最新情報・レポート

老朽化の危険性

仕事や買い物など外に出かけるときには必ず玄関を開け、鍵を開施錠します。毎日のように使う場所だからこそ、消耗が激しく老朽化しやすくなります。そして消耗や老朽化を放置しているとそれだけで、いくつもの危険にさらされることになります。例えば鍵を回した際に、引っ掛かりを感じたり回しづらい症状を放置していると症状が悪化するだけではなく、最悪の場合鍵が折れてしまうこともあります。そうなってしまったら業者が来るまでの間、家に入れず、鍵交換は明らかに必要ですから、思わぬタイミングで出費してしまうことになります。モノである以上、寿命がある事実は変えられませんが、定期的なメンテナンスや、異常を感じた際はすぐに相談するなどして突然のトラブルを回避することが大切です。
また老朽化しているということは、それだけ古い鍵だということにもなります。老朽化するほど古い鍵であれば、当然防犯性能も低いためピッキングされ、空き巣に入られる危険性も高まります。鍵の形や状態は外からも簡単に確認できるため、防犯対策が取れているどうかの確認もしやすいのです。空き巣は誰かに見つかることを恐れるためなるべく手早く浸入出来る住宅を狙います。古い鍵を使っているということはそれだけで狙われる危険性が高まってしまうため、勿体ないからといって老朽化するほど使い続けることはオススメできません。古いがために起こる鍵のトラブルを避けるためにも、早めに業者と相談しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
18:08 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<