最新情報・レポート

補助錠でも防犯性アップに貢献します

最近の住宅用玄関ドアは、ワンドアツーロックが基本になっているようで、多くの製品で最初から鍵を2つ付ける前提の設計がされていることがあります。
鍵が2つ付いているということは、玄関の鍵を壊したり、不正解錠して空き巣に入ろうとする犯罪者に対して、2倍の時間を要することを示していますから、犯行に及ぶ前に撃退できるかもしれない抑止力のようなものがあります。
しかし、古い玄関ドアには鍵を取り付けるようなスペースもなく、また費用面でも高くなってしまうことがありますので、そのことを気にしてワンドアワンロックのままのお家も多いかもしれません。
しかし、そんなドアでも取り付けられる補助錠の事を忘れていませんか?
補助錠は、名前の通り玄関にすでについている鍵の補助を行なう錠前で、一般的に後付出来るものが多く、ドアやドア枠構造を大幅に変えること無く取り付けが可能な製品が多いようです。
ドアの外側に取り付けるタイプ、ドアの内側に取り付けるタイプといろいろありますが、ドアの外側に取り付けるものは、それ自体がワンドアツーロックと同様に、侵入者に対する抑止になることも考えられます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
19:45 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<