最新情報・レポート

世界最古の鍵と歴史

世界最古の鍵は、紀元前2000年ごろのエジプトで作られたものでした。最古のカギは木で作られており、基本的な原理はシリンダー錠と同じだったそうです。エジプトで作られた事から「エジプト錠」と呼ばれるこの鍵ですが、時代がギリシャに変わると、「バランス錠」と呼ばれる、仕組みを細かく作り上げた鍵が登場するようになり、さらに時代がローマに突入したころには、南京錠がブームとなりました。日本に南京錠が伝わったのはローマでブームになったころで、中国の唐より伝わりました。
鍵は今も昔も進化を遂げて、私たちの暮らしを守ってくれています。その長い歴史の中で、カギの機能性や防犯性は洗練されていきました。現在も進化を遂げている鍵ですが、ご家庭によってはいつまでも古い状態の鍵をご利用されている方もいらっしゃるでしょう。そのようなご家庭は危うい状態にあると言ってもよいかもしれません。改善するためには、新型の鍵に鍵交換するのがよろしいでしょう。その作業は鍵屋にお任せください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
15:16 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<