最新情報・レポート

泥棒に入りやすい家とは?

不況が続く中、空き巣の被害は後を立ちません。 その手口もどんどん進化しています。 空き巣の視点から見た「狙いやすい家」を検証しました。1.家の周りが壁や樹で囲まれていて外から見えない 2.玄関が通りから見えない 3.毎日同じ時間に家を出る 4.何年も前から同じ鍵を使っている 5.大通りに面していて逃げやすい 6.玄関の脇に鍵を置いているポイントは、「空き巣に入るところが人に見られない」「作業(鍵を開けるなど)に時間がかからない」という点のようです。現代は鍵も進化していますので、簡単に開けられない鍵にかえることや、複数の鍵をつける事は、有効な防衛策です。 ご心配なときは、カギ110番にご連絡ください。 最新の技術を持つカギのプロの目線でアドバイスいたします!

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<