最新情報・レポート

ドアチェーンが外れない!防犯対策が裏目に出てしまうケースとは

玄関のドアには、通常ドアチェーンやドアガードというものが取り付けられています。 玄関のドアを開けた時、一気に開くのではなく、チェーンやガードの金具がストッパーとなり、全開にするにはそれらを取り外してからでなければいけません。よくある話で、悪質な押し売り業者などが勝手に室内に入って、契約するまで家を離れないという「上がり込み」という手口があります。玄関にドアチェーンやドアガードがついていれば、一旦誰が来たかを隙間から確認することができるため、侵入を防止することが可能です。 ですが、防犯に便利なドアチェーンやドアガードが、裏目に出てしまう場合があります。 例えば、ひとり暮らしをしているお年寄りが、体調を崩してご家族などに救助を依頼された場合、ドアチェーンが邪魔をして家の中に入れなくなってしまうのです。あるいは、小さなお子様が勝手にガードを掛けてしまって締め出されたり、老朽化により勝手にドアガードが動いたりすることもあり得ます。 無理やり取り外すことも出来なくはありませんが、ドア本体に傷が付いたり、ドアチェーンなどが使用できなくなってしまうことも多いようです。こういったトラブルが起きたときには当サイト、カギ110番にぜひご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<