最新情報・レポート

新たな犯罪の手口

近年インターネットなどがさらに身近になったため、さらに窃盗の手口も増えつつあります。インターネットと窃盗の手口の広がりは一見なんの関係性も無さそうに見えますが、近年ではピッキングの方法や、カギの構造の仕組みなどの情報がインターネットを通して簡単に手に入るため、私達が「これで防犯対策はバッチリだ」と思っても、その裏をかいてさらに新しい窃盗の手口を見つけられる可能性があります。

少し前に「イモビカッター」という、車の盗難に使われる機器が問題になりました。これはイモビライザーキーの機能を無効化してしまうもので、車に搭載されたID情報を瞬時に消去してしまい、新規に新しいIDを上書きしてエンジンの始動を可能にしてしまうという恐ろしいものです。もともとイモビカッターはカギ屋が車の合かぎを作製したりするために使われていたものでしたが、インターネットを経由して販売され悪用されてしまったのです。

愛知県では過去にイモビカッターの所持や販売を禁止する条例を県議会に提出していますが、全国的にはまだまだイモビカッターの対策が遅れているようです。

車の盗難に限らず、空き巣などの被害を防ぐためには、常に情報を敏感に察知して防犯性を高めておく必要があります。自分の家や車のカギが心配だなと思った時は是非一度当サイトにご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
14:02 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<