最新情報・レポート

破錠の意味は鍵を壊して開けること!プロにまかせて壊さず解錠しよう

自宅や金庫、物置などの鍵が開かなくなってしまったときは、落ち着いてすぐに鍵業者に相談しましょう。

普段使用するかしないかに関わらず、鍵が開かないことで気持ちが焦ることがありますが、無理に破錠しようとするのは得策ではありません。鍵を適切に開けることができないどころか場合によってはドアまで壊してしまうおそれがあります。

しかし、プロの鍵業者であれば、鍵の構造や開け方についての技術や知識を持っているので、安全・確実に解錠することが可能です。本記事でご紹介する費用などを参考にして速やかに業者に鍵開けを依頼しましょう。

破錠は鍵を壊してしまう

破錠とは、鍵を物理的に壊して開けることです。破錠でもその場で鍵を開けることはできますが、緊急事態でもなければわざわざ鍵を壊す必要はありません。鍵を破壊することなく開けることができる「解錠」を業者に依頼しましょう。

破錠のリスク

破錠のリスク

破錠でその場を乗り切ることはできますが、鍵が壊れてしまうと新しい鍵への交換が必要です。詳しい費用については【業者依頼の際の費用とポイント】で解説していますが、解錠よりも高い費用が必要になります。

また、壊し方によっては鍵だけでなくドア本体やドアのハンドル部分、金庫本体など鍵の周辺にあるものまで破損するおそれがあります。その場合は、鍵の交換のみならず周辺の部品やドア・金庫本体も買い替える必要があるでしょう。

上記のようなリスクは、鍵を開けることが目的であれば本来負う必要のないものです。安く安全に鍵を開けるために、業者に依頼するのが適切であることを覚えておきましょう。

解錠はプロにおまかせ

ご紹介したようなリスクを負わないために、「鍵を壊すことなく自分で解錠する方法はないのか」と考える方がいるかもしれませんが素人の解錠作業は失敗する例も多いです。

解錠に必要な工具は、ホームセンターなどで購入することができます。しかし、業者でもない一般の方がそれらの道具を持ち歩くことは法律で禁止されているのです。そのため、素人が解錠を試みる場合は、手元にあるヘアピンや安全ピンなどを使用することになります。

しかし、鍵を開けるための道具ではないためスムーズな解錠は難しく、また鍵穴の中でヘアピンや安全ピンが折れてしまうおそれもあるのです。鍵穴に異物が入ってしまうと、自力での解錠はより困難になります。

異物がうまく取り出せない場合は、鍵の交換が必要になる可能性もあるのでむやみに解錠に挑戦することはやめましょう。

その点、業者は複数の種類がある鍵の構造についての知識や解錠の技術があります。解錠のための特殊工具も持っているので、安全・確実に鍵を開けることができるでしょう。

業者選びが面倒という理由で自力での解錠を考えている場合は、まず弊社にご相談ください。お電話にて状況を確認し、迅速に鍵業者を手配いたします。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

緊急時は破錠の必要性もある

日常的に使用する自宅の玄関ドアの鍵や解錠を急いでいないときなどは、前述の解錠をおこないましょう。しかし、緊急事態の場合は例外です。災害時に家に家族が取り残されたり、金庫の中に保管していたものをすぐに使わなければなかったりした場合は、より短時間で鍵を開けることが重要になります。

破錠は安全面・費用面ではおすすめできない方法ですが、短時間で鍵を開けることができるというメリットもあるのです。そのため、緊急時の対応としては破錠が有効な場合もあることを覚えておきましょう。

ただし、誰でも簡単に破錠ができるわけではありません。ドリルやホールソーなどさまざまな工具を使って壊さなくてはならないので、破錠が必要な場合も基本的には業者に依頼しましょう。

プロがおこなう破錠方法

プロがおこなう破錠方法

プロがおこなう破錠方法は、大きくわけて4つあります。それぞれ必要な道具や方法について解説しますので、依頼時の参考にしてください。

・ドリルを使用する方法
ドリルを使用する場合は、細めのものを鍵穴に入れて鍵穴の内部を壊して鍵を開けます。内部にあるピンと呼ばれる突起を壊すことで、鍵が回らないようにかかっているロックがなくなるので、鍵が開くようになるのです。

