最新情報・レポート

目的に合わせたカギ

ピッキングという手法が流行し始めた2000年以前まで、カギはついているだけでいいと考えられていましたが、現在は「防犯性の高いカギ」が求められることが多くなってきました。
防犯性が高いカギといえば、カギに小さな穴のあるディンプルキーと呼ばれるものや、電子チップの入っているイモビライザーキーです。
しかし、ただ「防犯性が高い」だけでなく、「使いやすい」ということも重要になります。
また、室内の場合、トイレなどのカギには、外からコイン等で開錠が可能なカギにすると閉じ込められたときなどに便利です。
場所と目的に合わせてカギの種類を変えると良いでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
14:21 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<