最新情報・レポート

古い鍵は狙われやすい

玄関状や窓の鍵など、空き巣に侵入されないように、防犯対策をとる上で大切なことは、侵入しやすい住宅と思わせないことです。空き巣は住宅に侵入する前に、下見として住宅を品定めします。特におかしな格好をしていることもないので、気づくことは難しいです。空き巣はその下見で防犯対策が取られていない住宅を探すのです。例えば、玄関錠が目で見てわかるほど劣化していたり、古いものだったりすると、それだけで、防犯対策が取られていない住宅と判断される可能性が高いのです。特に古い鍵は防犯性能が高い鍵に比べ、ピッキングされやすいため、危険性が高いのです。住宅を建ててから鍵を交換したことがないという方は、危険かもしれません。防犯性能が高い鍵に交換することをオススメします。また、古い鍵のままでもツーロック式など、解錠に時間がかかるようなものであれば、それも防犯対策になります。なぜなら、空き巣は侵入に時間がかかることを恐れるためです。いくら、怪しまれない普通の格好をしていても、いつまでも鍵の前で何かをしていたら、不審に思われる可能性が高いのです。少しでも空き巣の脅威から住宅を守るためにも古い鍵を使っている方は、鍵屋に相談して、鍵交換をすることをオススメします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
3:29 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<