・ホールソーを使用する方法
ホールソーを使用する場合は、鍵を差し込む丸い部分(シリンダー)を壊して鍵を開けます。外側からの刺激になるので、鍵の内部を壊さずに作業することができる場合もあります。そのときは鍵本体ではなく部品交換をおこなえば再び鍵が使えることもあるので、少しお得に直せるかもしれません。

・シリンダーを外す方法
シリンダーは、ドアの中に納まっているものと出っ張っているものがあります。そして、ドアの外に出っ張っているタイプは、スパナなどを使ってシリンダー部分だけをドアから外すことで、鍵を開けることができるのです。

シリンダーが外れると、ドアに穴が開いてストッパーになっているデッドボルトという四角い棒に触れるようになります。その状態で、穴から指を入れてデッドボルトを動かすと鍵が開くのです。

・デッドボルトを切る方法
金属を切るノコギリで、デッドボルトと呼ばれる施錠部分を切る方法もあります。しかし、この方法はドアにノコギリが入る隙間があることが条件なので、気密性の高いドアの場合は活用できません。

緊急時に個人で上記のような工具を持っている可能性は低く、また工具があっても慣れないものを使用するのは危険です。すぐに業者を呼んで鍵開けをしてもらいましょう。

弊社では、速やかなトラブル解決のために迅速対応を心がけています。加盟店は日本全国にあるため、ご相談いただければお近くの業者をすぐにご紹介することが可能です。迷っている時間がもったいないので、お急ぎの方はすぐにお電話ください。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

業者依頼の際の費用とポイント

業者に破錠を依頼した場合は約1万円、解錠を依頼した場合は約2,000円~1万円の費用がかかります。なお、この金額はどちらも税抜きです。

そして、解錠の費用相場は鍵の種類によって大きく変わります。複雑な構造のものは傷付けずに鍵を開けることが難しく、手間と時間がかかるため、作業の費用が高額になるのです。

急ぎの用事ではなく解錠をおこなう場合は、見積りをとって詳しい費用を確認してから依頼を検討してみるのもよいでしょう。

鍵交換が必要なケース

鍵交換が必要なケース

破錠の際はもちろん、それ以外にも鍵の交換が必要になるケースがあります。それは解錠した鍵が壊れていた場合と、鍵を紛失した場合です。

壊れた鍵を使い続けることはできませんし、鍵を紛失した場合は見知らぬ誰かに拾われている危険性があります。拾った鍵が悪用されるおそれもあるので、早めに鍵を交換したほうがよいでしょう。

鍵を交換する費用は、約1万円~2万円が相場です。交換する鍵の種類などによって細かい金額は異なるので、お時間がある場合は鍵開け同様見積りをとりましょう。

鍵師の認定資格を持っている業者が安心

鍵の解錠や交換をおこなうのに必ず必要な資格はありません。適切な方法さえ知っていれば、素人でも鍵の解錠や交換をおこなうことは可能です。しかし、鍵を傷付けることなく開けるのは簡単な作業ではありません。大切な鍵を開けてもらうのですから、信頼できる業者に依頼したいと思うでしょう。

そこで注目していただきたいのが鍵師の認定資格です。認定資格は、鍵開けの適切な技術があると認められた人に与えられる資格です。一度の作業で適切に鍵開けをしてほしいという場合は、ぜひ認定資格の有無を確認してください。

資格の有無は、業者のホームページなどで確認してみましょう。しかし自分で複数の業者を調べるのは大変という方は、弊社にお問い合わせください。数多くの業者の中から、認定資格を持った業者を厳選してご紹介します。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【鍵のトラブルに関する記事はこちら】

ダイヤル錠の仕組みを徹底解説!開けられないときはどう対処する?
鍵穴いたずらの被害を受けたら警察と鍵業者に相談!対処の流れを解説
インロックへの対処は冷静に!車だけでなく自宅で起きることも?
生死の境!鍵が抜けにくい原因とオススメ&絶対ダメな対処法
鍵を探すときの4つのポイント!状況にあった行動でトラブル回避を
鍵が中折れした!自力で取り出すことはできる?正しい対処法を紹介
トイレの鍵が壊れた!緊急時にすぐ試せる鍵開け・簡単な交換の仕方
5分でできる!鍵が刺さらない時の応急処置と原因別対処法
鍵が曲がった!修理や交換にかかる費用・放置するリスクについて
車の鍵が抜けない!回らない!原因と対処法|Acc・エンジンキー

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
16:27 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<