最新情報・レポート

市販の潤滑油を使ってはいけない理由

鍵はもともと、錠前の鍵穴に対してほとんどピッタリ作られているのですが、年数が減ると当初よりも鍵の差し込んだときにひっかかりが生じるようになってしまう事があります。これは鍵についた汚れや、鍵穴の中に入り込んだ汚れによるものの場合が多いのですが、引っ掛かりがあるからと、鍵穴の中に市販の潤滑油を吹き込んでしまうこともあるようですが、これだけはおやめ下さい。
潤滑油を入れれば、鍵の開け閉めはスムーズになるんじゃないのと思われるかもしれませんが、実際には、潤滑油がホコリなどを吸着して、余計に動きが悪くなってしまう事があるようです。
鍵の開け閉めをスムーズにしたいのであれば、鍵専用の潤滑油を使うことがおすすめなのですが、もしかすると鍵がそもそも曲がっているということも考えられます。また、錠前の内部機構が故障しているということも考えられますが、これを使い続けるのは鍵のトラブルの原因になるので、早めに交換しておくのがおすすめです。
もし、今ご家庭の鍵の動きがあまりよくないという時は、一度鍵のプロに調査をしてもらい、交換なり修理なりの対応をしておくのがおすすめです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
20:39 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<