最新情報・レポート

普段からできるカギのメンテナンスについて

皆さんは、普段カギのメンテナンスをされていますか? ほとんどの方が「カギのメンテナンスなんて必要ないでしょ?」と思われているかもしれません。 しかし、車やバイクをメンテナンスするように、カギもメンテナンスを行うことで、突然のトラブルや故障を防ぐことができます。 ・カギ本体の清掃 まず、カギ穴に毎日抜き差ししているカギ本体の清掃です。 普段カギをまじまじと見ることは無いかもしれませんが、改めて見ると、結構表面にホコリなどがこびりついていることがあります。 これがカギの抜き差しのたびにカギ穴の内部に入り込み、やがて固着してカギの開閉ができなくなるということがあります。 ホコリ等が付着している場合は、綺麗に落としておきましょう。この時、水洗いをするとカギがサビたり、カギ穴に水分が入り込む原因になるので、乾いた布で磨くか、あるいはきちんと乾かしてから使うことをオススメします。 ・カギ穴内部への注油 カギ穴にカギを差し込んだ時、引っかかったりしてスムーズに行かない場合は、カギ穴の内部に油をさすことで改善できます。 ここで注意して欲しいのが、車の整備用などで使うグリースやクリーナーを入れるのは御法度ということです。 これらを入れると、余計にカギの開閉がスムーズでなくなるばかりか、最悪カギとしての機能が完全に壊れてしまうこともあります。 カギ穴への注油は、各鍵メーカーの純正品を使いましょう。もしそれらが手に入らない場合は、カギ業者に依頼をして診てもらうことをオススメします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<