最新情報・レポート

ピンシリンダーの構造

団地やマンションなど多くの住宅に使われている「ピンシリンダー」というカギ、
仕組みはとても分かりやすいものになっています。
鍵穴には途中に切れ目が入っているピンが何本か入っていて、それぞれ切れ目の位置が
違います。
ピンの切れ目の位置が揃う事により鍵穴を回す事ができるのですが、鍵が刺さっていない常態では
ずれているのでもちろん回せませんし、カギをさすにしてもピンの切れ目が揃うものでなければ
回せません。
そこで、正しい位置にピンを合わせてくれる鍵を差し込む必要があります。
ピンの切れ目の位置は鍵穴によってバラバラなので、同じく鍵の形も全て違ってきます。
「ピンシリンダー」用の鍵が凸凹しているのはピンの切れ目の位置を合わせるためにあるのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<