付け式の鍵はなぜ効果的?

外付け式の鍵はなぜ効果的?

工事不要で取り付けが可能な外付け式と内付け式の補助錠。とくに外付け式の補助錠は、防犯面から効果的といえます。

空き巣は外付け式の鍵を嫌がる

内付け式と違い、外付け式の補助錠は外から補助錠が取り付けられていることがすぐにわかるため、侵入に時間をかけたくない空き巣への抑止効果は抜群です。

購入の際は、家の中に入るときもつけっぱなしにできるタイプのものを選択しましょう。外付けの補助錠の中には、家の中に入るたびに取り外すタイプのものも存在します。

そのタイプの補助錠を使用すると、「補助錠が取り付けられているときは不在」と空き巣に知らせてしまうことになるのです。

ワンドア・ツーロックで防犯を!

外付け式の鍵を取り付けることで鍵がふたつとなり、ピッキングや錠の破壊によって侵入を試みる空き巣の手間も2倍になります。時間をかけることを嫌う空き巣は素早く侵入して脱出できる家を探しています。そのため、ワンドア・ツーロックとわかる家は敬遠する傾向があるのです。

まとめ

このページでは賃貸住宅に補助錠を取り付ける方法や、防犯性能を上げる方法を解説してきました。補助錠のメリットは単純な破られにくさだけではなく、外付け式のものを使用することで視覚的にも空き巣被害を抑制できることが挙げられます。

賃貸住宅の居住者は、部屋に勝手に手を加えるわけにはいきません。防犯面で不安を抱いている方は、心がけによる防犯だけでなく、補助錠の設置をしてはいかがでしょうか。

外付け式の補助錠を取り付けたいと検討している方は、まずは管理会社に相談したうえで業者に相談してみましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<