最新情報・レポート

目的に合わせたカギ

ピッキングという手法が流行し始めた2000年以前まで、カギはついているだけでいいと考えられていましたが、現在は「防犯性の高いカギ」が求められることが多くなってきました。 防犯性が高いカギといえば、カギに小さな穴のあるディンプルキーと呼ばれるものや、電子チップの入っているイモビライザーキーです。 しかし、ただ「防犯性が高い」だけでなく、「使いやすい」ということも重要になります。 また、室内の場合、トイレなどのカギには、外からコイン等で開錠が可能なカギにすると閉じ込められたときなどに便利です。 場所と目的に合わせてカギの種類を変えると良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<